Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・フィッツロイ山麓:秋は秋らしく静かに暮らす

1.jpg
紅葉のピークは、すぐに過ぎてしまう。
最も赤く黄色く染まる時期に、その場所にいれる事は、なんという幸運なことでしょうか。
たとえば、それが極北アラスカであれば、ブルーベリーやクサモミジの茂るツンドラが真っ赤に染まるのはほんの1,2日でしょう。そのピークを過ぎてしまうと色はくすみ、冬が始まる。
パタゴニア・フィッツロイ山麓の秋は、幸いにもというべきか、南極ブナが赤く染まる時期は長く、かなりじっくりと観察することができます。
日中でもしっかりと冷え込む秋に山麓を歩いて、夜は羊の煮込み料理とワインで夕食を摂るのは、この上ない幸せな時期でもあります。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品... 国際写真コンテスト「International Photographer of the year 2017」にて、弊社・松井の2作品が入選しました。 パタゴニアでは、フィッツロイ峰と星の軌跡、南極では圧倒的な迫力の氷河をテーマにしています。 ●パタゴニア:Star Trail in Pa...
パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓... パタゴニアのもう一つの主役:レンズ雲 パタゴニアの魅力の一つが「雲」にあることは、実際に行ってみると納得がいくことでしょう。 西からの暴風に飛ばされて生じる「レンズ雲」と呼ばれる不思議な高積雲は、パタゴニア名物と言っても良いほどです。 その雲の形は、ときにこの世の終わりを感じさせる...
フィッツロイ北面を望むロッジ:コンドル湖畔にて③... コンドル湖からチャルテンへ “蛇行”を意味するブエルタス川に沿い、フィッツロイ北面を望めます。 車では砂利道を30分ほどで移動する距離です。 この区間は、カヌー・ツアーで約2時間ほどかけてのんびり移動できます。もちろん、天候次第、あるいは風次第では中止になることも多いです チリとの国境で...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...
パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ... パタゴニアの絶滅危惧種:ウエムル鹿 フィッツロイ山麓で使用するプライベート・キャンプはフィッツロイ峰を展望する川原沿いの森に設置されています。 ここに関係者だけが宿泊できるキャンプが作られたのはつい4年ほど前のことです。 一般のトレッカーの入り込まない静かな森です。 2年前は、この森...
マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) マルコーニ氷河の上部にたどり着き、ようやくセロトーレも山頂部だけ姿を見せるようになった Pier Giorgio峰とDomo Blanco(意味:白いドーム)峰の裏に、まだその先端が見えるだけだが、これから大陸氷床沿いに回り込んで、直下を目指すことになる。 ...

ブラジル・イグアスで開催!ラフティング世界大会リザルト

晩秋の奥多摩:東京都の最高峰・雲取山へ 2日間

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ

    2017.02.18
  2. 湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア

    2016.08.29
  3. パタゴニアの民族史①

    2013.01.31
  4. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて

    2015.10.24
  5. パタゴニアの暴風と静かなエスタンシア(牧場)滞在

    2014.02.25
  6. パタゴニア・パイネ国立公園: 黎明の静寂を撮影

    2016.09.13
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP