Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

1.jpg
フィッツロイ山麓から流れる川の水は、そのまま飲めるほどに清冽です。
セロ・トーレの湖から直接流れてくる川の水は、氷河から溶け込んだ細かいミネラルで濁っています。成分に問題はないのでしょうが、やはり透明な水が良いものです。
氷河から融けて南極ブナの森の土を通過する事で、水が濾過される事から違いが生まれます。
輝く小川を見ながら歩くと心が浮き立つものです。
そして、日本の山でも、このように綺麗な川は、もっとたくさんあるのだと思い出します。
日本は、森と水の国、つまり山の国なのだと、異国に行けば常にしみじみ思うものです。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg

関連ページ

パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ... パタゴニアの絶滅危惧種:ウエムル鹿 フィッツロイ山麓で使用するプライベート・キャンプはフィッツロイ峰を展望する川原沿いの森に設置されています。 ここに関係者だけが宿泊できるキャンプが作られたのはつい4年ほど前のことです。 一般のトレッカーの入り込まない静かな森です。 2年前は、この森...
マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) マルコニーニ氷河の上流部を眼下に見下ろす展望台が、今日の野営地だ。 大陸氷床の間近にいることを、肌でざわざわと感じる。 フィッツロイも、この角度から見ると形がかなり異なる。 強風が吹けば身を隠す場所を探すのに一苦労するだろうが、幸運にも風はまったく吹い...
フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン... パタゴニアで、フィッツロイやパイネの山岳写真を撮るには、“世界で最もうつろいやすい天候”が大きく影響してきます。 トレッキングの行程重視の内容では、その天候を前に、どうしても撮り逃す場面が大きく出てきます。要所要所で腰を据えて取り組む時間が必要となってくるでしょう。 要所でじっくり腰を据えな...
【今日の写真】パタゴニアの“逆さフィッツロイ”... “逆さフィッツロイ”の良いポイントをトレス湖以外に見つけたのは、今年の嬉しい収穫。 もっと広く“逆さフィッツロイ”を撮れる場所もあるようだが、国立公園の特別な許可が必要らしい...
パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石 「迷子石」とは、氷河によって運ばれた石が、氷河の後退によりその場に残された石のことだ。 “取り残された”という佇まいであることから、迷子石と呼ばれる。 石の組成を調べることで、氷河がどのように分布したのかを知ることができる。 パタゴニアは、かつて巨大な氷河に覆われていた。 アルゼンチン湖...
劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン... チャルテンの北へ約30キロ、デシエルト湖へ移動すると、気候は湿度を増し森の様相も変わります。チャルテン周辺では、サルオガセが着生していますが、この周辺の木には、分厚い絨毯のようなコケが着生しています。大西洋からの湿度が流れ込みやすい地形で、気候はチリ・パタゴニア的と言えるでしょう。 デシエルト...

パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ

雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓

    2017.06.23
  2. パタゴニア旅行:フィッツロイ山麓・チャルテン村オフィスの安心手配

    2017.06.07
  3. 青い氷穴・アイスケーブを探して-ビエドマ氷河ハイキング(エルチャルテン村)

    2018.03.21
  4. パタゴニアの絶景:朝日に輝くフィッツロイ峰を望む

    2018.08.03
  5. パタゴニア開拓史:イギリスとの因縁

    2015.10.07
  6. セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

    2015.04.22
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP