Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント


パタゴニアの名峰・フィッツロイほど、人の心に焼き付くような山は、世界にもそう多くはないでしょう。

フィッツロイ峰が見せてくれる展望は、基点の町カラファテを出てすぐに始まります。
遠く地平線の彼方にフィッツロイが現れると、約3時間ほどの移動ではチラチラと視界に出たり入ったりしながら、徐々に大きくなっていきます。

強烈な引力のような魅力を持つ山なので、一度目に入ると、車窓からのフィッツロイの展望に目を離せなくなるものです。

山麓のチャルテン村に近づくと、道路は長い直線となり、いよいよフィッツロイの迫力も増していきます。

直線の彼方に、屏風のように林立するフィッツロイ山群の全景は、フィッツロイの「遠望」では元も美しい瞬間の一つです。

トレッキングで山を歩き間近で望むフィッツロイとは、趣の異なる絶景です。

関連ページ

パタゴニア・フィッツロイ山麓:秋は秋らしく静かに暮らす... 紅葉のピークは、すぐに過ぎてしまう。 最も赤く黄色く染まる時期に、その場所にいれる事は、なんという幸運なことでしょうか。 たとえば、それが極北アラスカであれば、ブルーベリーやクサモミジの茂るツンドラが真っ赤に染まるのはほんの1,2日でしょう。そのピークを過ぎてしまうと色はくすみ、冬が始まる。...
探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」... エリック・シプトンの伝記「嵐の大地」は、1958年から1962年にかけて行われた数度にわたるパタゴニア探検の記録だ。 当時、ビエドマ氷河の源流に、“ビエドマ火山”があると噂されていた。その火山があるとされる場所は割りと簡単に特定されていたが、誰も到達していなかった。その火山の真偽を確かめる...
パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影... パイネ国立公園で最も展望の良い場所の一つは、ペオエ湖畔のオステリア・ペオエです。 パイネ山群の全景を、宿から見ることができるという抜群の立地条件は、朝・夕焼け・星空などパイネ山群の様々な表情を写真に収めたいのであれば、この宿が一番でしょう。 もちろん大変人気のある宿ですので、半年~1年ほ...
《エクスペディション》パタゴニア南部氷原①... グリーンランドに次ぐ規模の巨大な氷、パタゴニア南部氷原(大陸氷床)をテント泊で歩き、フィッツロイ・セロトーレ山群を一周する夢のようなトレッキング・ルートがあります。 アルゼンチン・パタゴニアの基点チャルテン村から、約1週間かけて、フィッツロイの裏側にそびえる厚い大陸氷床に上がり、氷河の源、そし...
パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ... 秋のパタゴニアは、夜明けの時間もだいぶ遅くなっています。陽が出て明るくなるのは、8時をゆうに過ぎる時間です。 朝の3時頃、チャルテン村を出てトレス湖を目指します。 暗闇で、景色はもちろん見えないので、ひたすら考え事をしながら、ときどき星空を見上げたり 未明の寒さは厳しく、前日に降った雪が全...
秋から冬へ:紅葉のフィッツロイ山麓(パタゴニア)... 雪が降るたびに、秋は一段と深まる 晩秋のパタゴニアに降る雪は、まだまだ根雪にはならず、積もっていた雪も日差しが当たるとみるみる内に融けて行く。朝晩の冷えも確実に厳しくなっていく。 降雪の繰り返しの中で、南極ブナの紅葉はより進み、ゆるやかに冬に向かっていく ...

湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア

パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント

関連記事

  1. 広大なパイネ国立公園で、効率的に撮影対象を廻るには

    2015.03.24
  2. パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード

    2018.08.31
  3. 2011パタゴニア旅行 ③カラファテ

    2012.01.22
  4. パタゴニア開拓史:ピオ11氷河の前進と牧場の水没②

    2014.03.12
  5. パタゴニア・マルガリータの花畑:パイネ国立公園のワイルドフラワー

    2015.09.05
  6. パタゴニアの巨大な氷河湖の緑色を反射する雲

    2015.03.03
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP