Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニア・ペリトモレノ氷河、約4年に一度の前進


アルゼンチン・パタゴニアのペリトモレノ氷河では、約4年に一度、氷河が前進して陸に接する時があります。

温暖化で氷河が後退する時代のなか、不思議とペリトモレノ氷河では前進・後退を繰り返し、この100年ではほとんど同じ状態を保っています。

氷河が前進して陸に接する時、モレノ氷河が流れ込むアルゼンチン湖は南北に分断されます。
南側に堰き止められる小さな湾は日に日に水位(一日3~5cm)が上がっていき、南北で最大10m近い水位の差が生じることもあります。

この水圧に氷河が耐えられなくなった日、巨大な音とともに、陸に接していた氷河の先端が崩壊します。

この決壊の日がいつになるか、アルゼンチン・パタゴニアでは賭けの対象にもなるのだとか。

謎に満ちた氷河のメカニズムは、今も人の予測の範囲を越えています。

人の思惑を翻弄するかのような氷河の動きに、痛快な自然の摂理を感じます。

※氷河崩壊は展望台の安全にも影響を与えるため、現在は展望台の最下部は閉鎖されています。(2016/02/16現在)



アウトドア道具のリユース:マウンガ・御岳&吉祥寺

マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開

関連記事

  1. パタゴニア:秋のウエムル氷河と森

    2015.06.05
  2. レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア

    2015.10.21
  3. 秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア

    2015.06.16
  4. マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原

    2015.05.16
  5. パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情

    2015.08.11
  6. 日本人が貢献した「チリ・サーモン」の歴史③

    2014.12.30
パタゴニア
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP