Loading

PHOTO-BLOG

姿形を変えて厳しい気候に適応する南極ブナ:秋のパタゴニア

1.jpg
トレス湖への斜面では、南極ブナ・レンガの適応能力を分かりやすく目にする事ができます。標高約700mから標高約1,100mまで上がるにつれて、南極ブナの背も低くなっていきます。標高が上がるにつれて、気温だけではなく、風も強くなることで、植物にとっての生育環境も厳しくなります。
この環境の変化に応じて、南極ブナは木の高さや容姿を変えて、それぞれの環境に適応しています。
標高700mほどで風のあまり当らない森では、樹高は15mくらいになります。小さな森ができる事で、そこで育つ幼木にはさらに風が当たりづらい環境となり高く成長できる、この成長の循環の中で森は成長して、木々もより高く育てるようになったのでしょう。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
上の写真も、下の写真も、同じ南極ブナ。
5.jpg
6.jpg
7.jpg
南極ブナに着生するサルオガセ。この地衣類が育つ環境は空気が綺麗な場所だけですので、この植物を多く見かける地域はそれだけ空気が澄んでいる事を意味します。
8.jpg

関連ページ

パタゴニア:フィッツロイBCの快適なキャンプ生活... フィッツロイBCのある森は、パタゴニア独特の猛烈な風からも守られている貴重な場所です。 一般トレッカーの立ち入りできない特別な場所に設置されているので、プライベートキャンプとして、目の前のフィッツロイの展望を独占できるのは大変な魅力です。 雲で山頂が隠れてしまい、なかなか姿を現さない...
パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ... 天気の良い初秋のある日、はやる気持ちを抑えて、チャルテン村を出発します。 今年から、トレイル入口にはレンジャーが常駐して、入山者の確認をしています。 チャルテン村から望めるフィッツロイ峰は山頂部のみです。 トレイルに入ると、まずは気持ちの良い南極ブナの原生林を歩き、ぐいぐいと標高を...
パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)で迎える長く美しい夕日 緯度の高いパタゴニアでは、夕方が長い。太陽の光線が少しずつ斜めになり、山の陰影が浮き立ち始める。昼間とは違う美しさが現れる。 真夏で真っ暗になるのは、23時過ぎだろうか 緯度の低い熱帯の夕方は、逆に一瞬に燃えるように赤くなり、一気に...
パタゴニア:3種類の南極ブナ② 落葉樹「ニレ」... 南極ブナの中で、厳しい環境に応じて姿を変えることができるのが、「ニレ」だ。 常に強風が吹くような場所では、地を這うように背を低くする。 日本の山におけるハイマツのような存在だ。 レンガと違い、冷涼な厳しい場所で小さなブッシュを形成する。 風に対する耐性が強く、レンガと違い、風で倒木するこ...
パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ... 南部パタゴニアの基点の町・カラファテから、国道40号線を北上して、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ。 パタゴニアの天気はある意味では分かりやすく、アンデス山脈から東に離れるほどに、目で分かるほどに乾燥して行きます。 カラファテで晴れていても、アンデスに接するフィッツロイ山麓では天候が全く...
パタゴニア・フィッツロイ峰の荘厳なモルゲンロート... 秋、4月の夜明けは遅く、朝8:00過ぎに山に日が差し始めます。 12~2月には早朝に見ていた、フィッツロイに当たる朝焼けのモルゲンロートも、この時季であれば余裕を持ってみれるでしょう。 “繚乱”という言葉が適するほどに、一瞬の光はフィッツロイを、赤から金へと色を変えながら染めてゆきます。わず...

雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて

フィッツロイ山麓・ビエドマ氷河ハイキングの魅力

パタゴニア

関連記事

  1. ペリト・モレノ氷河:前進・後退を繰り返す不思議

    2015.04.19
  2. 南米各国で異なるスペイン語:アルゼンチンの訛り

    2019.03.18
  3. クリスティーナ牧場⑤広大な敷地で贅沢な滞在

    2015.10.29
  4. クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

    2015.11.03
  5. 「秋のパタゴニア」トレッキング・ツアー添乗から帰国しました

    2018.04.24
  6. 初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて

    2017.08.16
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP