Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアのプロテア:真紅の花「ノトロ」

1.jpg
2.jpg
氷河が後退して最初に生えてくる植物の一つが、ノトロだ。
南極ブナさえも生育できない荒れた土地で育つ、とても強い植物なのだ。
ノトロは、春から夏にかけて、真紅の花を咲かせる。
ヤマガモシ科のノトロは、南アフリカのプロテアと同じ種類だ。
起源は、古代のゴンドワナ超大陸の時代に遡り、プロテアと同じくする。
パタゴニアの春を象徴するような花だ。
*Notro (Ciruelillo): Embothrium coccineum
3.jpg
4.jpg

パタゴニアで最も愛される木の実:カラファテ

クッションような灌木が花で覆われる:マタ

関連記事

  1. 2018年ブログ人気記事セレクト

    2018.12.29
  2. パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる

    2014.01.12
  3. 南米各国で異なるスペイン語:アルゼンチンの訛り

    2019.03.18
  4. 森の隙間に群落を成す:春の花・アネモネ

    2015.08.26
  5. 青い氷穴・アイスケーブを探して-ビエドマ氷河ハイキング(エルチャルテン村)

    2018.03.21
  6. パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日

    2016.03.29
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP