Loading

PHOTO-BLOG

雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて

1.jpg
満点の星空
朝、テントから顔を出すと、早朝のまっくらなフィッツロイの様子を見ていると雪が降り始めました。シンシンと降る雪は1cmくらい積もったのではと思います。
雪が止み、雲はぐんぐんと晴れて行き、天気予報通りの晴れに急転。日が差し始めると、驚くほどの速さで雪は消えてしまいました。
このような繰り返しの中で、紅葉は進み、季節は冬へと向かって行くのでしょう。
1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント... パタゴニアの名峰・フィッツロイほど、人の心に焼き付くような山は、世界にもそう多くはないでしょう。 フィッツロイ峰が見せてくれる展望は、基点の町カラファテを出てすぐに始まります。 遠く地平線の彼方にフィッツロイが現れると、約3時間ほどの移動ではチラチラと視界に出たり入ったりしながら、徐々に...
フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン... パタゴニアで、フィッツロイやパイネの山岳写真を撮るには、“世界で最もうつろいやすい天候”が大きく影響してきます。 トレッキングの行程重視の内容では、その天候を前に、どうしても撮り逃す場面が大きく出てきます。要所要所で腰を据えて取り組む時間が必要となってくるでしょう。 要所でじっくり腰を据えな...
フィッツロイ山群で迎える夜明け(パタゴニア)... フィッツロイ山群を遠望する展望台で、夜明けを待つ。 天候がめまぐるしく変わるフィッツロイ山群では、夜明けのわずかの時間の中で、主峰のフィッツロイ峰とセロトーレ峰の両方を望むには、何日も通う粘り強さも必要だが、“運”も重要な要素となってくる。 山や氷河に引けを取らない主役となるのが“雲”だ。 ...
フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ... チャルテンの南側の山(1,570m)の頂からは、東に大西洋まで続く乾燥したステップ草原を見渡せます。北を望めば、セロトーレやフィッツロイを始めとした岩と氷の世界、降雨量も北に行くほどに増えてチリへ至ります。 山麓は、広大な南極ブナの森に覆われています。標高400mのチャルテンはまだ紅葉していま...
パタゴニアの名峰フィッツロイ:幻想的な朝日や夕日を見るために... 幻想的なフィッツロイ峰の朝日と夕日 パタゴニアの名峰フィッツロイは、その圧倒的な存在感に涙を流す人もいるほどで、それは神様に近いほどなのだ。チャルテン村に暮らす人々は、フィッツロイを毎日仰ぎ見て、飽きることなく見入ってしまう。そんな場所に自由に住めるアルゼンチンの人々が羨ましくてしょうがい。 ...
アンディーナトラベルの撮影旅行(フォトツアー)とは... “パタゴニアの山岳写真”をテーマに、「撮影ツアー」のページを作成しました。 トレッキングのツアーでは、写真が目的の人には、どうしても満足の行く撮影ができない事がほとんどです。腰を据えてじっくりと撮影に望むために、撮影には「撮影に特化した日程」で旅行するのがベストです。もちろん、山岳写真には、山...

パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

姿形を変えて厳しい気候に適応する南極ブナ:秋のパタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展

    2015.10.09
  2. カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

    2015.06.04
  3. パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ

    2017.02.18
  4. パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き

    2017.06.15
  5. パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①

    2015.09.01
  6. 映像と感性から掴む夢幻の世界/パタゴニアの夕日の感動

    2018.07.30
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP