Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアをもっと深く旅するために

DSCN0385.JPG
マニアックなセロ・トーレ西面にて、静かな日没
年々とツーリストが増えてインフラが整うパタゴニアは、個人旅行でも安心して旅行していただけます。
物価・人件費が高いパタゴニアでは専属ガイドを同行させるのは難しいために、ある程度はご自身で英語(又は西語)を話して自立した旅をする覚悟は必要ですが、きっと思ったよりも簡単に旅行できるでしょう。
ありきたりな観光ツアーの日程のパタゴニア旅行では、もったいないと思う方は、ぜひ弊社にご相談ください。
トレッキングや牧場滞在など、一味違うパタゴニアをご案内します。

関連ページ

【アルゼンチン・パタゴニア】クリスティーナ牧場で、急速に後退するウプサラ氷河を望む... クリスティーナ牧場から望む、ウプサラ氷河 この氷河は、大変な速度で後退していることから、温暖化の象徴として、映画「不都合な真実」で取り上げられました。対岸のように見えるのは、氷河の中の島です。この島の向こうに数キロにわたり、さらに氷河末端が続きます。このような島を、“ヌナタク”と呼びます。 後退の...
パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」... パタゴニアで愛される植物:メギ科の「カラファテ」 パタゴニアの「カラファテ」は、春と秋を象徴するメギ科の植物です。 パタゴニアだけに自生することから、パタゴニアを象徴するシンボルとして愛されています。 春は黄色い花が草原を埋め尽くし、秋はブルーベリーのような実を実らせます。 この小灌...
雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて... 満点の星空 朝、テントから顔を出すと、早朝のまっくらなフィッツロイの様子を見ていると雪が降り始めました。シンシンと降る雪は1cmくらい積もったのではと思います。 雪が止み、雲はぐんぐんと晴れて行き、天気予報通りの晴れに急転。日が差し始めると、驚くほどの速さで雪は消えてしまいました。 このよ...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...
パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)で迎える長く美しい夕日 緯度の高いパタゴニアでは、夕方が長い。太陽の光線が少しずつ斜めになり、山の陰影が浮き立ち始める。昼間とは違う美しさが現れる。 真夏で真っ暗になるのは、23時過ぎだろうか 緯度の低い熱帯の夕方は、逆に一瞬に燃えるように赤くなり、一気に...
マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 単調な色彩の岩場では、雄大な山の展望ばかりに目が行ってしまうものだが、目線を下げてじっくり岩を見ていると、化石が点在しているのに気付く 大陸氷床を目前とした標高1300m前後のこの岩場は、かつて海の底であった。 壮大な隆起という造山運動の果てに、3億5000...

記録的な好天が続くパタゴニア

「パタゴニア大陸氷床トレッキング」

関連記事

  1. 「嵐の大地」エリック・シプトンのパタゴニア探検

    2016.03.16
  2. パタゴニアの名峰セロ・トーレの静寂と暴風:フィッツロイ山群

    2016.11.12
  3. パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ

    2018.07.16
  4. 青い氷穴・アイスケーブを探して-ビエドマ氷河ハイキング(エルチャルテン村)

    2018.03.21
  5. パタゴニア旅行:フィッツロイ山麓・チャルテン村オフィスの安心手配

    2017.06.07
  6. 【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓

    2018.05.01
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP