Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・ペリトモレノ氷河、約4年に一度の前進


アルゼンチン・パタゴニアのペリトモレノ氷河では、約4年に一度、氷河が前進して陸に接する時があります。

温暖化で氷河が後退する時代のなか、不思議とペリトモレノ氷河では前進・後退を繰り返し、この100年ではほとんど同じ状態を保っています。

氷河が前進して陸に接する時、モレノ氷河が流れ込むアルゼンチン湖は南北に分断されます。
南側に堰き止められる小さな湾は日に日に水位(一日3~5cm)が上がっていき、南北で最大10m近い水位の差が生じることもあります。

この水圧に氷河が耐えられなくなった日、巨大な音とともに、陸に接していた氷河の先端が崩壊します。

この決壊の日がいつになるか、アルゼンチン・パタゴニアでは賭けの対象にもなるのだとか。

謎に満ちた氷河のメカニズムは、今も人の予測の範囲を越えています。

人の思惑を翻弄するかのような氷河の動きに、痛快な自然の摂理を感じます。

※氷河崩壊は展望台の安全にも影響を与えるため、現在は展望台の最下部は閉鎖されています。(2016/02/16現在)



関連ページ

ペリト・モレノ氷河:前進・後退を繰り返す不思議... 温暖化で後退する氷河は世界共通の問題です。 ヒマラヤでは、多くの氷河湖が決壊の危機に瀕している。それは下流に住む多くの住民の命に関わる問題です。 近くのウプサラ氷河は、過去100年で20キロも後退している。温暖化を象徴する氷河として、映画「不都合な真実」でも取り上げられました。 しかし、ペ...
パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ... 南部パタゴニアの基点の町・カラファテから、国道40号線を北上して、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ。 パタゴニアの天気はある意味では分かりやすく、アンデス山脈から東に離れるほどに、目で分かるほどに乾燥して行きます。 カラファテで晴れていても、アンデスに接するフィッツロイ山麓では天候が全く...
パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」... パタゴニアで愛される植物:メギ科の「カラファテ」 パタゴニアの「カラファテ」は、春と秋を象徴するメギ科の植物です。 パタゴニアだけに自生することから、パタゴニアを象徴するシンボルとして愛されています。 春は黄色い花が草原を埋め尽くし、秋はブルーベリーのような実を実らせます。 この小灌...
ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」... 温暖化とは逆行するように前進・後退を繰り返す「ペリトモレノ氷河」は、世界でも稀な存在です。過去100年間でほとんど氷河は同じ場所に留まっています。 そんなペリトモレノ氷河ならではの現象が、急激な前進と崩壊現象「ルプトゥーラ」です。 高さ60m・幅5kmの巨大な氷壁が前進することで、数年に...
クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア... 荒涼とした谷の中から、草原帯に抜けると空気が変わる。 風が吹いていることが一番大きな違いだろう。 まだ氷河が去ったばかりで生き物の気配の無い谷は、風も吹きこまないことから、自分の足音や服のこすれる音が聞こえるほどに、シンとして音の無い世界なのだ。 空を見上げれば、雲がゴンゴンと流れて行くの...
パタゴニア・ペリトモレノ氷河の“氷河ダム”決壊... パタゴニア・ペリトモレノ氷河の貴重な自然現象:4年ぶりに現れた“氷河ダム”がついに決壊! ペリトモレノ氷河の前進は、今年になってからアルゼンチン湖を南北に分断して「氷河ダム」を形成していました。 面積の狭い“リコ湾”側は日に日に水位を増して行き、湖を堰き止めている氷河には膨大な圧力がかか...

アウトドア道具のリユース:マウンガ・御岳&吉祥寺

マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開

パタゴニア

関連記事

  1. 探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」

    2015.05.11
  2. パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け

    2016.04.09
  3. パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ

    2016.03.31
  4. パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石

    2015.08.19
  5. パタゴニア・ウプサラ氷河クルーズ&クリスティーナ牧場

    2018.06.13
  6. セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

    2015.04.22
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP