Loading

PHOTO-BLOG

「嵐の大地」エリック・シプトンのパタゴニア探検


「嵐の大地 パタゴニア探検 1958~1962」は、エリック・シプトンが後半生をかけることになるパタゴニア探検の前半のものです。

ネパールやインドのヒマラヤ山脈、パキスタンのカラコルム山脈で勇名を馳せたエリック・シプトンが、探検の新たな舞台にパタゴニアを選んだ時、既に彼は50歳でした。

開拓時代の探検家・アゴスティーニ神父やペリトモレノが活躍した時から40~50年近くが経っていた頃ですが、この秘境にはまだまだ文明の光は届かず厳しい探検を行うことになります。

シプトンが特に力をかけて何度も探検を行った地域が、「パタゴニア氷原(北部・南部)」です。
前半期には南部氷原の探検を繰り返し行います。
氷床に取りつくまでも大変な労力をかけて移動する地味な日々も、その全ての記録が克明に記されています。
そして、氷原でのリアルに過酷な日々の描写。

南部氷原のビエドマ氷河上流部にあると言われた「ビエドマ火山」の存在の真偽を確かめる記録と顛末は、私の好きな章となっています。

「嵐の大地 パタゴニア探検1958~1962」(著:エリック・シプトン/山と渓谷社)

関連ページ

「地の果て」パタゴニアに魅了される作家・怪盗・探検家... 「地の果て」パタゴニアとは パタゴニアを東西に分けるアンデス山脈を境に、東側のアルゼンチンには広大な草原が広がります。 南緯40°~55°、南北約1600kmにわたる大草原です。 大西洋からアンデスを越えて吹き付ける偏西風は、時に人が吹き飛ばされるほどの威力で、暴風が吹き荒れます。 常に...
パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設... 牧羊ブームで始まる「パタゴニア開拓史」 たった100年前のパタゴニアは、未開の土地として忘れられたフロンティアであった。 この頃はヨーロッパからの移民が大量にブエノスアイレスに住み着き、今のブエノスアイレスの原型を作り上げた時期だ。 当時のパタゴニアは生産的な価値の無い場所として放...
パタゴニアの氷河の源で起こる異変 偏西風がもたらすパタゴニアの降水量のほとんどは、まずパタゴニア南部氷原(大陸氷床)の氷河として蓄えられる 南極、グリーンランドに次ぐ地球で3番目に大きな“パタゴニア大陸氷床”は、数百の氷河の水源地として、パタゴニアの生態系の鍵を握っている 先日、フィッツロイ山麓のビエドマ氷河が、巨大な崩...
氷河の成り立ちを辿る壮大なトレッキング:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 氷原で3泊、幸運にも晴天に恵まれた。セロトーレ直下の絶景を漫喫した後で、ビエドマ氷河源流部からビエドマ湖を目指す。 ビエドマ氷河の源流域から末端部まで、氷河の歴史を辿ることになる。 ビエドマ氷河の谷へ近づくにつれて、氷原の氷にクレバスが増えてきた。 氷...
メリノウールの毛刈り行程:パタゴニア... 一頭の羊から取れる羊毛は、約4キロほどだ。 育つ土地の豊かさにより一頭から収穫できる羊毛の量も異なってくる。 刈られた毛は、作業台の上に乗せられて、すぐに選別される。 条件の良い毛から等級にいくつか分けて行くのだ。 こうして選別された等級ごとに、羊毛はブロック状に圧縮されて倉庫に積まれて...
パタゴニア南部氷原フィッツロイ一周トレッキング... パタゴニア南部氷原 フィッツロイ一周トレッキング 「パタゴニア南部氷原トレッキング」の動画を作成しました。 You Tubeにアップしましたので、ぜひご覧ください。 ※画質設定を“1080p60” にするとハイビジョンで見れます。 パタゴニア南部氷原とは パタゴニア南部氷原(大...

アンディーナトラベルの山岳写真:ワンランク上の撮影旅行

ペルー料理でランチ:恵比寿「ミラフローレス」

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア南部氷原のマルコーニ峠を目指して②

    2014.09.07
  2. 2011パタゴニア旅行 ⑦フィッツロイ(その一)

    2012.02.19
  3. パタゴニア南部氷床:氷河昆虫

    2013.12.18
  4. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘

    2015.10.31
  5. 広大なパイネ国立公園で、効率的に撮影対象を廻るには

    2015.03.24
  6. 【ひとたびxアンディーナトラベル=コラボ企画】「南米ナイト」&「パタゴニア・トレ…

    2015.11.09
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP