Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

1.jpg
フィッツロイ山麓から流れる川の水は、そのまま飲めるほどに清冽です。
セロ・トーレの湖から直接流れてくる川の水は、氷河から溶け込んだ細かいミネラルで濁っています。成分に問題はないのでしょうが、やはり透明な水が良いものです。
氷河から融けて南極ブナの森の土を通過する事で、水が濾過される事から違いが生まれます。
輝く小川を見ながら歩くと心が浮き立つものです。
そして、日本の山でも、このように綺麗な川は、もっとたくさんあるのだと思い出します。
日本は、森と水の国、つまり山の国なのだと、異国に行けば常にしみじみ思うものです。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg

パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ

雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア南部氷原:衛星で発見された新火山とシプトン探検

    2018.11.09
  2. パタゴニア:プンタアレナスで食べる絶品、パタゴニアの羊

    2016.04.17
  3. チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①

    2014.12.23
  4. 秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹

    2014.04.23
  5. 花の書籍のご案内「野の花づくし -季節の植物図鑑」

    2019.02.20
  6. 【パタゴニア・トレッキング】パタゴニア大陸氷床を歩く

    2013.01.19
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP