Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの遊牧民「ガウチョ」の祭りにて

パタゴニアの草原を闊歩する「ガウチョ」

パタゴニアの草原を闊歩する牧童「ガウチョ」にとって、大空と草原はきっと世界そのものだ。

360度の地平線に覆いかぶさるような「空」は、天蓋というべき存在感だ。パタゴニアでは常に空の大きさを感じるほどに、あまりにも大きく、その大きさに耐えられない圧迫を感じてしまう人さえもいるだろう。

大空に浮かぶ雲は無限に変化して流れていく

日本の約3倍の面積の大草原が広がるパタゴニアでは、数千人の牧童(ガウチョ)が数百万の羊を放牧している。
とてつもない広さの草原に、人や文明にさえ触れることなく羊を追う生活をしているガウチョは、空という天蓋の下に生きる誇り高き遊牧民なのだ。
そして、ガウチョはアルゼンチンという国にとって独立を象徴するシンボルでもある。

ガウチョの祭りでの巡り合い

孤独に寡黙に草原を駆けるガウチョにとって、年に数回だけ開催される祭りは、馬とともに生きる彼らの乗馬技術を披露し合う競技会であり、晴れ舞台でもある。
老いも若きもその日は一堂に会し、馬で町を闊歩して会場に集う。小さな子供も胸を張り、馬を操っている

その老人に出会ったのは、祭りの会場であった。

正装して競技に臨む騎手たちの中で、すでに引退した老人たちもやはりパリッとした服を着て、仲間たちと話をしている。引退して馬を降りた彼らにとっても、祭りに参加することは欠かせない行事であり、社交の場であるのだろう。そして何よりも、ガウチョとしての誇りとアイデンティティを再確認する日なのだ


老人とはいえ、ガウチョの眼差しは鷲のように鋭く、そして優しい。
その老人にカメラを向けると、胸を張り、ごくりとファンタを飲んだ。
不敵にポーズを取るガウチョは、やはりガウチョらしい誇りとユーモアで応えてくれた。

大空に吸い込まれるように、祭りの歓声はどっと上がり、短い夏の白夜は活気の中に暮れようとしていた。

関連ページ

アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」... アルゼンチン名物アサードとは アルゼンチンの焼肉料理である「アサード」。アルゼンチン人の肉への情熱は熱く、特に牛肉と羊肉の焼肉は驚くほど美味しい。 日本の焼肉とは根本的に違い、粗塩だけで豪快だが、とても繊細な味付けで、アルゼンチンのアサードはまさしく絶品だ。 「アサード」は、社交の場と...
パタゴニアの大草原『パンパ』:秘境サンマルティン湖のコンドル牧場へ... 南北1800キロの大草原『パンパ』 パタゴニアの草原はとてつもなく広い。南北約1800キロに渡り、延々と荒涼とした草原が広がる。大草原「パンパ」は一見すると何もない荒野だが、ラクダ科のグアナコや小型のダチョウ・ダーウィンレア、そしてピューマが生きる野生動物の土地でもある。そして、150年ほど前...
アルゼンチン・パタゴニアの牧童「ガウチョ」の騎馬祭... アルゼンチンのシンボルともいえる大草原パンパは、日本では「母をたずねて三千里」で有名です。 大草原パンパと草原を駆けるガウチョは、アルゼンチンの根っこであり、国のアイデンティティです。 あまりにも広大なアルゼンチンの国土に広がる草原で、普段の牧童ガウチョは孤独に自然と対峙しています。...
海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは... 過酷な環境に柔軟に対応する「ダッフルバッグ」 防水で耐久性のある「ダッフルバッグ」は、海外トレッキングや秘境地域で大きく活躍します。パタゴニア、ペルーやボリビアのアンデス山脈、ギアナ高地やレンソイス砂漠など、あらゆるアウトドア・シーンで必要な基本装備です。 ポーターやロバ(リャマ)が運ぶ...
ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」... 温暖化とは逆行するように前進・後退を繰り返す「ペリトモレノ氷河」は、世界でも稀な存在です。過去100年間でほとんど氷河は同じ場所に留まっています。 そんなペリトモレノ氷河ならではの現象が、急激な前進と崩壊現象「ルプトゥーラ」です。 高さ60m・幅5kmの巨大な氷壁が前進することで、数年に...
初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて... フィッツロイ山麓のエルチャルテン:巡り替わる季節 季節を五感で感じることができるのは、人間ならではの微細な感性ではないだろうか。 それとも、それは太古の時代から生き残る命に宿る本能的な野性なのか ある日、ある瞬間、来る季節の到来を明確に感じることがある。 それはとてもふと瞬間に唐...

パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ

ガラパゴス諸島の「リクイグアナ」とサボテン

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 氷河の成り立ちを辿る壮大なトレッキング:パタゴニア氷原

    2015.05.25
  2. パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄

    2017.07.10
  3. 降雪を繰り返し秋と紅葉が深まる:パタゴニア

    2015.04.15
  4. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在

    2015.10.27
  5. 3/19~3/28:パタゴニア・トレッキング 10日間

    2015.11.11
  6. ガンコウランの仲間「ムルティージャ」の赤い実:パタゴニアの植物

    2015.09.04
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP