Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)

パタゴニアのフィッツロイ山麓の紅葉

春夏秋冬がはっきりと分かれるパタゴニアでは、季節の移ろいもまたはっきりと、鮮やかに変わります。

厳しい冬を前にして、秋は深まり人気も減るなかで、フィッツロイ山麓の紅葉もまた静かにピークを迎えます。
初秋の南極ブナの森は橙色に色づき、秋の深まりとともに徐々に紅へと変化していく。

日に日に色づく紅葉の色の深まりは、ある日を境にピークを迎え、以降は鈍くくすんでいきます。
その色彩のピークはとても微妙なもので、一日や二日いるだけでは認識できないでしょうが、何泊か滞在しているとそのピークを感じることができる。
理屈では表せない軽妙で微細な変化を、人の目は感じ取ることができるのでしょう。
その色彩のピークが晩秋であり、季節はゆるやかに初冬へと移ろいます。

関連ページ

アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」... アルゼンチン名物:煮込み料理「ギソ」とは 真夏でも陽が陰れば凍えるほどに寒いパタゴニアでは、アルゼンチンの家庭料理「ギソ」をどうしても食べたくなる日がある。 「ギソ」は、スペイン料理を起源とするシチューのような煮込み料理です。 お店によって味は全く異なるので、地元の人の意見を聞いてギソ...
パタゴニア:秋のウエムル氷河と森 チャルテンから北へ車で約1時間半ほど行くと、アルゼンチンとチリの国境デシエルト湖に着く。 チリからの湿った空気の影響を強く受けるので、チャルテン付近に比べて、森が深く氷河が発達している。 南極ブナの木には、コケやサルオガセがびっしりと張り付き、地面はフカフカしている。 1時間も森を歩き斜面を登る...
暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」... “風の大地”と呼ばれるパタゴニアでは、南極ブナもまた“風”に支配されている。 春に咲く南極ブナの花の受粉の仲立ちとなるのは、風(風媒花)だ。 晩夏に熟した実は、やはり風によって広く運ばれて行く。 100年を越す大木に育った南極ブナも、最後は風によって倒される。 森を歩けば、いたるとこ...
パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ... チャルテンから少し標高を上げて、フィッツロイ山麓の方へ歩くと、さらに紅葉は増していきます。遠くの斜面の林は南極ブナの原生林でうっすらと秋の色に変わってきているのが分かります。 紅葉は、古木や倒木などで先に始まるようです。生命力が枯れていくことから葉の紅葉が普通の木よりも早まるのでしょう。 ...
《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング... 個人旅行でも体験できる「フィッツロイ展望ハイキング」 パタゴニアに行くからには、名峰フィッツロイを望むハイキングは体験したいところです。フィッツロイの迫力は日本では見たことない圧倒的なスケールで、感動すらしてしまうハイキングとなるでしょう フィッツロイ山麓のチャルテン村では弊社のサポートデス...
フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア... フィッツロイの展望は近いほどに迫力があるのだが、遠望には遠望の魅力がある セロトーレとフィッツロイの両方を望むために、山麓から少し離れた草原で、じっくりと朝焼けを望むのも至福の瞬間だ。 ...

パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)

星野道夫の著作で読み解く「秋のアラスカ キャンプ・デナリ」

関連記事

  1. パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①

    2015.09.01
  2. パタゴニア開拓史:ピオ11氷河の前進と牧場の水没②

    2014.03.12
  3. 秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア

    2015.06.16
  4. 暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②

    2015.10.12
  5. キンチャクソウ「トパトパ」の花:パタゴニアのワイルドフラワー

    2015.08.25
  6. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP