Loading

PHOTO-BLOG

探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」

1.jpg
2.jpg
エリック・シプトンの伝記「嵐の大地」は、1958年から1962年にかけて行われた数度にわたるパタゴニア探検の記録だ。
当時、ビエドマ氷河の源流に、“ビエドマ火山”があると噂されていた。その火山があるとされる場所は割りと簡単に特定されていたが、誰も到達していなかった。その火山の真偽を確かめるために、シプトンは小さな探検隊を作り、ビエドマ氷河の源流に向かう。
ビエドマ湖にそそぐビエドマ氷河の源流・水源地は、東をフィッツロイとセロトーレの山群に、西をマリアーノ・モレノ山群に挟まれている。この東西の壁から溢れ出るように数十もの氷河が生まれている。
結果としてはその噂は間違いで、ビエドマ氷河の周辺には一つも火山がないことが確認される。その確認だけのために大変な労力をかけて探検を行い、坦々と記録していった。
パタゴニア探検の全盛期である1900年代前半から、半世紀も後になるのだが、この時代もまだパタゴニア大陸氷床は人跡未踏、一種の暗黒大陸であった。
一つ一つの謎が、汗と苦労で解き明かされる、黎明の時代だ
3.jpg
4.jpg

関連ページ

パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ... チャルテンから少し標高を上げて、フィッツロイ山麓の方へ歩くと、さらに紅葉は増していきます。遠くの斜面の林は南極ブナの原生林でうっすらと秋の色に変わってきているのが分かります。 紅葉は、古木や倒木などで先に始まるようです。生命力が枯れていくことから葉の紅葉が普通の木よりも早まるのでしょう。 ...
オーロラのような幻想的な雲:パタゴニア・フィッツロイ峰の夕日... パタゴニア・フィッツロイ峰に舞うオーロラのような雲 南極がもたらす暴風は、パタゴニアのフィッツロイ山麓に幻想的な「雲」という魅力を授けました。 高度の高い高積雲はレンズ雲として、高度の低い雲はフィッツロイ山群を取り囲む雲海として、どちらもうねるように、パタゴニアの上空に浮遊します。 か...
パタゴニア開拓時代に移植されたサーモン・トラウトの歴史②... アンドレ・マドセンがわずかな羊と馬を連れて、フィッツロイ山麓に単身で開拓を始めた時代、パタゴニアではヨーロッパからの移民が競うように入植を始めました。ウプサラ氷河の畔では、マスターズ一家がやはり裸一貫でクリスティーナ牧場を拓いた時です。 1900年代の初頭。この時代はパタゴニアの歴史で、最も賑...
湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア... フィッツロイ山特の南極ブナが紅葉に染まる秋は、南半球のパタゴニアでは4月にあたります。 気温も徐々に下がり始め、朝晩の冷え込みも一層厳しくなってきます。 雪やみぞれが降るたびに、紅葉の色づきも増していきます。 そんな秋、快晴・無風という、パタゴニアでは珍しい好天の日に、山麓の湖沼も...
パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)... 秋のパタゴニアの森には、静けさがある。 それは日本の山の秋と同じで、紅葉が進むにつれて深化する静けさなのでしょう。 氷河から吹き下りて来る風はいっそう冷たく、木の葉の散る森は風通しが良く、寒色はより強くなり、落葉する森にある独特の静けさを演出するのかもしれません。 人気がなくなり静...
パタゴニア旅行:フィッツロイ山麓・チャルテン村オフィスの安心手配... パタゴニアのチャルテン村オフィスから手配 パタゴニアの名峰フィッツロイ峰を見て、涙を流す人を見たことがあります。 そのくらい人の心を打つような山は、世界にいったいどれほどあるでしょうか。 このフィッツロイ峰を展望するために、弊社は地元の手配会社とともに、日本人ツーリストのための手配に力...

パタゴニアの氷河の源で起こる異変

マルコーニ氷河の末端部から、パタゴニア氷原へ登る

関連記事

  1. パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ

    2015.10.03
  2. パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる

    2014.01.12
  3. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて

    2015.10.24
  4. 牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて

    2015.06.09
  5. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美

    2015.10.23
  6. フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)

    2017.01.23
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP