Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント


パタゴニアの名峰・フィッツロイほど、人の心に焼き付くような山は、世界にもそう多くはないでしょう。

フィッツロイ峰が見せてくれる展望は、基点の町カラファテを出てすぐに始まります。
遠く地平線の彼方にフィッツロイが現れると、約3時間ほどの移動ではチラチラと視界に出たり入ったりしながら、徐々に大きくなっていきます。

強烈な引力のような魅力を持つ山なので、一度目に入ると、車窓からのフィッツロイの展望に目を離せなくなるものです。

山麓のチャルテン村に近づくと、道路は長い直線となり、いよいよフィッツロイの迫力も増していきます。

直線の彼方に、屏風のように林立するフィッツロイ山群の全景は、フィッツロイの「遠望」では元も美しい瞬間の一つです。

トレッキングで山を歩き間近で望むフィッツロイとは、趣の異なる絶景です。

関連ページ

静けさに包まれる、秋のフィッツロイ山麓と紅葉②... 秋のフィッツロイ山麓は、とても静かだ。 風の音だけを聞きながら、フィッツロイを望めたなら、この上ない幸せだ。 紅葉の主役である南極ブナは、環境に応じて姿を変える。 ハイマツのように背の低いのもあれば、森を形成する大木もある。 ...
パタゴニア・パイネ国立公園: 黎明の静寂を撮影... 暴風のパタゴニアに訪れる静寂 暴風が吹き荒れるパタゴニアでも、時には、耳が痛くなるような“静寂”が訪れる時間があります。 パイネ国立公園のペオエ湖畔でその静寂を迎えることができたなら、それはかなり幸運なことでしょう。 夜明け前のひととき、黎明の時間帯に、そんな幸運が訪れることがあり...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...
オーロラのような幻想的な雲:パタゴニア・フィッツロイ峰の夕日... パタゴニア・フィッツロイ峰に舞うオーロラのような雲 南極がもたらす暴風は、パタゴニアのフィッツロイ山麓に幻想的な「雲」という魅力を授けました。 高度の高い高積雲はレンズ雲として、高度の低い雲はフィッツロイ山群を取り囲む雲海として、どちらもうねるように、パタゴニアの上空に浮遊します。 か...
アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」... アルゼンチン名物:煮込み料理「ギソ」とは 真夏でも陽が陰れば凍えるほどに寒いパタゴニアでは、アルゼンチンの家庭料理「ギソ」をどうしても食べたくなる日がある。 「ギソ」は、スペイン料理を起源とするシチューのような煮込み料理です。 お店によって味は全く異なるので、地元の人の意見を聞いてギソ...
初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて... フィッツロイ山麓のエルチャルテン:巡り替わる季節 季節を五感で感じることができるのは、人間ならではの微細な感性ではないだろうか。 それとも、それは太古の時代から生き残る命に宿る本能的な野性なのか ある日、ある瞬間、来る季節の到来を明確に感じることがある。 それはとてもふと瞬間に唐...

湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア

パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. マルコーニ氷河の末端部から、パタゴニア氷原へ登る

    2015.05.13
  2. 秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①

    2015.08.17
  3. アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード

    2015.10.01
  4. 探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」

    2015.05.11
  5. パタゴニアの氷河の源で起こる異変

    2015.05.10
  6. パタゴニア・パイネ国立公園の野鳥:渓流を泳ぐカモ

    2015.09.23
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP