Loading

PHOTO-BLOG

いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓

1.jpg
数日に一回降る雪の中で、少しずつ赤さを増して行くフィッツロイの山麓。
この季節は、チャルテン村で雨が降っている場合には、山麓では雪が降っている場合が多いです。
根雪になるほどではなく、日が出ればドンドンと融けて行きます。
唐突な振り方も見事ですが、日が出てからの融け具合もなかなか見事です。魔法のように、真っ白であった地面から雪が消えていきます。森の中では、樹上の雪が融けるので、まるで雨のようです。青空の下、森の中では、服が湿るほどに雪解けの水が滴ります。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

関連ページ

秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹... 南極ブナの森を歩く。 秋、風の強いある日。 誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。 耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、...
パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓... パタゴニアのもう一つの主役:レンズ雲 パタゴニアの魅力の一つが「雲」にあることは、実際に行ってみると納得がいくことでしょう。 西からの暴風に飛ばされて生じる「レンズ雲」と呼ばれる不思議な高積雲は、パタゴニア名物と言っても良いほどです。 その雲の形は、ときにこの世の終わりを感じさせる...
フィッツロイ山麓の清冽な水を飲む 夕方の風は、骨身に染みるように冷たい パタゴニア大陸氷床で、セロトーレ直下からの風を楽しめる余裕があるのは一つの幸運だ 世界でも稀にみる悪天候のまさに核心部にいるからだ 氷河源流部の氷は圧縮されて硬く密度が濃い。氷河は、セロトーレから吹き飛ばされた砂利で薄く覆われているが、砂利の間にときお...
フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)... パタゴニアのフィッツロイ山麓の紅葉 春夏秋冬がはっきりと分かれるパタゴニアでは、季節の移ろいもまたはっきりと、鮮やかに変わります。 厳しい冬を前にして、秋は深まり人気も減るなかで、フィッツロイ山麓の紅葉もまた静かにピークを迎えます。 初秋の南極ブナの森は橙色に色づき、秋の深まりとともに...
パタゴニア:フィッツロイ峰の星の軌跡を撮影... アルゼンチン・パタゴニア、フィッツロイ山麓のベースキャンプで星空を撮影する。 フィッツロイ峰と星空を撮影するのは、簡単なことではない。 天候の変化が激しいパタゴニアで、晴天で尚かつ漆黒の星空を撮ることができるタイミングには、そうそう恵まれないからだ。 1泊・2泊だけのテント泊では...
暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」... “風の大地”と呼ばれるパタゴニアでは、南極ブナもまた“風”に支配されている。 春に咲く南極ブナの花の受粉の仲立ちとなるのは、風(風媒花)だ。 晩夏に熟した実は、やはり風によって広く運ばれて行く。 100年を越す大木に育った南極ブナも、最後は風によって倒される。 森を歩けば、いたるとこ...

劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン

パタゴニア:正確な天気予報とガイドの経験

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの花「サクラソウ」:ワイルドフラワー編

    2015.09.09
  2. パタゴニアの大草原『パンパ』:秘境サンマルティン湖のコンドル牧場へ

    2018.03.20
  3. セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

    2015.04.22
  4. 《エクスペディション》パタゴニア南部氷原①

    2014.09.02
  5. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美

    2015.10.23
  6. フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①

    2015.05.28
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP