Loading

PHOTO-BLOG

姿形を変えて厳しい気候に適応する南極ブナ:秋のパタゴニア

1.jpg
トレス湖への斜面では、南極ブナ・レンガの適応能力を分かりやすく目にする事ができます。標高約700mから標高約1,100mまで上がるにつれて、南極ブナの背も低くなっていきます。標高が上がるにつれて、気温だけではなく、風も強くなることで、植物にとっての生育環境も厳しくなります。
この環境の変化に応じて、南極ブナは木の高さや容姿を変えて、それぞれの環境に適応しています。
標高700mほどで風のあまり当らない森では、樹高は15mくらいになります。小さな森ができる事で、そこで育つ幼木にはさらに風が当たりづらい環境となり高く成長できる、この成長の循環の中で森は成長して、木々もより高く育てるようになったのでしょう。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
上の写真も、下の写真も、同じ南極ブナ。
5.jpg
6.jpg
7.jpg
南極ブナに着生するサルオガセ。この地衣類が育つ環境は空気が綺麗な場所だけですので、この植物を多く見かける地域はそれだけ空気が澄んでいる事を意味します。
8.jpg

関連ページ

アンディーナトラベルの撮影旅行(フォトツアー)とは... “パタゴニアの山岳写真”をテーマに、「撮影ツアー」のページを作成しました。 トレッキングのツアーでは、写真が目的の人には、どうしても満足の行く撮影ができない事がほとんどです。腰を据えてじっくりと撮影に望むために、撮影には「撮影に特化した日程」で旅行するのがベストです。もちろん、山岳写真には、山...
フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①... ある晴れた秋の日に、チャルテンの裏山にハイキングへ向かう。 チャルテンの天気予報は精度が高く、1時間ごとにピンポイントで予報される。 もちろんパタゴニアの天気を事前に当てるにも限界はあるが、その正確さには驚くばかりだ。 チャルテンの住民にとって、この天気予報は毎日の生活に密着した存在に...
劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>... 「フィッツロイで朝日を迎えたい」という問い合わせを、今年は頻繁にいただけるようになり、とても嬉しいです。 フィッツロイで最も美しい時間帯は、間違いなく「朝日」だからです。 その朝日を確実に安全に望むには、プライベート・キャンプでのテント泊がベストです。 ダイニング用のドーム・テ...
パンゲア大陸に遡るパタゴニアの樹木「南極ブナ」の歴史... パタゴニアと亜南極の樹木:南極ブナ 南部パタゴニアでは、森といえば南極ブナだ。 氷河から吹き降ろす冷たい風に耐えて、環境に合わせて姿を変える柔軟性を持っている。 南極ブナは、その名の通り、かつて南極に生えていた。 それを証明するように、南極ブナの化石が南極半島で見つかっている。 起源は...
パタゴニア南部氷原のマルコーニ峠を目指して②... 約3日間かけて、谷をつめ、氷河を辿り、源流・パタゴニア大陸氷床へ登る。 マルコーニ氷河は中規模ではありますが、末端を始め、氷河上での大展望は圧巻です。深くえぐるようにできた花崗岩の谷底には、周りの山からの氷瀑が無数に落ちています。 眼下に、歩いてきたマルコーニ氷河を見下ろす。...
果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③... マルコーニ峠を越えると、パタゴニア大陸氷床の大雪原が広がります。 快晴の雪原では陽の光の反射は強く、空の青と雪面の白だけの世界では、まるで光に包まれているかのようです。 荒れた天候で有名なパタゴニアの中でも、特に天候の厳しい大陸氷床では、快晴に恵まれることは大変な幸運でしょう。 東にフィッ...

雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて

フィッツロイ山麓・ビエドマ氷河ハイキングの魅力

関連記事

  1. レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア

    2015.10.21
  2. 山上の秘密の湖を目指す:ヘルシンガー牧場④

    2015.10.15
  3. 姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア

    2015.06.14
  4. パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き

    2017.06.15
  5. 紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓

    2016.04.27
  6. フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)

    2017.10.20
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP