Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地


“嵐の大地”と呼ばれるパタゴニアで、雲一つ無い夜空に、満天の星を望めたなら、それはとても幸運なことでしょう。

フィッツロイ峰は、先住民テウエルチェ族に“チャルテン=煙を吐く山”と呼ばれるほどに、雲はまるで噴煙であるかのように、山頂部に張り付くと離れない山であるからです。

秋のある日、月没後2時間ほどかけて、夜の闇はどんどん深くなり、星の数も増して行きました。
南半球の天の川は、星が密集して、まさに“天上の星の川”です。

インカ以前のプレ・インカ時代から、アンデスの先住民諸族は、天の川の黒い染みの部分(中州)の形に、リャマやヘビなどの名前を付けていました。

誰もいないベースキャンプの河原は、フィッツロイ峰と星空を望む、劇場の特等席です。
食堂テントからパイプ椅子を持ち出し、パタゴニアの秋の寒さに凍えながら、じっくりと星空撮影を楽しみました。

パタゴニア:フィッツロイ峰の星の軌跡を撮影

紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓

関連記事

  1. アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」

    2017.07.20
  2. パタゴニアの風の造形:レンズ雲と斜めの木

    2019.05.08
  3. パタゴニアの大草原で過ごす「牧場ホテル」エスタンシア滞在

    2017.08.22
  4. パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)

    2017.01.19
  5. トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

    2017.04.13
  6. 日本人が貢献した「チリ・サーモン」の歴史③

    2014.12.30
パタゴニア
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP