Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアで、カヤックを漕ぐ

patagonia_150.JPG
パタゴニアでのアウトドア・スポーツは、カヤックもお勧めです。近年では、カヤックを催行するツアーも現地では行われています。
上の写真では、大きな氷塊の左下にカヤックが二艇いるのが見えるでしょうか?
氷塊は、ウプサラ氷河から流されてきた氷河の一部です。
氷河の近くで漕ぐのは、氷河が崩れた時の波で危険ですが、それは氷河の種類にもよります。
たとえば、ペリト・モレノ氷河のように、高さ60mの氷壁が崩落する氷河付近では危ないでしょう。
しかし、氷河の氷塊に近づくカヤック・ツアーでは、そのような氷河の近くではカヤックは行わないので、安心です。
たとえば、ウプサラ氷河などは、氷河末端は傾斜が緩やかに少しずつ水に没していきます。ウプサラ氷河付近は、そのような末端から流された氷塊で数キロに渡り湖が満たされています。そのような氷塊に近寄るツアーが現在人気です。
基本的には、安定性の高い二人乗りのシーカヤックを利用します。1名で参加(基本2名以上)の場合には、インストラクターが後ろに乗ることもありますが、できれば2名様で参加してカヌーを漕いで欲しいです。2人で力を合わせて漕げば、きっともっと盛り上がるカヤックになるからです。
アンディーナトラベルでは、トレッキングだけではなく、カヌーなど水のアウトドア・スポーツも積極的にご案内していきます。

花も豊富なインカトレイル

【ガラパゴス諸島】アイランド・ホッピングで楽しむ、「滞在型」の旅

関連記事

  1. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  2. パイネ国立公園でグアナコを撮影するために

    2015.02.28
  3. 紅葉のパタゴニア:フィッツロイ峰の清流と、南極ブナの森トレッキング

    2017.01.31
  4. 【4K動画】南米パタゴニアの絶景:名峰フィッツロイと南極ブナの原生林

    2020.03.06
  5. アンデス山脈のシンボル:巨鳥コンドルの生態

    2019.12.18
  6. 春の中部パタゴニア・アイセン地方に咲き乱れる:サクランボの花

    2015.09.08
パタゴニア
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP