Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの常緑樹コイウエ(ギンド):3種類の南極ブナ③

1.jpg

パタゴニアの南極ブナ:常緑のコイウエ

コイウエの木は、常緑樹だ。
そのため、葉には少し厚みがあり硬く、光沢がある。
“レンガ”や“ニレ”ほどには目立たない木だ。
育つには多くの水と光を必要とするために、南極ブナの“レンガ”の森の中で、コイウエは湿った土地を好む。
樹齢は最も古くて500~600年とも言われる。
南部パタゴニアでは、“レンガ”“ニレ”“コイウエ”の3種類の南極ブナが、環境に合わせて住み分けをして、森の大部分を形成している。
*Coihue(Guindo): Nothofagus betuloides
2.jpg

関連ページ

南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」... 南極ブナの森に生きる大型キツツキ パタゴニアのマゼラン・キツツキは、南米で一番大きなキツツキだ。 南極ブナの森だけに棲息する。 フィッツロイ山麓では、割と簡単に見つけることができる。 誰もいない森の中でじっとしていれば、コツコツと木を突く音が聞こえてくる。 木の幹に潜む虫を捕らえるため...
紅葉のパタゴニア:フィッツロイ峰の清流と、南極ブナの森トレッキング... パタゴニア・フィッツロイ山麓が紅葉に染まる秋 パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓にて、紅葉に紅く染まるブッシュは、ほとんど全てが南極ブナです。 地形に合わせて、高さ20mの森を形成したり、風の強い場所ではハイマツのように小さく育つこともできます。 氷河が溶けた水は鉱物を含み濁っているもの...
秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①... パタゴニアで最も美しい季節は、きっと秋の紅葉だと思う。 南極ブナが紅く染まる。 日本や極北の秋のように、一瞬でピークを越えるというわけではない。 パタゴニアの紅葉は、時間をかけてゆっくりと色づくのが大きな違いだ。 降雪と融雪を繰り替えす度に、秋と紅葉は一段と濃くなっていく。 ...
姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア... パタゴニアに自生する南極ブナは、その環境に合わせて姿を変える。 標高が高く風通しの良い場所では、ハイマツのように地を這い低く小さく育つ。紅葉で色づくのも、まずは背の低い南極ブナからだ。 生息環境に適した場所では、南極ブナは森を形成して20メートルほどの高さに成長する。強烈な嵐の日も、この...
パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)... 秋のパタゴニアの森には、静けさがある。 それは日本の山の秋と同じで、紅葉が進むにつれて深化する静けさなのでしょう。 氷河から吹き下りて来る風はいっそう冷たく、木の葉の散る森は風通しが良く、寒色はより強くなり、落葉する森にある独特の静けさを演出するのかもしれません。 人気がなくなり静...
フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ... チャルテンの南側の山(1,570m)の頂からは、東に大西洋まで続く乾燥したステップ草原を見渡せます。北を望めば、セロトーレやフィッツロイを始めとした岩と氷の世界、降雨量も北に行くほどに増えてチリへ至ります。 山麓は、広大な南極ブナの森に覆われています。標高400mのチャルテンはまだ紅葉していま...

パタゴニア:3種類の南極ブナ② 落葉樹「ニレ」

南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」

関連記事

  1. パタゴニア-マゼラン海峡から、プエルトナタレスへ

    2016.04.19
  2. パタゴニア・フィッツロイ山麓:秋は秋らしく静かに暮らす

    2014.11.10
  3. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて

    2015.10.24
  4. 天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原

    2015.05.23
  5. パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密

    2015.09.11
  6. パタゴニアの夏に咲く花「イエローオーキッド」

    2015.08.28
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP