Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニア・フィッツロイ山麓:秋は秋らしく静かに暮らす

1.jpg
紅葉のピークは、すぐに過ぎてしまう。
最も赤く黄色く染まる時期に、その場所にいれる事は、なんという幸運なことでしょうか。
たとえば、それが極北アラスカであれば、ブルーベリーやクサモミジの茂るツンドラが真っ赤に染まるのはほんの1,2日でしょう。そのピークを過ぎてしまうと色はくすみ、冬が始まる。
パタゴニア・フィッツロイ山麓の秋は、幸いにもというべきか、南極ブナが赤く染まる時期は長く、かなりじっくりと観察することができます。
日中でもしっかりと冷え込む秋に山麓を歩いて、夜は羊の煮込み料理とワインで夕食を摂るのは、この上ない幸せな時期でもあります。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

ブラジル・イグアスで開催!ラフティング世界大会リザルト

晩秋の奥多摩:東京都の最高峰・雲取山へ 2日間

関連記事

  1. 牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて

    2015.06.09
  2. アマルガ湖に映り込むパイネ山群/チリ・パタゴニア

    2016.05.06
  3. チリ暴動による地方の最新状況:パタゴニア・パイネ国立公園

    2019.11.08
  4. 山上の秘密の湖を目指す:ヘルシンガー牧場④

    2015.10.15
  5. マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原

    2015.05.16
  6. パタゴニア・パイネ国立公園:ペオエ湖畔の展望台

    2016.11.27
パタゴニア
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP