Loading

PHOTO-BLOG

いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓

1.jpg
数日に一回降る雪の中で、少しずつ赤さを増して行くフィッツロイの山麓。
この季節は、チャルテン村で雨が降っている場合には、山麓では雪が降っている場合が多いです。
根雪になるほどではなく、日が出ればドンドンと融けて行きます。
唐突な振り方も見事ですが、日が出てからの融け具合もなかなか見事です。魔法のように、真っ白であった地面から雪が消えていきます。森の中では、樹上の雪が融けるので、まるで雨のようです。青空の下、森の中では、服が湿るほどに雪解けの水が滴ります。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン

パタゴニア:正確な天気予報とガイドの経験

関連記事

  1. パタゴニア開拓史:ピオ11氷河の前進と牧場の水没②

    2014.03.12
  2. 【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓

    2018.05.01
  3. チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①

    2014.12.23
  4. パタゴニア探検史:アゴスティーニ神父の写真遺産

    2016.12.30
  5. 探検家?アゴスティーニ神父

    2010.08.08
  6. マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部

    2015.05.20
パタゴニア
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP