Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠

1.jpg
2.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)

“風の峠”デル・ビエント峠から見下ろせる小さな湖が今日のキャンプ地だ。
5日ぶりに植物の生える下界に下りてきた。湖は緑の草でみずみずしく覆われている。
上から見ると、そのキャンプ地は緑の小さな染みのようだ。
ここまで来れば大丈夫だという安堵感も嬉しい。
ビエドマ氷河のサイドモレーンの窪みにできた湖は、周囲の風からも守られている。
荒れれば人が飛んでしまうほどの風が吹く“風の峠”も、今日は静かなようだ。
植物は草や灌木だけで、木は生えていない。まだ氷河が後退してから、そう長い月日は経っていないのだろう。
ビエドマ氷河の中流から、いよいよ末端部へと、さらに下りて行くことになる。
3.jpg
4.jpg
6.jpg

関連ページ

フィッツロイ山群の大氷河:ビエドマ氷河ハイキング... パタゴニアのビエドマ氷河 チャルテン近郊のこの氷河は、規模はモレノ氷河に次ぐ大きさですが、訪問者が少なく、とても静かです。 ビエドマ氷河では、遠望するだけの観光はなく、「氷河ハイキング」が基本です。 アイゼンを使用しますが、歩く距離は短く、簡単な氷河上を歩くので、初心者でも問題なく歩けます...
パタゴニア:フィッツロイ峰の星の軌跡を撮影... アルゼンチン・パタゴニア、フィッツロイ山麓のベースキャンプで星空を撮影する。 フィッツロイ峰と星空を撮影するのは、簡単なことではない。 天候の変化が激しいパタゴニアで、晴天で尚かつ漆黒の星空を撮ることができるタイミングには、そうそう恵まれないからだ。 1泊・2泊だけのテント泊では...
冬のパタゴニア:スノーシュー・ハイキング... 5月から、南部パタゴニアはいよいよ冬を迎えます。 既にフィッツロイ山麓は雪に覆われています。 フィッツロイ山麓のチャルテン村は、アルゼンチンの乾燥したステップ地帯と、チリ側の多雨地帯との間にあります。冬季も除雪車が入るので、チャルテンからチリ側へ10数キロ走らせると、雪の量もかなり増えます。...
初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて... フィッツロイ山麓のエルチャルテン:巡り替わる季節 季節を五感で感じることができるのは、人間ならではの微細な感性ではないだろうか。 それとも、それは太古の時代から生き残る命に宿る本能的な野性なのか ある日、ある瞬間、来る季節の到来を明確に感じることがある。 それはとてもふと瞬間に唐...
マルコーニ峠を目指して、氷河を登る... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 広大なマルコーニ谷を抜けて、もうすぐマルコーニ峠だ。 見上げる空がどんどん大きくなる 左右の山も目線の高さか眼下に見下ろすようになり、パタゴニア大陸氷床に近づいていることを空の広さが教えてくれる パタゴニアでは異例の快晴・無風のなか、マル...
マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 氷河沿いに登り、大陸氷床を目指す。 真夏の晴天の日差しは強く、雪解けで川の水は増水している。 氷河が頻繁に崩壊して、轟音がマルコーニ氷河の谷に轟く。 スケールの大きなパタゴニアでは谷と言えども広大で、崩壊する氷河の雪崩は大迫力だが、対岸に...

氷河の成り立ちを辿る壮大なトレッキング:パタゴニア氷原

パタゴニア南部氷原:ウエムル峠を越えて、ビエドマ湖へ

パタゴニア

関連記事

  1. パンゲア大陸に遡るパタゴニアの樹木「南極ブナ」の歴史

    2015.09.15
  2. 秋から冬へ:紅葉のフィッツロイ山麓(パタゴニア)

    2015.06.15
  3. 先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②

    2015.08.14
  4. パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場①

    2015.10.10
  5. 2018年ブログ人気記事セレクト

    2018.12.29
  6. パタゴニアで最も愛される木の実:カラファテ

    2015.08.20
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP