Loading

PHOTO-BLOG

メリノウールの毛刈り行程:パタゴニア

1.jpg
一頭の羊から取れる羊毛は、約4キロほどだ。
育つ土地の豊かさにより一頭から収穫できる羊毛の量も異なってくる。
刈られた毛は、作業台の上に乗せられて、すぐに選別される。
条件の良い毛から等級にいくつか分けて行くのだ。
こうして選別された等級ごとに、羊毛はブロック状に圧縮されて倉庫に積まれていく。
これらの作業には役割分担がされていて、毛刈り職人はひたすら刈り続けることになる。
パタゴニアの羊は、上等なメリノ種だ。
かつて2000万頭を超えるほどであった羊も、オーストラリアやニュージーランド、そして中国との国際的な価格競争に押されて、羊の数は減少の一途をたどっている。
開拓時代には“ゴールド・ラッシュ”ならぬ“ウール・ラッシュ”と呼ばれるほどに牧羊産業が熱狂していたものだが、
その羊が担っていたパタゴニア史も大きく変わろうとしている。
2.jpg
3.jpg
4.JPG

関連ページ

パタゴニアの暴風と静かなエスタンシア(牧場)滞在... パタゴニア大陸氷床(南部氷原)から吹き降ろす風は、時に信じがたいほどの強さで吹きます。そのような風が吹く谷には、写真のような木を目にすることでしょう。 常に同じ方向から風が吹くので、このような形になってしまったのです。 この木は、エスタンシア(大牧場)の防風林ですので、その役目を十分に果たし...
暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②... ビエドマ湖の西の外れに位置するヘルシンガー牧場は、大陸氷床から冷たく激しい風が吹き下りる“氷河谷”にある。 西側の山脈が、大陸氷床の分厚い氷を堰き止める役を果たしている。 その氷床の氷が山脈を越えて溢れ出てきているのが、氷河だ。 氷河を辿るように、風も吹き下りてくる。 ヘルシンガー牧場の...
パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展... パタゴニア中のほぼ全ての土地が私有地として分断された時代を経て、今は牧場が解体されて行く時代だ。 国際競争の激化による羊毛価格の下落は、牧場の経営に大きく影響している。化学繊維の発達により羊毛のニーズが減っていることもある。 また、羊の飼育過剰により土地の荒廃(砂漠化)が進んでいたことも大き...
レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア... レオナ牧場から草原を延々と歩くと、1時間ほどでビエドマ湖に着く。 人工物の何も無い草原で、風も吹いていなければ、聴こえる音といえば自分の足音だけになるだろう。 ビエドマ湖岸からはるか西の方角に、白波が立つ湖にまるで浮かぶように、フィッツロイ山群が見える。 内部にパタゴニア大陸氷床を抱くアン...
フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退... パタゴニアの開拓時代を代表する探検家の一人、アゴスティーニ神父の代表作「Andes Patagonicos」には、パタゴニアの山岳写真を中心に、当時の風景・先住民・開拓民の生活など、多くの貴重な写真が載せられています。 アゴスティーニ神父は、詳細な記録を残しただけではなく、秀逸な写真も大量...
アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ... アルゼンチン開拓のシンボル「牧童ガウチョ」 パタゴニアの大草原の主役といえば、羊を追う「牧童」です。 延々と続く大草原を見ていると、同じように延々と有刺鉄線も延々と続いていることに気づきます。 開拓全盛の約100年ほど前に、パタゴニアの広大な草原は隈なく有刺鉄線で区切られ、大牧場(エスタン...

パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り

パタゴニア開拓史:イギリスとの因縁

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在

    2015.10.27
  2. 2011パタゴニア旅行 ④レオナ牧場(エステーラ牧場)

    2012.01.29
  3. パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ

    2018.07.16
  4. クリスティーナ牧場⑤広大な敷地で贅沢な滞在

    2015.10.29
  5. パタゴニア:秋のフィッツロイ・トレッキング

    2016.03.25
  6. プライベートキャンプ利用でフィッツロイをさらに満喫

    2014.07.01
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP