Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」

1.jpg
パタゴニアで最も食べるべき食事といえば、子羊の丸焼き・アサード(パリーシャ)だ。

何時間もかけてたっぷりと炙り焼きした羊肉は、無駄な油も落ちて絶品なのだ。
アルゼンチン人の肉への情熱の成果として、その洗練されてシンプルな焼肉の腕前は、世界一だ。

パタゴニアに自生するコイロンという草を食べて育った“パタゴニアの羊”は、世界一美味しい羊だと思っている。

羊独特の臭いもなく、日本では羊が食べれない人でも、喜んで食べたりする。

パタゴニアの開拓時代、大牧場(エスタンシア)の牧童(ガウチョ)の食事は朝・昼・晩が羊肉であった。

今もガウチョの食卓のメインは羊のままだ。

パタゴニアの草原とガウチョが生み出した偉大な食事が、子羊のアサードだ。

カラファテやチャルテン、付近の牧場エスタンシアで食べることができる
2.jpg

パタゴニア関連ページ

3.jpg

関連ページ

アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」... アルゼンチン名物アサードとは アルゼンチンの焼肉料理である「アサード」。アルゼンチン人の肉への情熱は熱く、特に牛肉と羊肉の焼肉は驚くほど美味しい。 日本の焼肉とは根本的に違い、粗塩だけで豪快だが、とても繊細な味付けで、アルゼンチンのアサードはまさしく絶品だ。 「アサード」は、社交の場と...
アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」... アルゼンチン名物:煮込み料理「ギソ」とは 真夏でも陽が陰れば凍えるほどに寒いパタゴニアでは、アルゼンチンの家庭料理「ギソ」をどうしても食べたくなる日がある。 「ギソ」は、スペイン料理を起源とするシチューのような煮込み料理です。 お店によって味は全く異なるので、地元の人の意見を聞いてギソ...
アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード... アサードの味付けは、岩塩とレモンを振りかけるシンプルな味付けが基本だ。 “チミチューリ”と呼ばれる各家庭により異なるタレに浸して食べるのも美味しい。塩・オリーブオイル・酢をメインに香辛料を加えた、アルゼンチン発祥のソースだ。 ガウチョの伝統料理はシンプルなものだが、パタゴニアの大草原で焼かれ...
パタゴニア:プンタアレナスで食べる絶品、パタゴニアの羊... 世界で一番美味しいとも言える、パタゴニアの羊は、アルゼンチン流のBBQ“アサード(パリーシャ)”で食べたいところです。 アルゼンチンの食の代名詞ともいえる“羊のアサード(パリーシャ)”が、最近ではチリ側でも食べられるようになりました。 密かに確実に、パタゴニアの羊は注目されているので...
世界一美味しい羊肉:パタゴニアの「アサード」とアルゼンチン料理... 羊の国「パタゴニア」 アルゼンチン・チリ両国に広がるパタゴニアの大草原には、人よりも多くの羊がいます。 わずか百数十年で激増した羊は、パタゴニアに生えるコイロン草を好物とします。そして良質な羊毛を産出することから、20世紀初頭に牧羊が爆発的に発展しました。 このコイロン草を食べる羊は、...
南米の伝統料理:エンパナーダ(ミートパイ)... スペイン伝来の伝統料理:エンパナーダ スペイン伝来の「エンパナーダ」は、南米各国で愛されているミートパイです。屋台でも買えるし、一流レストランでは前菜で出されたりと、南米ではなくてはならない存在でしょう。 このパイは屋台などの安いものは油で揚げているので、胃にもたれることがあります。やは...

パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」

アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)

    2017.01.19
  2. パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」

    2015.09.24
  3. フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン

    2015.02.19
  4. 2011パタゴニア旅行 ⑧フィッツロイ(その二!)

    2012.02.26
  5. パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓

    2017.06.23
  6. パイネ国立公園の夕景: YOUR SHOT<ナショジオ選出の1枚>

    2017.04.26
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP