Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・ペリトモレノ氷河、約4年に一度の前進


アルゼンチン・パタゴニアのペリトモレノ氷河では、約4年に一度、氷河が前進して陸に接する時があります。

温暖化で氷河が後退する時代のなか、不思議とペリトモレノ氷河では前進・後退を繰り返し、この100年ではほとんど同じ状態を保っています。

氷河が前進して陸に接する時、モレノ氷河が流れ込むアルゼンチン湖は南北に分断されます。
南側に堰き止められる小さな湾は日に日に水位(一日3~5cm)が上がっていき、南北で最大10m近い水位の差が生じることもあります。

この水圧に氷河が耐えられなくなった日、巨大な音とともに、陸に接していた氷河の先端が崩壊します。

この決壊の日がいつになるか、アルゼンチン・パタゴニアでは賭けの対象にもなるのだとか。

謎に満ちた氷河のメカニズムは、今も人の予測の範囲を越えています。

人の思惑を翻弄するかのような氷河の動きに、痛快な自然の摂理を感じます。

※氷河崩壊は展望台の安全にも影響を与えるため、現在は展望台の最下部は閉鎖されています。(2016/02/16現在)



関連ページ

ペリト・モレノ氷河:前進・後退を繰り返す不思議... 温暖化で後退する氷河は世界共通の問題です。 ヒマラヤでは、多くの氷河湖が決壊の危機に瀕している。それは下流に住む多くの住民の命に関わる問題です。 近くのウプサラ氷河は、過去100年で20キロも後退している。温暖化を象徴する氷河として、映画「不都合な真実」でも取り上げられました。 しかし、ペ...
春のパタゴニアのシンボル:カラファテの花②... もう一種類のカラファテは、葉の形が線形であるのが特徴だ。 乾燥した土壌や岩石質を好むので、パタゴニアの平原に広く見られる。より過酷な、パタゴニアらしい環境に適応している。 綺麗な花や熟した実を眼にして、思わず手を伸ばしてしまうが、鋭いトゲを持っていることには注意したい。 広い大平原に、黄色...
前進するペリト・モレノ氷河が作る氷のアーチ... ペリト・モレノ氷河は、100年ほどのスパンで見ると後退も前進もほとんどしていない、現代では特異な氷河です。しかし、毎年、数メートル~数十メートルほどは、小さく前進と後退を繰り返します。 動きの大小は、氷河それぞれで、氷河はまるで生き物のように活動しています。 数年に一度、ペリトモレノ氷河は、...
パタゴニア・ペリトモレノ氷河:今なお前進する神秘... ペリト・モレノ氷河 温暖化による氷河の後退は世界的な一つの事実ですが、観光地として有名なペリト・モレノ氷河は過去約200年の間、後退も前進もほとんどしていないのは、ご存知でしょうか? すぐ近くのウプサラ氷河の後退は急激であるにも関わらず、モレノ氷河末端はほとんど同じ位置を維持しています。この...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑧氷河谷の痕跡-パタゴニア... ウプサラ氷河展望台からクリスティーナ牧場へ、氷河の谷を徒歩で下る。 花崗岩の岩盤がむき出しで、氷河の爪痕が荒々しく残る。 草木一本生えていない岩盤をじっと見ると、小さな貝の化石が無数にあった。 谷を下りて行くと、途中の岩に小さな「落書き」がある。 “ITALIAN EXPEDITION"...
クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア... 荒涼とした谷の中から、草原帯に抜けると空気が変わる。 風が吹いていることが一番大きな違いだろう。 まだ氷河が去ったばかりで生き物の気配の無い谷は、風も吹きこまないことから、自分の足音や服のこすれる音が聞こえるほどに、シンとして音の無い世界なのだ。 空を見上げれば、雲がゴンゴンと流れて行くの...

アウトドア道具のリユース:マウンガ・御岳&吉祥寺

マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開

関連記事

  1. パタゴニアの岩峰群の成り立ち:花崗岩の怪峰パイネ・クエルノ

    2018.04.29
  2. カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

    2015.06.04
  3. ひっそりと凛と咲くアヤメの花:カンパニージャ

    2015.08.27
  4. アルゼンチンの牧場① 毛刈り 

    2011.04.21
  5. パタゴニア旅行:フィッツロイ山麓・チャルテン村オフィスの安心手配

    2017.06.07
  6. パイネ・グランデ峰にかかる雲/チリ・パタゴニア

    2016.05.11
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP