Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント


パタゴニアの名峰・フィッツロイほど、人の心に焼き付くような山は、世界にもそう多くはないでしょう。

フィッツロイ峰が見せてくれる展望は、基点の町カラファテを出てすぐに始まります。
遠く地平線の彼方にフィッツロイが現れると、約3時間ほどの移動ではチラチラと視界に出たり入ったりしながら、徐々に大きくなっていきます。

強烈な引力のような魅力を持つ山なので、一度目に入ると、車窓からのフィッツロイの展望に目を離せなくなるものです。

山麓のチャルテン村に近づくと、道路は長い直線となり、いよいよフィッツロイの迫力も増していきます。

直線の彼方に、屏風のように林立するフィッツロイ山群の全景は、フィッツロイの「遠望」では元も美しい瞬間の一つです。

トレッキングで山を歩き間近で望むフィッツロイとは、趣の異なる絶景です。

関連ページ

オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲:朝日・夕日... オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲 世界がこの世ならぬ幻想的な表情を見せてくれるのは、朝日の黎明と夕日の黄昏の瞬間ではないだろうか。 パタゴニアでは、独特な暴風が作り出す雲が、ときにオーロラのように空を演出してくれる。それはあまりにも幻想的で、言葉を失うほどに「この世ならぬ」という形...
3/19~3/28:パタゴニア・トレッキング 10日間... 【ひとたびxアンディーナトラベル=コラボ企画】 「パタゴニア フィッツロイ展望トレッキング&ペリトモレノ氷河 10日間」(3/19~3/28) パタゴニアの秋の初め、3/19出発10日間で「フィッツロイ展望トレッキング」ツアーを企画しています。10日間という短期間ながら、フィッツロイ展望のた...
【パタゴニア】パイネ国立公園で迎える、幻想的な日没... パタゴニアの2大山群といえば、アルゼンチン・フィッツロイ山群とチリ・パイネ山群です。 南部パタゴニアの南北およそ300キロほどの地域に、パタゴニアを代表する景観が奇跡的に凝縮されています。 パイネ国立公園のペオエ湖畔で迎える朝と夕方は、“天候”という天による絶妙な匙加減により、幻想的...
大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④... 果てしない雪原を歩く 雲が湧きはじめると、上空の激しい気流のため雲の動きも早く、すぐに天候も変わります。 高度の高い雲の動きは止まっているように見えますが、上空では激しい風に流されてレンズ雲となっています。 パタゴニア独特の雲といえるでしょう。 快晴の下、雪原の上にいながら暑ささえ感じて...
姿形を変えて厳しい気候に適応する南極ブナ:秋のパタゴニア... トレス湖への斜面では、南極ブナ・レンガの適応能力を分かりやすく目にする事ができます。標高約700mから標高約1,100mまで上がるにつれて、南極ブナの背も低くなっていきます。標高が上がるにつれて、気温だけではなく、風も強くなることで、植物にとっての生育環境も厳しくなります。 この環境の変化に応...
いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓... 数日に一回降る雪の中で、少しずつ赤さを増して行くフィッツロイの山麓。 この季節は、チャルテン村で雨が降っている場合には、山麓では雪が降っている場合が多いです。 根雪になるほどではなく、日が出ればドンドンと融けて行きます。 唐突な振り方も見事ですが、日が出てからの融け具合もなかなか見事です。...

湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア

パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント

パタゴニア

関連記事

  1. パンゲア大陸に遡るパタゴニアの樹木「南極ブナ」の歴史

    2015.09.15
  2. パタゴニアの風の造形:レンズ雲と斜めの木

    2019.05.08
  3. チャルテンからさらに北へ:パタゴニアのサンマルティン湖

    2016.05.27
  4. フィッツロイ直下のトレス湖で迎える神聖な日の出

    2014.04.29
  5. セロトーレ直下の氷上キャンプ:パタゴニア南部氷原⑤

    2014.09.25
  6. 氷河の成り立ちを辿る壮大なトレッキング:パタゴニア氷原

    2015.05.25
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP