Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・フィッツロイ峰の歴史:先住民テウェルチェ族

フィッツロイは、「煙を吐く山」チャルテンと呼ばれていた

パタゴニアを代表する名峰フィッツロイは、別名「チャルテン」と呼ばれます。

かつてパタゴニアの大草原を闊歩したテウェルチェ族は、この山を「煙を吐く山=チャルテン」と呼んでいたからです。

山名に人の名前を付けていた時代は終わり、古くからの呼称を再び尊重する流れが世界的に広がっています。

「煙を吐く山」という呼び名は、フィッツロイを見れば納得ができるでしょう。
広大なパタゴニア氷原から来る湿った空気が、フィッツロイ背後のチムニー状の大岩壁にぶつかり上昇することで、まるで火山が煙を吐いているかのように雲が湧いています。
100年ほど前までは開拓民も活火山と考えていたほどです。

人類の壮大なグレートジャーニーの終着点、パタゴニア

パタゴニアは、長大なアンデス山脈が海に沈み込む南端部に位置する「南米の尻尾」のように見える南の果てです。

アフリカから始まり、ユーラシア大陸、そして北米から南米へという、人類の壮大な旅の終着点としても、やはりパタゴニアは「地の果て」でした。

今では、先住民達がどのようにこのフィッツロイを眺めていたのか、その視点を知る由もありませんが、きっと畏敬の念で眺めていたでしょう。
フィッツロイに感じる畏れにも似た強烈な印象は、とても「原初的」なものだと思うからです。

フィッツロイ峰(3405m)を始め、パイネ山群も標高3000m前後と低くなりますが、独特な花崗岩の岸壁が織りなす「岩と氷」の山容は、南米随一の山岳展望を誇るペルー・ブランカ山群に並ぶ迫力です。

一度見ると憑りつかれてしまうほどの強烈な魅力を持つのが、パタゴニアの名峰フィッツロイです。

関連ページ

《山岳写真》ボリビアの首都ラパス:霊峰イリマニ

パタゴニアの名峰セロ・トーレの静寂と暴風:フィッツロイ山群

関連記事

  1. “朝日に燃える”パタゴニアの名峰フィッツロイ撮影

    2020.02.15
  2. アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行

    2017.07.15
  3. パタゴニア:秋のウエムル氷河と森

    2015.06.05
  4. クリスティーナ牧場⑤広大な敷地で贅沢な滞在

    2015.10.29
  5. パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日

    2015.05.09
  6. アルゼンチンの国民的なスイーツ:ドゥルセ・デ・レチェ

    2017.11.24
パタゴニア
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP
error: Content is protected !!