Loading

風景写真家・松井章のブログ

狂おしい“地球の鼓動”⑤:パタゴニアの名峰フィッツロイの朝日と大草原


パタゴニアの朝は凍えるように寒い。星空が白み始める黎明の時間、世界がしんと静まり返るなか、凍える手をこすりながら朝日を待った。

地平線まで広がる大草原から、フィッツロイ峰の岩峰が突き出している。天を衝くように聳える峰には、朝日が昇れば最初に陽が当たる。朝日が当たると、岩峰は紫から橙色を経て金色に変化する。
ときに周りの世界そのものが、朝日の色に染まってしまうこともある。

何度見ても魅了される瞬間で、それはフィッツロイ峰の最も美しい時間なのだ。

晩秋の空気は、骨まで沁みるほどの寒さだが、黎明から朝日に変化する瞬間は寒さを忘れて見入ってしまう。

大きな空を覆うように浮かぶ大きな雲は、フィッツロイと呼応するかのように、朝日に焼けた。

朝日の絶景に出会うには、太陽が上がる空から現在地にかけて、いかに空が開けているかが重要だ。その微細な自然の匙加減により、朝焼けが発生するかは決まるのだ。

天候の変化の激しいパタゴニアでは、朝日の状況は直前まで予測できない。その可能性の中で、朝日の絶景を望めた時の充実感もまた、パタゴアニならではの感動だ。

関連ページ:パタゴニア

「パタゴニア」ブログ関連記事集



YouTube動画:南米絶景動画チャンネル「パタゴニア」

狂おしい“地球の鼓動”④:ペンギンの国「南極大陸」

メキシコの領土喪失に見る大国の論理/「アラモを忘れるな」

関連記事

  1. 乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景

    2018.01.06
  2. ラクダの楽園でアルパカと出会う/ペルー・コンドルの谷へ①

    2021.01.16
  3. ペルー・クスコ地方:ウルバンバ谷の田舎を巡る

    2022.12.05
  4. 星空写真:ペルー・アンデスの名峰ワンツァン(6369m)と天の川

    2019.12.24
  5. イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島

    2018.02.19
  6. パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日

    2015.05.09
パタゴニア
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP