Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ

1.jpg
チャルテンから少し標高を上げて、フィッツロイ山麓の方へ歩くと、さらに紅葉は増していきます。遠くの斜面の林は南極ブナの原生林でうっすらと秋の色に変わってきているのが分かります。
2.jpg
紅葉は、古木や倒木などで先に始まるようです。生命力が枯れていくことから葉の紅葉が普通の木よりも早まるのでしょう。
3.jpg
4.jpg
背の低い木。これも南極ブナのニレです。南極ブナの木は、生息環境に合わせて樹高も大きく変えます。風の強い場所では灌木ほどの高さのニレは、地を這うような育ち方さえします。レンガは、条件が揃う場所には高さ20mほどのレンガの林を形成します。
5.jpg
南極ブナの林では、倒木をたくさん目にします。ほとんどが、風に倒されたものです。
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
10.jpg
11.jpg

関連ページ

パタゴニア旅行:フィッツロイ山麓・チャルテン村オフィスの安心手配... パタゴニアのチャルテン村オフィスから手配 パタゴニアの名峰フィッツロイ峰を見て、涙を流す人を見たことがあります。 そのくらい人の心を打つような山は、世界にいったいどれほどあるでしょうか。 このフィッツロイ峰を展望するために、弊社は地元の手配会社とともに、日本人ツーリストのための手配に力...
フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン... パタゴニアで、フィッツロイやパイネの山岳写真を撮るには、“世界で最もうつろいやすい天候”が大きく影響してきます。 トレッキングの行程重視の内容では、その天候を前に、どうしても撮り逃す場面が大きく出てきます。要所要所で腰を据えて取り組む時間が必要となってくるでしょう。 要所でじっくり腰を据えな...
フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②... 「エコロッジ」の宿泊施設は、シャレー利用(1軒2名利用)です。 数棟のシャレーがあるだけですので、周囲の広大な自然を独り占めするように贅沢な環境です。 チリ側のアンデス山脈西部からの湿った空気の影響を受けるので、森は深く、天候の変化もより激しい地域です。 コンドル湖からさらに北へ40分ほど...
果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③... マルコーニ峠を越えると、パタゴニア大陸氷床の大雪原が広がります。 快晴の雪原では陽の光の反射は強く、空の青と雪面の白だけの世界では、まるで光に包まれているかのようです。 荒れた天候で有名なパタゴニアの中でも、特に天候の厳しい大陸氷床では、快晴に恵まれることは大変な幸運でしょう。 東にフィッ...
マルコーニ氷河の末端部から、パタゴニア氷原へ登る... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 大陸氷床から流れ出す氷河の一つ、マルコーニ氷河を目指して、エレクトリコ川を遡る エレクトリコ川の深い谷も、数万年前の氷河の爪痕だ。硬い花崗岩をえぐりながら下流へ幾筋もの谷が流れる。 氷河に磨かれた花崗岩には、いくつもの引っ掻いたような線を見...
降雪を繰り返し秋と紅葉が深まる:パタゴニア... 日一日と秋が深まり、森林限界から徐々に紅葉のラインが下がって来る。 極北の紅葉とは違い、パタゴニアの秋のペースはとてもゆっくり移り変わります。 この時期には既に雪は何度も降ります。朝までしんしんと降り積もった雪も、太陽が出るとみるみるうちに融けて行きます。 その繰り返しの後、雪の融けないあ...

【パタゴニア・トレッキング】秋①:紅葉が始まる

パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

    2014.03.29
  2. パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓

    2017.06.23
  3. パタゴニアの大草原『パンパ』:秘境サンマルティン湖のコンドル牧場へ

    2018.03.20
  4. アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」

    2017.07.20
  5. オーロラのような幻想的な雲:パタゴニア・フィッツロイ峰の夕日

    2018.06.17
  6. フィッツロイとセロトーレを望む展望の丘②

    2015.05.29
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP