Loading

PHOTO-BLOG

クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

1.jpg
荒涼とした谷の中から、草原帯に抜けると空気が変わる。
風が吹いていることが一番大きな違いだろう。
まだ氷河が去ったばかりで生き物の気配の無い谷は、風も吹きこまないことから、自分の足音や服のこすれる音が聞こえるほどに、シンとして音の無い世界なのだ。
空を見上げれば、雲がゴンゴンと流れて行くのがとても気持ち良い。
草原は遠くから見れば平らだが、近くに寄れば、湖沼あり傾斜ありで変化に富み、飽きずに楽しく歩ける。
爽快な景色のなか快調に歩を進めるが、やっと遠くに見えてきたクリスティーナ牧場は、なかなか近づかない。
こんな時に、パタゴニアのスケール感は日本とは違うことを実感するのだ。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

草原を駆ける牧童・ガウチョの精神 アルゼンチン文化の根底にあるのは、大草原の牧童・ガウチョの精神だ。 馬術に長けるだけではなく、精神性も尊敬されることで、日本でいえば武士のように誇り高い存在なのだ。 かつてアルゼンチンの開拓史で活躍したガウチョは、言葉にもなっている。 「彼はガウチョだ」という時には、そこには賞賛や尊敬の念...
パタゴニア・ペリトモレノ氷河の“氷河ダム”決壊... パタゴニア・ペリトモレノ氷河の貴重な自然現象:4年ぶりに現れた“氷河ダム”がついに決壊! ペリトモレノ氷河の前進は、今年になってからアルゼンチン湖を南北に分断して「氷河ダム」を形成していました。 面積の狭い“リコ湾”側は日に日に水位を増して行き、湖を堰き止めている氷河には膨大な圧力がかか...
アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ... アルゼンチン開拓のシンボル「牧童ガウチョ」 パタゴニアの大草原の主役といえば、羊を追う「牧童」です。 延々と続く大草原を見ていると、同じように延々と有刺鉄線も延々と続いていることに気づきます。 開拓全盛の約100年ほど前に、パタゴニアの広大な草原は隈なく有刺鉄線で区切られ、大牧場(エスタン...
深く青い秘密の湖:ヘルシンガー牧場⑤... ラグーナ・アスールを目指して、ウエムル峰の谷を詰めていく。 湖は驚くほどに青い。 氷河湖といえば、ミルク色のグレイシャー・ブルーが定番であるが、氷河湖ごとに青は青でも色が異なる。 ラグーナ・アスールの青は、とても透明で原色に近い「青」だ。 この湖と氷河と岩峰が私有地であるとは、日本の常識...
パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ... アルゼンチン開拓が進み、各地が有刺鉄線で区切られて大牧場(エスタンシア)が建設されていった。 その過程の中で、自由に草原を闊歩していた誇り高いガウチョは姿を消していく。 ガウチョの姿を今に残す牧童も、牧場の雇われ牧童として“ペオン”と呼ばれることになる。 春から夏にかけて、パタゴニア各地で...
パタゴニアの暴風と静かなエスタンシア(牧場)滞在... パタゴニア大陸氷床(南部氷原)から吹き降ろす風は、時に信じがたいほどの強さで吹きます。そのような風が吹く谷には、写真のような木を目にすることでしょう。 常に同じ方向から風が吹くので、このような形になってしまったのです。 この木は、エスタンシア(大牧場)の防風林ですので、その役目を十分に果たし...

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑧氷河谷の痕跡-パタゴニア

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. アルゼンチン・パタゴニアの牧童「ガウチョ」の騎馬祭

    2017.04.25
  2. フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ

    2014.04.06
  3. 映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは

    2017.08.31
  4. 海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

    2018.04.02
  5. パタゴニア・ペリトモレノ氷河:今なお前進する神秘

    2014.01.17
  6. プライベートキャンプ利用でフィッツロイをさらに満喫

    2014.07.01
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP