Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:フィッツロイBCの快適なキャンプ生活


フィッツロイBCのある森は、パタゴニア独特の猛烈な風からも守られている貴重な場所です。

一般トレッカーの立ち入りできない特別な場所に設置されているので、プライベートキャンプとして、目の前のフィッツロイの展望を独占できるのは大変な魅力です。

雲で山頂が隠れてしまい、なかなか姿を現さない“待ち”の状態の時には、ドーム型で大きな窓付きの食堂テントで、天候回復を待つことができます。
最近は、太陽光発電で、テント内に電気も付くようになりました。

そして、今シーズン(2015/2016)から、なんと待望の簡易トイレも設置されました。
昨年まではベニヤ板の手作りでしたが、厚い希望に答えて導入されたものです。

キャンプの管理人は、常駐で1週間交代で詰めています。
寝袋とマットも倉庫に保管されているので、キャンプに到着する頃には、既にスタッフがテントを張っています。

管理人はアルゼンチンの家庭料理を作ってくれることもあり、“食”も楽しめるのがフィッツロイBCの魅力です。


関連ページ

パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設... 牧羊ブームで始まる「パタゴニア開拓史」 たった100年前のパタゴニアは、未開の土地として忘れられたフロンティアであった。 この頃はヨーロッパからの移民が大量にブエノスアイレスに住み着き、今のブエノスアイレスの原型を作り上げた時期だ。 当時のパタゴニアは生産的な価値の無い場所として放...
秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア... パタゴニアの秋は、降雪とともに一段と冬に近づいて行く その歩みは遅く、日に日に寒さも厳しくなっていく そんな秋のフィッツロイの良さは、雪化粧したフィッツロイと紅葉の景色だろう 未明に降る雪が一面に積もっていることもあるが、この季節の雪は陽が差すと融けて行く まだまだ積極的に歩ける季節...
劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン... チャルテンの北へ約30キロ、デシエルト湖へ移動すると、気候は湿度を増し森の様相も変わります。チャルテン周辺では、サルオガセが着生していますが、この周辺の木には、分厚い絨毯のようなコケが着生しています。大西洋からの湿度が流れ込みやすい地形で、気候はチリ・パタゴニア的と言えるでしょう。 デシエルト...
パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ... チャルテンから少し標高を上げて、フィッツロイ山麓の方へ歩くと、さらに紅葉は増していきます。遠くの斜面の林は南極ブナの原生林でうっすらと秋の色に変わってきているのが分かります。 紅葉は、古木や倒木などで先に始まるようです。生命力が枯れていくことから葉の紅葉が普通の木よりも早まるのでしょう。 ...
フィッツロイ峰を展望する展望の丘:チャルテン村... 3月末のチャルテンは、徐々にゆっくりと紅葉して行く 少し標高を上げると、南極ブナの樹林帯は、真っ赤になっていた 夜が明ける時間も、夏に比べるとだいぶ遅く、夜間の冷えもかなり厳しくなってきた ...
【今日の写真】パタゴニアの“逆さフィッツロイ”... “逆さフィッツロイ”の良いポイントをトレス湖以外に見つけたのは、今年の嬉しい収穫。 もっと広く“逆さフィッツロイ”を撮れる場所もあるようだが、国立公園の特別な許可が必要らしい...

パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ

パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け

関連記事

  1. パタゴニア南部氷原:衛星で発見された新火山とシプトン探検

    2018.11.09
  2. 早春のパタゴニアの花・岩場に咲くユキノシタ

    2015.08.31
  3. 世界一美味しい羊肉:パタゴニアの「アサード」とアルゼンチン料理

    2018.03.31
  4. マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原

    2015.05.16
  5. 【動画】パタゴニア・パイネ国立公園 縦走トレッキング

    2018.05.06
  6. パタゴニアに生息する幻の鹿:ウエムル

    2015.03.12
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP