Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアをもっと深く旅するために

DSCN0385.JPG
マニアックなセロ・トーレ西面にて、静かな日没
年々とツーリストが増えてインフラが整うパタゴニアは、個人旅行でも安心して旅行していただけます。
物価・人件費が高いパタゴニアでは専属ガイドを同行させるのは難しいために、ある程度はご自身で英語(又は西語)を話して自立した旅をする覚悟は必要ですが、きっと思ったよりも簡単に旅行できるでしょう。
ありきたりな観光ツアーの日程のパタゴニア旅行では、もったいないと思う方は、ぜひ弊社にご相談ください。
トレッキングや牧場滞在など、一味違うパタゴニアをご案内します。

関連ページ

パタゴニア南部氷床:氷河昆虫 「パタゴニア南部氷床」は、南緯48度から南緯51度、南北350キロに広がる巨大な氷原です。アルゼンチンとチリの国境が氷原を分断し、その面積は2,500㎢に渡ります。東京都の約1.2倍の大きさです。南部氷床からは無数の氷河が流れ、ペリト・モレノ氷河、ウプサラ氷河、パイネ国立公園のグレイ氷河など無数の...
パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石 「迷子石」とは、氷河によって運ばれた石が、氷河の後退によりその場に残された石のことだ。 “取り残された”という佇まいであることから、迷子石と呼ばれる。 石の組成を調べることで、氷河がどのように分布したのかを知ることができる。 パタゴニアは、かつて巨大な氷河に覆われていた。 アルゼンチン湖...
パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード... パタゴニアの大草原パンパ パタゴニアの大草原の面積は日本の約2倍という、とてつもなく広い草原です。 この広大な草原の象徴的な存在が「羊」です。 百数十年前までは、羊はパタゴニアに存在しませんでしたが、その後の牧羊産業の急発展を経て、今では約1000万頭もの羊が放牧されています。 ...
パタゴニア旅行の締めくくりは、ブエノスアイレスで... パタゴニアの旅の前後には、アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスに立ち寄ることになります。 旅の最後に、ブエノスアイレスを1泊2日で組み込むのも、お勧めです。 南米のパリとも呼ばれるブエノスアイレスで、町歩きを楽しみ、夜はタンゴショーへ。2日間の滞在で、タンゴだけではなく、ブエノスイアレスの市...
トーレス・デル・パイネ峰と山上の湖/パタゴニア... チリ・パタゴニアのパイネ国立公園で、クエルノ峰に並びパイネ山群を象徴する名峰が、トーレス・デル・パイネ峰(2850m)です。 日本語に訳すと「パイネの岩搭」を意味するトーレス・デル・パイネ峰は、クエルノ峰やグランデ峰の裏に隠れていることから、その全容を見るためには山群の懐深くに入り込む必要...
180°SOUTH 友人から、おもしろい映画の情報をいただきました。 180°SOUTH /ワンエイティ・サウス (HP: http://www.180south.jp/index.html ) パタゴニアに興味のある方には特におすすめの映画です。 私も予告を見ただけですが、旅情たっぷり、ラテンアメリカでの旅を肌で思い...

記録的な好天が続くパタゴニア

「パタゴニア大陸氷床トレッキング」

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展

    2015.10.09
  2. 本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-

    2018.06.09
  3. パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)

    2016.05.03
  4. 花の書籍のご案内「野の花づくし -季節の植物図鑑」

    2019.02.20
  5. 目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間

    2018.03.23
  6. パタゴニア・パイネ国立公園:ペオエ湖畔の展望台

    2016.11.27
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP