Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアをもっと深く旅するために

DSCN0385.JPG
マニアックなセロ・トーレ西面にて、静かな日没
年々とツーリストが増えてインフラが整うパタゴニアは、個人旅行でも安心して旅行していただけます。
物価・人件費が高いパタゴニアでは専属ガイドを同行させるのは難しいために、ある程度はご自身で英語(又は西語)を話して自立した旅をする覚悟は必要ですが、きっと思ったよりも簡単に旅行できるでしょう。
ありきたりな観光ツアーの日程のパタゴニア旅行では、もったいないと思う方は、ぜひ弊社にご相談ください。
トレッキングや牧場滞在など、一味違うパタゴニアをご案内します。

関連ページ

《パタゴニア》フィッツロイ山麓で、キャンプするメリット... パタゴニアを代表する山といえば、フィッツロイ山群とパイネ山群です。 フィッツロイ山麓へは、日帰りハイキングでも十分往復できる距離にあります。 朝早く出発して、山麓でのんびりして戻っても時間が余るほどです。 日が長いので、夜9時ころまで明るいです、1日が長い場所です。 そんなフィッツロイ山麓で、テン...
いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓... 数日に一回降る雪の中で、少しずつ赤さを増して行くフィッツロイの山麓。 この季節は、チャルテン村で雨が降っている場合には、山麓では雪が降っている場合が多いです。 根雪になるほどではなく、日が出ればドンドンと融けて行きます。 唐突な振り方も見事ですが、日が出てからの融け具合もなかなか見事です。...
パタゴニア開拓時代に移植されたサーモン・トラウトの歴史②... アンドレ・マドセンがわずかな羊と馬を連れて、フィッツロイ山麓に単身で開拓を始めた時代、パタゴニアではヨーロッパからの移民が競うように入植を始めました。ウプサラ氷河の畔では、マスターズ一家がやはり裸一貫でクリスティーナ牧場を拓いた時です。 1900年代の初頭。この時代はパタゴニアの歴史で、最も賑...
パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日... パタゴニアの先住民・テウエルチェ族は、フィッツロイを“チャルテン(煙を吐く山)”と呼んでいました。 そして、ヨーロッパの探検家や開拓民も、つい100年ほど前まではフィッツロイを活火山と考えていました。 それほどに、フィッツロイの峰々は雲に覆われることが多い山です。 フィッツロイを望...
パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①... その実を食べると再びパタゴニアに戻ってくる、と言われる「カラファテ」の木は、早春に黄色い花を咲かせる。 背の低い灌木は、黄色い花に見事に覆われて、遠くから見ればまるで絨毯のように一面が黄色く見える。 パタゴニアで広く親しまれている、この「カラファテ」は、正確には2種類ある。 茎に鋭い針があ...
アルゼンチン:ツーリストへの免税で目指す観光立国... アルゼンチン観光税の免除 2017年1月から開始した外国人観光客の宿泊代にかかる付加価値税(IVA)の免除により、アルゼンチンの旅行費用は大きく安くなっています。 21%もの付加価値税がかかるアルゼンチンにおいて、この免税措置は旅行者には追い風です。 多くの物資を空輸に頼るパタゴニ...

記録的な好天が続くパタゴニア

「パタゴニア大陸氷床トレッキング」

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 山岳写真撮影:ペオエ湖畔でパイネ山群を定点観測

    2015.03.25
  2. 【パタゴニア】強烈な風と、不思議な雲

    2013.09.07
  3. カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

    2015.06.04
  4. パタゴニアの民族史② 牧場(エスタンシア)の開拓民

    2013.02.09
  5. 『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

    2018.06.05
  6. シュティフター「水晶」の世界観/パタゴニアの聖地フィッツロイ

    2018.08.07
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP