Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの氷河の源で起こる異変

1.jpg
2.jpg
偏西風がもたらすパタゴニアの降水量のほとんどは、まずパタゴニア南部氷原(大陸氷床)の氷河として蓄えられる
南極、グリーンランドに次ぐ地球で3番目に大きな“パタゴニア大陸氷床”は、数百の氷河の水源地として、パタゴニアの生態系の鍵を握っている
先日、フィッツロイ山麓のビエドマ氷河が、巨大な崩落を引き起こした。氷河末端が、おそらく直径で数百メートルにわたり、一気に崩落して消失したのだ。
急速に後退するビエドマ氷河の水源地は、フィッツロイとセロトーレの西側の大氷原だ
物言わぬ氷原の底知れぬ深い場所で、いま大きな変動が起きているようだ
3.jpg
4.jpg

関連ページ

パタゴニア・フィッツロイ峰の荘厳なモルゲンロート... 秋、4月の夜明けは遅く、朝8:00過ぎに山に日が差し始めます。 12~2月には早朝に見ていた、フィッツロイに当たる朝焼けのモルゲンロートも、この時季であれば余裕を持ってみれるでしょう。 “繚乱”という言葉が適するほどに、一瞬の光はフィッツロイを、赤から金へと色を変えながら染めてゆきます。わず...
パタゴニア南部氷原:ウエムル峠を越えて、ビエドマ湖へ... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) ビエドマ氷河の歴史を辿る壮大なトレッキングも、ビエドマ湖で終了となる。 ウエムル峠を越えると展望も大きく変わる。 氷河と山の展望から、地平線まで広がる草原の展望へと変化するのだ。 コンドルが舞う谷間をおそるおそる覗くと、眼下にビエドマ氷河の末端部が見え...
セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート... マゼラン・キツツキ 秋のトーレ湖、夜明け前の湖面には薄氷が張っています。8時過ぎの夜明け、2,3時間くらい前が一番寒く感じられます。 夏季には6:30頃から始まる夜明けの大劇場も、秋は8:00過ぎに始まります。一日一日とその時間は数分ごとに遅くなっているのでしょう。 この季節は、太陽がだい...
大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④... 果てしない雪原を歩く 雲が湧きはじめると、上空の激しい気流のため雲の動きも早く、すぐに天候も変わります。 高度の高い雲の動きは止まっているように見えますが、上空では激しい風に流されてレンズ雲となっています。 パタゴニア独特の雲といえるでしょう。 快晴の下、雪原の上にいながら暑ささえ感じて...
パタゴニア氷原を取り巻く、この世あらざる景色... 台風のような嵐の翌日、雨雲は飛び去り、パタゴニア南部氷原(大陸氷床)では珍しい“晴天”が訪れた 風の音が消え去り、聞こえる音は雪を踏みしめる足音だけの静寂で、耳鳴りが気になるほどだった。 東西は屏風のように屹立するアンデス山脈に挟まれて、氷原は南北に果てしなく続く 「直観とは魂でものを見る...
嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア... フィッツロイ山群で天候が悪化するときには、フィツロイよりも先に、セロトーレが雲に包まれることが多い。 空は概ね晴れているが、分厚い雲がセロトーレだけを不気味に覆っていることがよくある。セロトーレ付近が、台風のような強烈な嵐に見舞われる時の天気だ。 パタゴニア大陸氷床から流れてきた悪天の影響を...

パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日

探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」

関連記事

  1. パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密

    2015.09.11
  2. 『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

    2018.06.05
  3. 【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓

    2018.05.01
  4. パタゴニア・パイネ国立公園の名峰:クエルノ「角」

    2016.12.01
  5. 2011パタゴニア旅行 ⑨セロトーレ

    2012.03.04
  6. マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

    2015.05.19
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP