Loading

PHOTO-BLOG

いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓

1.jpg
数日に一回降る雪の中で、少しずつ赤さを増して行くフィッツロイの山麓。
この季節は、チャルテン村で雨が降っている場合には、山麓では雪が降っている場合が多いです。
根雪になるほどではなく、日が出ればドンドンと融けて行きます。
唐突な振り方も見事ですが、日が出てからの融け具合もなかなか見事です。魔法のように、真っ白であった地面から雪が消えていきます。森の中では、樹上の雪が融けるので、まるで雨のようです。青空の下、森の中では、服が湿るほどに雪解けの水が滴ります。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

関連ページ

オーロラのような幻想的な雲:パタゴニア・フィッツロイ峰の夕日... パタゴニア・フィッツロイ峰に舞うオーロラのような雲 南極がもたらす暴風は、パタゴニアのフィッツロイ山麓に幻想的な「雲」という魅力を授けました。 高度の高い高積雲はレンズ雲として、高度の低い雲はフィッツロイ山群を取り囲む雲海として、どちらもうねるように、パタゴニアの上空に浮遊します。 か...
パタゴニアの常緑樹コイウエ(ギンド):3種類の南極ブナ③... パタゴニアの南極ブナ:常緑のコイウエ コイウエの木は、常緑樹だ。 そのため、葉には少し厚みがあり硬く、光沢がある。 “レンガ”や“ニレ”ほどには目立たない木だ。 育つには多くの水と光を必要とするために、南極ブナの“レンガ”の森の中で、コイウエは湿った土地を好む。 樹齢は最も古くて500...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...
パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄... 亜南極の樹木「南極ブナ」 南部パタゴニアでは、森の木の大半が「南極ブナ」だ。 南極還流の影響を大きく受ける南部パタゴニアの気候は苛烈で、全てが偏西風に支配されている。 人の暮らしはもとより、森の生態もまた風の影響下に長く進化を続けてきた。 その厳しい環境に見事に適応したのが「南極...
フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア... フィッツロイの展望は近いほどに迫力があるのだが、遠望には遠望の魅力がある セロトーレとフィッツロイの両方を望むために、山麓から少し離れた草原で、じっくりと朝焼けを望むのも至福の瞬間だ。 ...
パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設... 牧羊ブームで始まる「パタゴニア開拓史」 たった100年前のパタゴニアは、未開の土地として忘れられたフロンティアであった。 この頃はヨーロッパからの移民が大量にブエノスアイレスに住み着き、今のブエノスアイレスの原型を作り上げた時期だ。 当時のパタゴニアは生産的な価値の無い場所として放...

劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン

パタゴニア:正確な天気予報とガイドの経験

関連記事

  1. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在

    2015.10.27
  2. 「キャンプ用マテ茶セット」の実用性

    2012.04.13
  3. パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか

    2015.02.09
  4. 写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』

    2017.10.03
  5. パタゴニアの巨大な氷河湖の緑色を反射する雲

    2015.03.03
  6. 目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間

    2018.03.23
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP