Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)

パタゴニアのフィッツロイ山麓の紅葉

春夏秋冬がはっきりと分かれるパタゴニアでは、季節の移ろいもまたはっきりと、鮮やかに変わります。

厳しい冬を前にして、秋は深まり人気も減るなかで、フィッツロイ山麓の紅葉もまた静かにピークを迎えます。
初秋の南極ブナの森は橙色に色づき、秋の深まりとともに徐々に紅へと変化していく。

日に日に色づく紅葉の色の深まりは、ある日を境にピークを迎え、以降は鈍くくすんでいきます。
その色彩のピークはとても微妙なもので、一日や二日いるだけでは認識できないでしょうが、何泊か滞在しているとそのピークを感じることができる。
理屈では表せない軽妙で微細な変化を、人の目は感じ取ることができるのでしょう。
その色彩のピークが晩秋であり、季節はゆるやかに初冬へと移ろいます。

関連ページ

パタゴニア・フィッツロイ山麓:秋は秋らしく静かに暮らす... 紅葉のピークは、すぐに過ぎてしまう。 最も赤く黄色く染まる時期に、その場所にいれる事は、なんという幸運なことでしょうか。 たとえば、それが極北アラスカであれば、ブルーベリーやクサモミジの茂るツンドラが真っ赤に染まるのはほんの1,2日でしょう。そのピークを過ぎてしまうと色はくすみ、冬が始まる。...
《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡... 天に瞬く星空が、パタゴニアの名峰フィッツロイを星明りで照らした。南十字星の「天の南極」を軸に、天の川は刻々と動いている。 星空の軌跡を撮るためにカメラのシャッターを開き長時間露光する。 その間、カメラの脇で大の字に横たわり、星の動きを見つめた。 水溜まりが凍るほどに凍てついた夜、星の光...
【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓... 南米パタゴニアの秋は、日本に引けを取らない鮮やかな紅葉に彩られる美しい季節です。 ブナの木の紅葉というと、北半球のブナは黄色や橙色にこそ染まりますが、パタゴニアでは赤く色づくのです。 一か月かけて少しずつ色彩を黄色から赤へと変化させる南極ブナの紅葉を辿ってみます。 パタゴニアの森を...
降雪を繰り返し秋と紅葉が深まる:パタゴニア... 日一日と秋が深まり、森林限界から徐々に紅葉のラインが下がって来る。 極北の紅葉とは違い、パタゴニアの秋のペースはとてもゆっくり移り変わります。 この時期には既に雪は何度も降ります。朝までしんしんと降り積もった雪も、太陽が出るとみるみるうちに融けて行きます。 その繰り返しの後、雪の融けないあ...
天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) キャンプを出発して、いよいよパタゴニア大陸氷床へ最後の登りだ フィッツロイを背にして、前方の視界はさらに開けて行く 雪の白か空の青だけの世界だ 遠く西の彼方に、屏風のようなマリアーノ・モレノ山群が見える。ここに来なければ見る事のできない山々だ。 大陸氷床...
パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地... “嵐の大地”と呼ばれるパタゴニアで、雲一つ無い夜空に、満天の星を望めたなら、それはとても幸運なことでしょう。 フィッツロイ峰は、先住民テウエルチェ族に“チャルテン=煙を吐く山”と呼ばれるほどに、雲はまるで噴煙であるかのように、山頂部に張り付くと離れない山であるからです。 秋のある日、...

パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)

星野道夫の著作で読み解く「秋のアラスカ キャンプ・デナリ」

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアに生息する幻の鹿:ウエムル

    2015.03.12
  2. 南米各国で異なるスペイン語:アルゼンチンの訛り

    2019.03.18
  3. パタゴニアの名峰・フィッツロイでキャンプをお勧めする理由

    2017.05.17
  4. 《パタゴニア》フィッツロイ山麓で、キャンプするメリット

    2012.07.20
  5. 氷河の成り立ちを辿る壮大なトレッキング:パタゴニア氷原

    2015.05.25
  6. パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り

    2015.10.05
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP