Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」

1.jpg
フィッツロイ山麓のチャルテン村のいる時に、必ず食べに行くのが、アルゼンチン家庭料理の「ギソ」だ。
アルゼンチン風のシチューと考えて良いだろう。

チャルテン村のは、僕の行きつけのレストランで食べるのは、「子羊のシチュー」と決まっている。。

前菜には、レンズマメのサラダが出る。これだけでも美味しくボリュームがあるのだが、本体のシチューの量には圧倒される。
シチューの中には、山のように羊肉が入っている。

パタゴニアの羊は世界で一番美味しい。その羊肉が山のように入っているので、まさに夢のようなシチューなのだ。

ギソには、その他に、モツ煮のギソ、ベジタリアン向けのレンズマメのギソがある。
2.jpg
4.jpg
子羊のギソ
5.jpg
モツ煮のギソ
3.jpg
レンズマメのギソ

パタゴニア関連ページ

関連ページ

パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬... 人口よりも羊が多い:羊の国「パタゴニア」 日本の2倍の面積にわたり広がるパタゴニアの草原は人口よりも羊の方が多い、まさに“羊の国”だ。 数十キロの移動の果てに、ガソリンスタンドさえなく、数軒だけの牧場の建物を前に途方に暮れてしまうことは、パタゴニアではいたって普通のことだ。 その「地の...
草原を駆ける牧童・ガウチョの精神 アルゼンチン文化の根底にあるのは、大草原の牧童・ガウチョの精神だ。 馬術に長けるだけではなく、精神性も尊敬されることで、日本でいえば武士のように誇り高い存在なのだ。 かつてアルゼンチンの開拓史で活躍したガウチョは、言葉にもなっている。 「彼はガウチョだ」という時には、そこには賞賛や尊敬の念...
パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き... パタゴニアの名物料理アサードとは パタゴニアの名物料理といえば、羊の丸焼き「パリーシャ(アサード)」が代表料理です。 野趣あふれる豪快な味付けや見かけとは裏腹に、繊細・端麗な味わいに、近年では欧米人から非常に人気があります。 日本では「羊=マトン」として、臭いが気になるようですが、...
パタゴニアの牧童ガウチョの騎馬祭:ヒネテアーダ... 2月上旬のパタゴニアでは、太陽は22:00頃過ぎにやっと沈み、しっかりと暗くなるのは0時を過ぎてからです。 短い夏を惜しむかのように、各地でお祭りが開催されます。 カラファテで見学したお祭りは、ヒネティアーダというガウチョの騎馬祭です。騎手はポンチョや民族衣装に身を包み、お祭りの競技では女の...
北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③... 名前の通り、デンマーク系の移民が立ち上げたヘルシンガー牧場は、景観がどことなく北欧に似ている。それは、宿舎の立地の選び方や防風林の植え方、家具や調度品から、滲み出ているからだと思う。 全体的に落ち着いたヘルシンガー牧場では、盛大に羊の丸焼き(アサード)を振る舞うことはないようだが、食事は上品で...
パタゴニアの遊牧民「ガウチョ」の祭りにて... パタゴニアの草原を闊歩する「ガウチョ」 パタゴニアの草原を闊歩する牧童「ガウチョ」にとって、大空と草原はきっと世界そのものだ。 360度の地平線に覆いかぶさるような「空」は、天蓋というべき存在感だ。パタゴニアでは常に空の大きさを感じるほどに、あまりにも大きく、その大きさに耐えられない圧迫...

パタゴニア・パイネ国立公園の野鳥:渓流を泳ぐカモ

パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア旅行の締めくくりは、ブエノスアイレスで

    2014.07.07
  2. 「キャンプ用マテ茶セット」の実用性

    2012.04.13
  3. 南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」

    2015.09.22
  4. 新写真集「パタゴニア」発刊のお知らせ:6月の販売開始

    2019.05.14
  5. パタゴニアの名峰フィッツロイ:幻想的な朝日や夕日を見るために

    2017.11.15
  6. パタゴニア氷原を取り巻く、この世あらざる景色

    2015.05.07
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP