Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」

1.jpg
パタゴニアで最も食べるべき食事といえば、子羊の丸焼き・アサード(パリーシャ)だ。

何時間もかけてたっぷりと炙り焼きした羊肉は、無駄な油も落ちて絶品なのだ。
アルゼンチン人の肉への情熱の成果として、その洗練されてシンプルな焼肉の腕前は、世界一だ。

パタゴニアに自生するコイロンという草を食べて育った“パタゴニアの羊”は、世界一美味しい羊だと思っている。

羊独特の臭いもなく、日本では羊が食べれない人でも、喜んで食べたりする。

パタゴニアの開拓時代、大牧場(エスタンシア)の牧童(ガウチョ)の食事は朝・昼・晩が羊肉であった。

今もガウチョの食卓のメインは羊のままだ。

パタゴニアの草原とガウチョが生み出した偉大な食事が、子羊のアサードだ。

カラファテやチャルテン、付近の牧場エスタンシアで食べることができる
2.jpg

パタゴニア関連ページ

3.jpg

パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」

アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」

関連記事

  1. マルコーニ峠を目指して、氷河を登る

    2015.05.17
  2. サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)

    2016.05.28
  3. 3/18「フィッツロイ山群トレッキング 9日間」のお知らせ

    2016.10.12
  4. 【アルゼンチン・パタゴニア】クリスティーナ牧場で、急速に後退するウプサラ氷河を望…

    2012.09.14
  5. パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密

    2015.09.11
  6. チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①

    2014.12.23
パタゴニア
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP