Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:フィッツロイBCの快適なキャンプ生活


フィッツロイBCのある森は、パタゴニア独特の猛烈な風からも守られている貴重な場所です。

一般トレッカーの立ち入りできない特別な場所に設置されているので、プライベートキャンプとして、目の前のフィッツロイの展望を独占できるのは大変な魅力です。

雲で山頂が隠れてしまい、なかなか姿を現さない“待ち”の状態の時には、ドーム型で大きな窓付きの食堂テントで、天候回復を待つことができます。
最近は、太陽光発電で、テント内に電気も付くようになりました。

そして、今シーズン(2015/2016)から、なんと待望の簡易トイレも設置されました。
昨年まではベニヤ板の手作りでしたが、厚い希望に答えて導入されたものです。

キャンプの管理人は、常駐で1週間交代で詰めています。
寝袋とマットも倉庫に保管されているので、キャンプに到着する頃には、既にスタッフがテントを張っています。

管理人はアルゼンチンの家庭料理を作ってくれることもあり、“食”も楽しめるのがフィッツロイBCの魅力です。


関連ページ

紅葉とフィッツロイを撮影する(パタゴニア)... 4月上旬から中旬にかけて、パタゴニアは南極ブナの紅葉の季節を迎える。 日に日に気温は下がり、雪もたびたび降るようになる。 降雪を繰り返すたびに、南極ブナも一段と紅くなっていく。 日本の紅葉と違い、南極ブナの紅葉はもっと時間をかけてじわじわ紅くなる。 夏に比べて寒さは厳しくな...
パタゴニア・フィッツロイ山麓:秋は秋らしく静かに暮らす... 紅葉のピークは、すぐに過ぎてしまう。 最も赤く黄色く染まる時期に、その場所にいれる事は、なんという幸運なことでしょうか。 たとえば、それが極北アラスカであれば、ブルーベリーやクサモミジの茂るツンドラが真っ赤に染まるのはほんの1,2日でしょう。そのピークを過ぎてしまうと色はくすみ、冬が始まる。...
パタゴニア原生林のコンドル・ロッジとカヤック・ツアー(フィッツロイ)... 原生林のコンドル・ロッジ宿泊 パタゴニアの名峰フィッツロイ山麓エル・チャルテン村から車で約40分ほど、南極ブナの原生林にあるコンドル・ロッジは、パタゴニアの原始の自然を堪能するには最適な場所です。 わずか10人ほどが宿泊できるコンドル・ロッジの周囲には、半径5キロほどは無人です。美しいコ...
紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓... 4月中旬、フィッツロイ山麓の南極ブナの森は、真っ赤に色づきました。 パタゴニアで紅葉するのは、南極ブナの森です。 フィッツロイ山麓は、南極ブナに覆われているため、この森が秋には真っ赤になるのです。 南極ブナの森は、3月下旬から一ヶ月近くかけて、少しづつ赤くなっていきます。 そ...
ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-... ビエドマ氷河の氷穴にて。 アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓チャルテン村から、車と船を乗り継ぎ、約1時間半ほどで、氷河末端部にアプローチできます。 氷河末端部は、高さ50m・幅2.5kmの巨大な氷壁です。 パタゴニアで最も後退の速度が早い氷河で、上陸地点もこの数十年で氷河の...
パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石 「迷子石」とは、氷河によって運ばれた石が、氷河の後退によりその場に残された石のことだ。 “取り残された”という佇まいであることから、迷子石と呼ばれる。 石の組成を調べることで、氷河がどのように分布したのかを知ることができる。 パタゴニアは、かつて巨大な氷河に覆われていた。 アルゼンチン湖...

パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ

パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間

    2018.03.23
  2. 山岳写真撮影:ペオエ湖畔でパイネ山群を定点観測

    2015.03.25
  3. 地平線まで白い大氷原に辿り着く

    2015.05.24
  4. 「パタゴニア・フィッツロイ峰の夕景」国際写真コンテスト入賞

    2017.10.30
  5. 映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量

    2018.03.28
  6. フィッツロイ峰の山頂が姿を現す一瞬:パタゴニア

    2015.06.17
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP