Loading

PHOTO-BLOG

アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ

アルゼンチン開拓のシンボル「牧童ガウチョ」

パタゴニアの大草原の主役といえば、羊を追う「牧童」です。
延々と続く大草原を見ていると、同じように延々と有刺鉄線も延々と続いていることに気づきます。
開拓全盛の約100年ほど前に、パタゴニアの広大な草原は隈なく有刺鉄線で区切られ、大牧場(エスタンシア)として分配されました。
草原の大部分は私有地なのです。

大きな牧場では東京都並みの広さで、牧童達は数万頭の羊とともに遊牧生活をしています。
文明社会とは隔絶された大草原の中で羊とともに移動しながら、パタゴニアの厳しい自然の中で生活しています。
パタゴニアの暴風によるものか、彼らの顔には深い皺が刻まれています。

アルゼンチン開拓で活躍した生粋のガウチョは消滅しましたが、その誇り高いガウチョの精神はアルゼンチンのシンボルとして受け継がれました。
パタゴニアを駆ける彼らも、憧憬とともに、時に「ガウチョ」と呼ばれます。

肥沃なブエノスアイレス周辺の草原地帯パンパを含めれば、アルゼンチンの大草原は南北約3000kmにも及びます。


関連ページ

パタゴニアの美食「羊」:アルゼンチン伝統料理アサード... パタゴニア特産の羊 パタゴニアでは針峰群と氷河、草原しかイメージされませんが、実は「食」でも世界で唯一の素材を持っています。 それは「羊の焼肉(アサード)」です。グルメを自負する何人ものお客をご案内して、必ず絶賛する「美食」です。 アルゼンチンの食文化が「肉」に特化していることも大きく...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑧氷河谷の痕跡-パタゴニア... ウプサラ氷河展望台からクリスティーナ牧場へ、氷河の谷を徒歩で下る。 花崗岩の岩盤がむき出しで、氷河の爪痕が荒々しく残る。 草木一本生えていない岩盤をじっと見ると、小さな貝の化石が無数にあった。 谷を下りて行くと、途中の岩に小さな「落書き」がある。 “ITALIAN EXPEDITION"...
アルゼンチン伝統料理:牛肉のアサードと大草原パンパ... アルゼンチン伝統料理「アサード」とは アサードは、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイの国民的な伝統料理です。スペイン語で「焼かれたもの」を意味して、無骨な鉄網か焚火で焼きます。どちらも共通していることは、熾火のように弱い火で遠赤外線で長時間かけて焼く点が、ブラジルのシュラスコ(シュハスコ)と...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰... クリスティーナ牧場から北へ約25キロ歩くと、ビエドマ湖へ抜けるルートがある。 ノルテ峰の直下を右に、深い谷の中を歩く。 南側はクリスティーナ牧場、北側はヘルシンガー牧場の私有地だ。特別な許可が無ければ入域できないので、パタゴニアでもほとんど知られていない。それだけトレイルの状況も悪く、体力も...
パタゴニアのエスタンシア:レオナ牧場①... カラファテとチャルテンの中間に位置する「レオナ牧場」は、その地の利を活かし休憩所として大繁盛している。 国道40号線沿いの好立地を所有するレオナ牧場には、そう簡単に競争相手が現れないので、まだまだしばらく安泰だろう。 休憩所としてのイメージが大きいが、レオナ牧場はホテルでもある。 レオナ牧...
草原を駆ける牧童・ガウチョの精神 アルゼンチン文化の根底にあるのは、大草原の牧童・ガウチョの精神だ。 馬術に長けるだけではなく、精神性も尊敬されることで、日本でいえば武士のように誇り高い存在なのだ。 かつてアルゼンチンの開拓史で活躍したガウチョは、言葉にもなっている。 「彼はガウチョだ」という時には、そこには賞賛や尊敬の念...

「地の果て」パタゴニアに魅了される作家・怪盗・探検家

「南米のパリ」ブエノスアイレス/哀愁と情熱・タンゴのリズム

パタゴニア

関連記事

  1. 《山岳写真》パタゴニア・パイネ国立公園の朝焼け

    2018.09.27
  2. パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード

    2018.08.31
  3. 《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング

    2018.10.22
  4. 大草原の小さな花:マリポサ・デル・カンポ/パタゴニアのワイルドフラワー

    2015.08.29
  5. 「パタゴニア大陸氷床トレッキング」

    2013.01.27
  6. 秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①

    2015.08.17
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP