Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)

パタゴニアのフィッツロイ山麓の紅葉

春夏秋冬がはっきりと分かれるパタゴニアでは、季節の移ろいもまたはっきりと、鮮やかに変わります。

厳しい冬を前にして、秋は深まり人気も減るなかで、フィッツロイ山麓の紅葉もまた静かにピークを迎えます。
初秋の南極ブナの森は橙色に色づき、秋の深まりとともに徐々に紅へと変化していく。

日に日に色づく紅葉の色の深まりは、ある日を境にピークを迎え、以降は鈍くくすんでいきます。
その色彩のピークはとても微妙なもので、一日や二日いるだけでは認識できないでしょうが、何泊か滞在しているとそのピークを感じることができる。
理屈では表せない軽妙で微細な変化を、人の目は感じ取ることができるのでしょう。
その色彩のピークが晩秋であり、季節はゆるやかに初冬へと移ろいます。

関連ページ

ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-... ビエドマ氷河の氷穴にて。 アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓チャルテン村から、車と船を乗り継ぎ、約1時間半ほどで、氷河末端部にアプローチできます。 氷河末端部は、高さ50m・幅2.5kmの巨大な氷壁です。 パタゴニアで最も後退の速度が早い氷河で、上陸地点もこの数十年で氷河の...
パタゴニア・フィッツロイ峰の荘厳なモルゲンロート... 秋、4月の夜明けは遅く、朝8:00過ぎに山に日が差し始めます。 12~2月には早朝に見ていた、フィッツロイに当たる朝焼けのモルゲンロートも、この時季であれば余裕を持ってみれるでしょう。 “繚乱”という言葉が適するほどに、一瞬の光はフィッツロイを、赤から金へと色を変えながら染めてゆきます。わず...
パタゴニア旅行:フィッツロイ山麓・チャルテン村オフィスの安心手配... パタゴニアのチャルテン村オフィスから手配 パタゴニアの名峰フィッツロイ峰を見て、涙を流す人を見たことがあります。 そのくらい人の心を打つような山は、世界にいったいどれほどあるでしょうか。 このフィッツロイ峰を展望するために、弊社は地元の手配会社とともに、日本人ツーリストのための手配に力...
パタゴニアの名峰・フィッツロイを展望する3つの方法(チャルテン村)... パタゴニア・フィッツロイ峰を望む:3つのスタイルとは パタゴニアの名峰フィッツロイ峰を展望するために、体力や旅行スタイルに合わせて、簡単にすると3つの方法にて手配可能です。ブエノスアイレス、またはカラファテ空港発着で、地元チャルテン村を基点に手配します。 専用車利用:車道からフィッツロイ...
パタゴニア:秋のフィッツロイ・トレッキング... 3月下旬のパタゴニア。 だいぶツーリストが減り、トレイルも空いてきています。 フィッツロイBCに2連泊するトレッキングに同行しました。 降雪を伴う悪天の後には、スカッとパタゴニアらしい青空が広がります。 こうして、少しずつパタゴニアは秋を深めています。 ...
パタゴニアの南極ブナの森を覆うサルオガセ「お爺さんのアゴヒゲ」... 南極ブナの森で、木々を覆っているコケは「サルオガセ」だ。 湿度の多い森ほどに、サルオガセの勢いは旺盛となる。 パタゴニアでは、Barbas de Viejo(バルバス・デ・ビエホ)と呼ばれる。“お爺さんのアゴヒゲ”という意味だ。 サルオガセは木を覆っているが、木から養分を吸ってはいない...

パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)

星野道夫の著作で読み解く「秋のアラスカ キャンプ・デナリ」

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品

    2018.02.26
  2. 天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原

    2015.05.23
  3. フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ

    2014.04.06
  4. 秋のパタゴニア:紅葉に染まる南極ブナの森と暴風

    2017.09.17
  5. 【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓

    2018.05.01
  6. パイネ国立公園の夕景: YOUR SHOT<ナショジオ選出の1枚>

    2017.04.26
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP