Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ

1.jpg
チャルテンから少し標高を上げて、フィッツロイ山麓の方へ歩くと、さらに紅葉は増していきます。遠くの斜面の林は南極ブナの原生林でうっすらと秋の色に変わってきているのが分かります。
2.jpg
紅葉は、古木や倒木などで先に始まるようです。生命力が枯れていくことから葉の紅葉が普通の木よりも早まるのでしょう。
3.jpg
4.jpg
背の低い木。これも南極ブナのニレです。南極ブナの木は、生息環境に合わせて樹高も大きく変えます。風の強い場所では灌木ほどの高さのニレは、地を這うような育ち方さえします。レンガは、条件が揃う場所には高さ20mほどのレンガの林を形成します。
5.jpg
南極ブナの林では、倒木をたくさん目にします。ほとんどが、風に倒されたものです。
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
10.jpg
11.jpg

関連ページ

フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退... パタゴニアの開拓時代を代表する探検家の一人、アゴスティーニ神父の代表作「Andes Patagonicos」には、パタゴニアの山岳写真を中心に、当時の風景・先住民・開拓民の生活など、多くの貴重な写真が載せられています。 アゴスティーニ神父は、詳細な記録を残しただけではなく、秀逸な写真も大量...
アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」... アルゼンチン名物:煮込み料理「ギソ」とは 真夏でも陽が陰れば凍えるほどに寒いパタゴニアでは、アルゼンチンの家庭料理「ギソ」をどうしても食べたくなる日がある。 「ギソ」は、スペイン料理を起源とするシチューのような煮込み料理です。 お店によって味は全く異なるので、地元の人の意見を聞いてギソ...
プライベートキャンプ利用でフィッツロイをさらに満喫... 今シーズンのフィッツロイ山麓のテント泊トレッキングでは、フィッツロイBC・セロトーレBCそれぞれのキャンプ地にて、常設テントを利用可能です。 フィッツロイ、セロトーレ、両方のベースキャンプには、キッチンとダイニング・テントが常設されています。お客様が宿泊するテントも、このキャンプ地に常備してい...
パタゴニア原生林のコンドル・ロッジとカヤック・ツアー(フィッツロイ)... 原生林のコンドル・ロッジ宿泊 パタゴニアの名峰フィッツロイ山麓エル・チャルテン村から車で約40分ほど、南極ブナの原生林にあるコンドル・ロッジは、パタゴニアの原始の自然を堪能するには最適な場所です。 わずか10人ほどが宿泊できるコンドル・ロッジの周囲には、半径5キロほどは無人です。美しいコ...
パタゴニアの名峰・フィッツロイでキャンプをお勧めする理由... フィッツロイ峰でキャンプをお勧めする理由 フィッツロイ峰を目にすると、感動して涙を流す人がいる。 このことが決して大げさでないことは、フィッツロイの目の前に立てばすぐに分かるでしょう。 フィッツロイ峰のハイキングでは、直下のトレス湖を目指して、約8時間のハードなハイキングがちょっとした...
アンディーナトラベルの撮影旅行(フォトツアー)とは... “パタゴニアの山岳写真”をテーマに、「撮影ツアー」のページを作成しました。 トレッキングのツアーでは、写真が目的の人には、どうしても満足の行く撮影ができない事がほとんどです。腰を据えてじっくりと撮影に望むために、撮影には「撮影に特化した日程」で旅行するのがベストです。もちろん、山岳写真には、山...

【パタゴニア・トレッキング】秋①:紅葉が始まる

パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

関連記事

  1. パタゴニア:フィッツロイ峰の星の軌跡を撮影

    2016.04.24
  2. パタゴニア・パイネ国立公園の野鳥:渓流を泳ぐカモ

    2015.09.23
  3. パタゴニアの南極ブナの森を覆うサルオガセ「お爺さんのアゴヒゲ」

    2015.09.14
  4. パタゴニアの岩峰群の成り立ち:花崗岩の怪峰パイネ・クエルノ

    2018.04.29
  5. パタゴニア:チャルテン村の建設記念日

    2015.10.13
  6. 前進するペリト・モレノ氷河が作る氷のアーチ

    2015.04.20
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP