Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」

1.jpg
フィッツロイ山麓のチャルテン村のいる時に、必ず食べに行くのが、アルゼンチン家庭料理の「ギソ」だ。
アルゼンチン風のシチューと考えて良いだろう。

チャルテン村のは、僕の行きつけのレストランで食べるのは、「子羊のシチュー」と決まっている。。

前菜には、レンズマメのサラダが出る。これだけでも美味しくボリュームがあるのだが、本体のシチューの量には圧倒される。
シチューの中には、山のように羊肉が入っている。

パタゴニアの羊は世界で一番美味しい。その羊肉が山のように入っているので、まさに夢のようなシチューなのだ。

ギソには、その他に、モツ煮のギソ、ベジタリアン向けのレンズマメのギソがある。
2.jpg
4.jpg
子羊のギソ
5.jpg
モツ煮のギソ
3.jpg
レンズマメのギソ

パタゴニア関連ページ

関連ページ

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰... クリスティーナ牧場から北へ約25キロ歩くと、ビエドマ湖へ抜けるルートがある。 ノルテ峰の直下を右に、深い谷の中を歩く。 南側はクリスティーナ牧場、北側はヘルシンガー牧場の私有地だ。特別な許可が無ければ入域できないので、パタゴニアでもほとんど知られていない。それだけトレイルの状況も悪く、体力も...
パタゴニアの美食「羊」:アルゼンチン伝統料理アサード... パタゴニア特産の羊 パタゴニアでは針峰群と氷河、草原しかイメージされませんが、実は「食」でも世界で唯一の素材を持っています。 それは「羊の焼肉(アサード)」です。グルメを自負する何人ものお客をご案内して、必ず絶賛する「美食」です。 アルゼンチンの食文化が「肉」に特化していることも大きく...
パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬... 人口よりも羊が多い:羊の国「パタゴニア」 日本の2倍の面積にわたり広がるパタゴニアの草原は人口よりも羊の方が多い、まさに“羊の国”だ。 数十キロの移動の果てに、ガソリンスタンドさえなく、数軒だけの牧場の建物を前に途方に暮れてしまうことは、パタゴニアではいたって普通のことだ。 その「地の...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美... ウプサラ氷河を目指し、アルゼンチン湖の北西端“ノルテ水道”を北上する。 湖の両幅が狭くなるころから、多くの氷塊が現れる。 氷塊の美しい青に魅入ってしまう。 氷塊の元は、ウプサラ氷河だ。 この100年ほどで加速度的に後退していることで有名だ。 映画「不都合な真実」では、温暖化の象徴として...
アルゼンチンの国民的なスイーツ:ドゥルセ・デ・レチェ... アルゼンチンの「ドゥルセ・デ・レチェ」 ドゥルセ・デ・レチェは、アルゼンチンやウルグアイで愛される国民的な加工食品です。 砂糖を入れた牛乳を煮詰めたキャラメル・ジャムで、使い方は様々です。 一番ポピュラーな食べ方は、朝食でパンに乗せて食べるシンプルな方法です。大きな瓶詰で売っているので...
パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ... アルゼンチン開拓が進み、各地が有刺鉄線で区切られて大牧場(エスタンシア)が建設されていった。 その過程の中で、自由に草原を闊歩していた誇り高いガウチョは姿を消していく。 ガウチョの姿を今に残す牧童も、牧場の雇われ牧童として“ペオン”と呼ばれることになる。 春から夏にかけて、パタゴニア各地で...

パタゴニア・パイネ国立公園の野鳥:渓流を泳ぐカモ

パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」

関連記事

  1. パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓

    2017.06.23
  2. アルゼンチン・パタゴニアの牧童「ガウチョ」の騎馬祭

    2017.04.25
  3. 《エクスペディション》パタゴニア南部氷原①

    2014.09.02
  4. 【パタゴニア】旅する気分を感じるために

    2013.02.21
  5. 初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて

    2017.08.16
  6. 【パタゴニア・トレッキング】パタゴニア大陸氷床を歩く

    2013.01.19
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP