Loading

PHOTO-BLOG

劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン

1.jpg
チャルテンの北へ約30キロ、デシエルト湖へ移動すると、気候は湿度を増し森の様相も変わります。チャルテン周辺では、サルオガセが着生していますが、この周辺の木には、分厚い絨毯のようなコケが着生しています。大西洋からの湿度が流れ込みやすい地形で、気候はチリ・パタゴニア的と言えるでしょう。
デシエルト湖への道路ができたのは、このわずか30年ほどです。チャルテンの歴史と同じくらいです。当時のチリとの国境紛争がきっかけで人が居住するようになりました。その紛争は、びっくりするほど規模の小さい小競り合いですが数名の戦死者も出ています。それまでは人の踏み込まない未開の地でした。
チャルテンから北に向うにつれて、フィッツロイは北面が見えるようになり、形が変わっていきます。
雨の多い地域のため、気温も低いのでしょう。チャルテンよりも紅葉が進んでいます。
デシエルト湖を北に渡り、途中で国境を越えて9時間ほど歩けば、チリのフィヨルド地帯に到着します。道は徒歩でしか行けない道ですので、一泊キャンプするのがベストです。
フィヨルドに出ると、チリ側の渡し船に乗り、中部パタゴニアへの国道ルータ・アウストラルに連結できます。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

パタゴニア:秋のウエムル氷河と森 チャルテンから北へ車で約1時間半ほど行くと、アルゼンチンとチリの国境デシエルト湖に着く。 チリからの湿った空気の影響を強く受けるので、チャルテン付近に比べて、森が深く氷河が発達している。 南極ブナの木には、コケやサルオガセがびっしりと張り付き、地面はフカフカしている。 1時間も森を歩き斜面を登る...
ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-... ビエドマ氷河の氷穴にて。 アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓チャルテン村から、車と船を乗り継ぎ、約1時間半ほどで、氷河末端部にアプローチできます。 氷河末端部は、高さ50m・幅2.5kmの巨大な氷壁です。 パタゴニアで最も後退の速度が早い氷河で、上陸地点もこの数十年で氷河の...
フィッツロイ北面を望むロッジ:コンドル湖畔にて③... コンドル湖からチャルテンへ “蛇行”を意味するブエルタス川に沿い、フィッツロイ北面を望めます。 車では砂利道を30分ほどで移動する距離です。 この区間は、カヌー・ツアーで約2時間ほどかけてのんびり移動できます。もちろん、天候次第、あるいは風次第では中止になることも多いです チリとの国境で...
オーロラのような幻想的な雲:パタゴニア・フィッツロイ峰の夕日... パタゴニア・フィッツロイ峰に舞うオーロラのような雲 南極がもたらす暴風は、パタゴニアのフィッツロイ山麓に幻想的な「雲」という魅力を授けました。 高度の高い高積雲はレンズ雲として、高度の低い雲はフィッツロイ山群を取り囲む雲海として、どちらもうねるように、パタゴニアの上空に浮遊します。 か...
パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)で迎える長く美しい夕日 緯度の高いパタゴニアでは、夕方が長い。太陽の光線が少しずつ斜めになり、山の陰影が浮き立ち始める。昼間とは違う美しさが現れる。 真夏で真っ暗になるのは、23時過ぎだろうか 緯度の低い熱帯の夕方は、逆に一瞬に燃えるように赤くなり、一気に...
フィッツロイ山麓の清冽な水を飲む 夕方の風は、骨身に染みるように冷たい パタゴニア大陸氷床で、セロトーレ直下からの風を楽しめる余裕があるのは一つの幸運だ 世界でも稀にみる悪天候のまさに核心部にいるからだ 氷河源流部の氷は圧縮されて硬く密度が濃い。氷河は、セロトーレから吹き飛ばされた砂利で薄く覆われているが、砂利の間にときお...

セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート

いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ

    2016.03.31
  2. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰

    2015.11.05
  3. マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部

    2015.05.20
  4. パタゴニア:秋のウエムル氷河と森

    2015.06.05
  5. パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情

    2015.08.11
  6. 森の隙間に群落を成す:春の花・アネモネ

    2015.08.26
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP