Loading

PHOTO-BLOG

秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①

AKI_5111_3.jpg
パタゴニアで最も美しい季節は、きっと秋の紅葉だと思う。
南極ブナが紅く染まる。
日本や極北の秋のように、一瞬でピークを越えるというわけではない。
パタゴニアの紅葉は、時間をかけてゆっくりと色づくのが大きな違いだ。
降雪と融雪を繰り替えす度に、秋と紅葉は一段と濃くなっていく。
AKI_5114_3.jpg

関連ページ

暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」... “風の大地”と呼ばれるパタゴニアでは、南極ブナもまた“風”に支配されている。 春に咲く南極ブナの花の受粉の仲立ちとなるのは、風(風媒花)だ。 晩夏に熟した実は、やはり風によって広く運ばれて行く。 100年を越す大木に育った南極ブナも、最後は風によって倒される。 森を歩けば、いたるとこ...
パタゴニア:秋のウエムル氷河と森 チャルテンから北へ車で約1時間半ほど行くと、アルゼンチンとチリの国境デシエルト湖に着く。 チリからの湿った空気の影響を強く受けるので、チャルテン付近に比べて、森が深く氷河が発達している。 南極ブナの木には、コケやサルオガセがびっしりと張り付き、地面はフカフカしている。 1時間も森を歩き斜面を登る...
「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典... 特製カレンダー2018「パタゴニア&南極」 アンディーナトラベル・クラブ会員特典「カレンダー 2018」を作成中です。 来年のカレンダーのテーマは、『パタゴニア&南極』です。 パタゴニア創成から深く関連する南極の自然とともに、「亜南極」の風景写真を集めたカレンダーです。 南極...
パタゴニアの名峰セロ・トーレの静寂と暴風:フィッツロイ山群... 世界で最も登攀が困難な山:セロ・トーレ 世界で最も登攀が困難な山と言われるセロ・トーレ峰(3,128m)は、パタゴニアのフィッツロイ山群を代表するもう一つの名峰です。 「セロ」は「峰」を、「トーレ」はその姿の通り「尖塔」を意味する、まさに天に屹立する針峰です。 セロトーレは、パタゴニア...
姿形を変えて厳しい気候に適応する南極ブナ:秋のパタゴニア... トレス湖への斜面では、南極ブナ・レンガの適応能力を分かりやすく目にする事ができます。標高約700mから標高約1,100mまで上がるにつれて、南極ブナの背も低くなっていきます。標高が上がるにつれて、気温だけではなく、風も強くなることで、植物にとっての生育環境も厳しくなります。 この環境の変化に応...
パタゴニア・フィッツロイ峰の荘厳なモルゲンロート... 秋、4月の夜明けは遅く、朝8:00過ぎに山に日が差し始めます。 12~2月には早朝に見ていた、フィッツロイに当たる朝焼けのモルゲンロートも、この時季であれば余裕を持ってみれるでしょう。 “繚乱”という言葉が適するほどに、一瞬の光はフィッツロイを、赤から金へと色を変えながら染めてゆきます。わず...

中部パタゴニア:セロ・カスティージョから、ヘネラル・カレーラ湖へ

静けさに包まれる、秋のフィッツロイ山麓と紅葉②

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パイネクエルノ峰を直下で望む「Wルート」トレック

    2015.03.21
  2. ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥

    2014.10.01
  3. パタゴニア開拓時代に移植されたサーモン・トラウトの歴史②

    2014.12.24
  4. アマルガ湖に映り込むパイネ山群/チリ・パタゴニア

    2016.05.06
  5. パタゴニアのシンボル:黄金色のコイロン草と羊

    2015.03.06
  6. 写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品

    2018.02.26
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP