Loading

PHOTO-BLOG

湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア


フィッツロイ山特の南極ブナが紅葉に染まる秋は、南半球のパタゴニアでは4月にあたります。

気温も徐々に下がり始め、朝晩の冷え込みも一層厳しくなってきます。
雪やみぞれが降るたびに、紅葉の色づきも増していきます。

そんな秋、快晴・無風という、パタゴニアでは珍しい好天の日に、山麓の湖沼も鏡のようになっていました。

関連ページ

パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント... パタゴニアの名峰・フィッツロイほど、人の心に焼き付くような山は、世界にもそう多くはないでしょう。 フィッツロイ峰が見せてくれる展望は、基点の町カラファテを出てすぐに始まります。 遠く地平線の彼方にフィッツロイが現れると、約3時間ほどの移動ではチラチラと視界に出たり入ったりしながら、徐々に...
白夜のパタゴニア:フィッツロイ峰で望む長い夕日... 夏のパタゴニアは白夜なので夜明けと夕方はとても長いです。 その分、空の色の変化もたっぷり1時間以上かけて徐々に変化していきます。 赤道直下の熱帯アマゾンのように一瞬で燃えるように昇華する夕日とは異なりますが、目を離すことのできないほどに美しく静かに長い夕日は高緯度ならではの斜光線なの...
マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 氷河に磨き上げられた花崗岩は、登山靴でも滑ってしまうほどにツルツルになっている この硬い岩盤が削られたのは、いったい何万年前の出来事なのだろうか そして、これだけの高さまで氷河におおわれていたとしたら、かつての大陸氷床の規模はどれほどであったのか 花崗...
ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥... セロトーレを背に、再び氷原へ パタゴニア大陸氷床は、数百の氷河の源として、絶えず四方に氷を押し出しています。偏西風に乗って流されてくる大平洋の湿った空気の影響で、膨大な雪が氷床に降り、厚い一枚の氷を作りだしました。絶妙な氷の需給のバランスが、現在の大陸氷床と氷河の姿です。上空から見れば氷床は無...
パタゴニア:3種類の南極ブナ② 落葉樹「ニレ」... 南極ブナの中で、厳しい環境に応じて姿を変えることができるのが、「ニレ」だ。 常に強風が吹くような場所では、地を這うように背を低くする。 日本の山におけるハイマツのような存在だ。 レンガと違い、冷涼な厳しい場所で小さなブッシュを形成する。 風に対する耐性が強く、レンガと違い、風で倒木するこ...
パタゴニア・ペリトモレノ氷河の“氷河ダム”決壊... パタゴニア・ペリトモレノ氷河の貴重な自然現象:4年ぶりに現れた“氷河ダム”がついに決壊! ペリトモレノ氷河の前進は、今年になってからアルゼンチン湖を南北に分断して「氷河ダム」を形成していました。 面積の狭い“リコ湾”側は日に日に水位を増して行き、湖を堰き止めている氷河には膨大な圧力がかか...

ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-

パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②

    2015.08.14
  2. 「キャンプ用マテ茶セット」の実用性

    2012.04.13
  3. フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ

    2014.04.06
  4. アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行

    2017.07.15
  5. 劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>

    2015.12.16
  6. 3/19~3/28:パタゴニア・トレッキング 10日間

    2015.11.11
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP