Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

1.jpg
フィッツロイ山麓から流れる川の水は、そのまま飲めるほどに清冽です。
セロ・トーレの湖から直接流れてくる川の水は、氷河から溶け込んだ細かいミネラルで濁っています。成分に問題はないのでしょうが、やはり透明な水が良いものです。
氷河から融けて南極ブナの森の土を通過する事で、水が濾過される事から違いが生まれます。
輝く小川を見ながら歩くと心が浮き立つものです。
そして、日本の山でも、このように綺麗な川は、もっとたくさんあるのだと思い出します。
日本は、森と水の国、つまり山の国なのだと、異国に行けば常にしみじみ思うものです。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg

パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ

雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて

関連記事

  1. パタゴニアの絶景:朝日に輝くフィッツロイ峰を望む

    2018.08.03
  2. フィッツロイ直下のトレス湖で迎える神聖な日の出

    2014.04.29
  3. パタゴニア開拓史:大草原パンパを旅する牧童・ガウチョ

    2017.07.03
  4. カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

    2015.06.04
  5. パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント

    2016.09.06
  6. 広大なパイネ国立公園で、効率的に撮影対象を廻るには

    2015.03.24
パタゴニア
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP