Loading

PHOTO-BLOG

湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア


フィッツロイ山特の南極ブナが紅葉に染まる秋は、南半球のパタゴニアでは4月にあたります。

気温も徐々に下がり始め、朝晩の冷え込みも一層厳しくなってきます。
雪やみぞれが降るたびに、紅葉の色づきも増していきます。

そんな秋、快晴・無風という、パタゴニアでは珍しい好天の日に、山麓の湖沼も鏡のようになっていました。

関連ページ

秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹... 南極ブナの森を歩く。 秋、風の強いある日。 誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。 耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、...
フィッツロイ山麓の清冽な水を飲む 夕方の風は、骨身に染みるように冷たい パタゴニア大陸氷床で、セロトーレ直下からの風を楽しめる余裕があるのは一つの幸運だ 世界でも稀にみる悪天候のまさに核心部にいるからだ 氷河源流部の氷は圧縮されて硬く密度が濃い。氷河は、セロトーレから吹き飛ばされた砂利で薄く覆われているが、砂利の間にときお...
パタゴニア:秋のウエムル氷河と森 チャルテンから北へ車で約1時間半ほど行くと、アルゼンチンとチリの国境デシエルト湖に着く。 チリからの湿った空気の影響を強く受けるので、チャルテン付近に比べて、森が深く氷河が発達している。 南極ブナの木には、コケやサルオガセがびっしりと張り付き、地面はフカフカしている。 1時間も森を歩き斜面を登る...
マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 氷河沿いに登り、大陸氷床を目指す。 真夏の晴天の日差しは強く、雪解けで川の水は増水している。 氷河が頻繁に崩壊して、轟音がマルコーニ氷河の谷に轟く。 スケールの大きなパタゴニアでは谷と言えども広大で、崩壊する氷河の雪崩は大迫力だが、対岸に...
フィッツロイ北面を望むロッジ:コンドル湖畔にて③... コンドル湖からチャルテンへ “蛇行”を意味するブエルタス川に沿い、フィッツロイ北面を望めます。 車では砂利道を30分ほどで移動する距離です。 この区間は、カヌー・ツアーで約2時間ほどかけてのんびり移動できます。もちろん、天候次第、あるいは風次第では中止になることも多いです チリとの国境で...
マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) マルコニーニ氷河の上流部を眼下に見下ろす展望台が、今日の野営地だ。 大陸氷床の間近にいることを、肌でざわざわと感じる。 フィッツロイも、この角度から見ると形がかなり異なる。 強風が吹けば身を隠す場所を探すのに一苦労するだろうが、幸運にも風はまったく吹い...

ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-

パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア:フィッツロイBCの快適なキャンプ生活

    2016.04.08
  2. 《エクスペディション》パタゴニア南部氷原①

    2014.09.02
  3. パタゴニアの暴風と静かなエスタンシア(牧場)滞在

    2014.02.25
  4. パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)

    2017.01.19
  5. パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地

    2016.04.25
  6. マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原

    2015.05.16
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP