Loading

PHOTO-BLOG

冬のパタゴニア:スノーシュー・ハイキング

2.JPG
5月から、南部パタゴニアはいよいよ冬を迎えます。
既にフィッツロイ山麓は雪に覆われています。
フィッツロイ山麓のチャルテン村は、アルゼンチンの乾燥したステップ地帯と、チリ側の多雨地帯との間にあります。冬季も除雪車が入るので、チャルテンからチリ側へ10数キロ走らせると、雪の量もかなり増えます。デシエルト湖周辺では、バックカントリーのスキーも最近は行われています。
チャルテン村から、フィッツロイ山麓へは、スノーシュー・ハイキングを楽しめます。ガイドは必ず同行が必要で、さらに天候の条件も多少限られますが、スノーシューで、冬のパタゴニアを歩くのもお勧めです。
年々、チャルテンの宿泊施設が増えて、冬季も営業するホテルも少しずつ増えてきています。冬は宿泊施設も少なく交通機関も限られるので、春~秋よりも費用は高くなりますが、まだあまり知られていないパタゴニアの表情を見たい方にはお勧めです。

関連ページ

パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ... 秋のパタゴニアは、夜明けの時間もだいぶ遅くなっています。陽が出て明るくなるのは、8時をゆうに過ぎる時間です。 朝の3時頃、チャルテン村を出てトレス湖を目指します。 暗闇で、景色はもちろん見えないので、ひたすら考え事をしながら、ときどき星空を見上げたり 未明の寒さは厳しく、前日に降った雪が全...
果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③... マルコーニ峠を越えると、パタゴニア大陸氷床の大雪原が広がります。 快晴の雪原では陽の光の反射は強く、空の青と雪面の白だけの世界では、まるで光に包まれているかのようです。 荒れた天候で有名なパタゴニアの中でも、特に天候の厳しい大陸氷床では、快晴に恵まれることは大変な幸運でしょう。 東にフィッ...
フィッツロイ山麓・ビエドマ氷河ハイキングの魅力... チャルテン村から車と船を乗継ぎ、約一時間ほどの距離にあるのがビエドマ氷河です。アルゼンチン・パタゴニアでは最大の面積の氷河で、セロトーレの裏側の源流部から始まります。 幅が約3kmの末端部は、ペリトモレノ氷河同様に高さ40mほどの氷壁がズラリと並び、春から秋にかけて気温が高い時には氷壁が轟音を...
地平線まで白い大氷原に辿り着く パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 大陸氷床に上がると、世界は実にシンプルとなる “見る”と“聴く”という感覚も極端に単調となり、ある意味では研ぎ澄まされると思う 見ると言っても、大氷原にある色は白と青がほとんどで、 聴くと言っても、足音と風の音だけが聴こえる とても美しい所だが、苛烈なの...
フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア... フィッツロイの展望は近いほどに迫力があるのだが、遠望には遠望の魅力がある セロトーレとフィッツロイの両方を望むために、山麓から少し離れた草原で、じっくりと朝焼けを望むのも至福の瞬間だ。 ...
オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲:朝日・夕日... オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲 世界がこの世ならぬ幻想的な表情を見せてくれるのは、朝日の黎明と夕日の黄昏の瞬間ではないだろうか。 パタゴニアでは、独特な暴風が作り出す雲が、ときにオーロラのように空を演出してくれる。それはあまりにも幻想的で、言葉を失うほどに「この世ならぬ」という形...

縄文の名残:奥多摩・古里のイヌグスと社

【営業所移転のお知らせ】新営業所は、JR中央線・阿佐ヶ谷です。

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 【パタゴニア・トレッキング】秋①:紅葉が始まる

    2014.03.26
  2. 大草原の小さな花:マリポサ・デル・カンポ/パタゴニアのワイルドフラワー

    2015.08.29
  3. フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ

    2014.04.06
  4. パタゴニアの民族史② 牧場(エスタンシア)の開拓民

    2013.02.09
  5. 氷河の成り立ちを辿る壮大なトレッキング:パタゴニア氷原

    2015.05.25
  6. 2011パタゴニア旅行 ①中部パタゴニア

    2012.01.08
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP