Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニア:フィッツロイBCの快適なキャンプ生活


フィッツロイBCのある森は、パタゴニア独特の猛烈な風からも守られている貴重な場所です。

一般トレッカーの立ち入りできない特別な場所に設置されているので、プライベートキャンプとして、目の前のフィッツロイの展望を独占できるのは大変な魅力です。

雲で山頂が隠れてしまい、なかなか姿を現さない“待ち”の状態の時には、ドーム型で大きな窓付きの食堂テントで、天候回復を待つことができます。
最近は、太陽光発電で、テント内に電気も付くようになりました。

そして、今シーズン(2015/2016)から、なんと待望の簡易トイレも設置されました。
昨年まではベニヤ板の手作りでしたが、厚い希望に答えて導入されたものです。

キャンプの管理人は、常駐で1週間交代で詰めています。
寝袋とマットも倉庫に保管されているので、キャンプに到着する頃には、既にスタッフがテントを張っています。

管理人はアルゼンチンの家庭料理を作ってくれることもあり、“食”も楽しめるのがフィッツロイBCの魅力です。


パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ

パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け

関連記事

  1. パタゴニアの巨大な氷河湖の緑色を反射する雲

    2015.03.03
  2. パタゴニアの風が創る空の絶景:レンズ雲

    2020.06.16
  3. 映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは

    2017.08.31
  4. いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓

    2014.04.17
  5. 嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア

    2015.06.07
  6. パタゴニアの暴風と静かなエスタンシア(牧場)滞在

    2014.02.25
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP