Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア開拓時代に移植されたサーモン・トラウトの歴史②

1.jpg
アンドレ・マドセンがわずかな羊と馬を連れて、フィッツロイ山麓に単身で開拓を始めた時代、パタゴニアではヨーロッパからの移民が競うように入植を始めました。ウプサラ氷河の畔では、マスターズ一家がやはり裸一貫でクリスティーナ牧場を拓いた時です。
1900年代の初頭。この時代はパタゴニアの歴史で、最も賑やか時期であったでしょう。開拓民とともに、領土確定の必要も生じ、アルゼンチン・チリ両国が探検隊を大陸氷床に派遣したのもこの頃です。
パタゴニアという白地図に、等高線が書き込まれて行きました。
このブームを作ったのは「羊毛」です。1850年代のアラスカのゴールド・ラッシュのように、1900年代初頭のパタゴニアはウール・ラッシュと呼ばれた時代です。自生するコイロンが羊牧に最適なことが分かり、アルゼンチンの経済を牽引するほどに羊毛産業は急速に発展しました。アルゼンチンが第二次大戦の末期にかけて、世界でも有数の大国にまで躍進するきっかけとなったのです。
人間にとっては躍動的な一つの良き時代でしたが、グアナコやピューマにとっては滅びの始まりでした。牧場建設のために、パタゴニア中がパッチワークのように細かく有刺鉄線で分断されたのです。移動を制限された野生動物は、羊牧にとっても害獣と見なされ駆除されていきました。
そのような生態系の大変化の時代に、ヨーロッパからの移民は、サケ・マスも持ち込んだのです。食糧としての漁業資源の必要性というよりは、スポーツ・フィッシングのために、熱狂的なマニアが移植を試みました。これがパタゴニアにおけるサケ・マスの歴史の始まりです。ニジマス、ブラウントラウト、イワナ、大西洋サケが最初に持ち込まれました。生息環境が極北に似ていることからも、パタゴニアの自然に“陸封型”として河川や湖沼に定着を果たしました。
この移植は劇的な成功を収め、中部パタゴニアからフエゴ島までの約2500kmの地域全域の河川や湖沼に定着することになります。わずか10年ほどで放流された稚魚や卵は60万個以上に及ぶそうです。
これらの一部、ニジマスとブラウントラウトは、マゼラン海峡やビーグル水道のフィヨルドの湾にまで下るようになります。そして、チリでは、トラウト(マス)がサーモン(サケ)と呼ばれるようになりました。専門的には、あくまで“降海型”トラウトであり、サーモンではないそうです。
トラウトはこのように主に“陸封型”(一部は降海型)として定着しましたが、“遡川型”と呼ばれ、海を回遊して川に戻ってくるサーモンは定着しませんでした。太平洋サケと呼ばれる種類で、キングサーモン、ギンザケ、ベニザケ、シロサケ、カラフトマス、サクラマスの6種類のサーモンが放流されますが、ほとんど全て海に消えてしまいました。放流したサケは一体どこへ消えてしまうのか。記録上ではほとんどゼロに近い状況でした。
川の匂いを便りに同じ河川に戻ってくるという、深く本能に根差すサケの回帰性は生命の神秘としか呼べないのでしょう。
その放流と研究の歴史は長く停滞して続き、アルゼンチンとチリでは1960年代まで行われました。満足な結果が得られずに半世紀が過ぎることになります。
この停滞の時代を打破したのが、日本人だったのです。1970年代のことでした。
(続く)
3.JPG

関連ページ

「嵐の大地」エリック・シプトンのパタゴニア探検... 「嵐の大地 パタゴニア探検 1958~1962」は、エリック・シプトンが後半生をかけることになるパタゴニア探検の前半のものです。 ネパールやインドのヒマラヤ山脈、パキスタンのカラコルム山脈で勇名を馳せたエリック・シプトンが、探検の新たな舞台にパタゴニアを選んだ時、既に彼は50歳でした。 ...
日本人が貢献した「チリ・サーモン」の歴史③... 日本の食糧の安定確保のため、またチリへの技術協力として行われた壮大な計画が、サケ・マス“移植”事業でした。 日本によるチリへの移植事業(JICA)の試みは、1974年に始まります。中部パタゴニア・アイセン州のコジャイケに「シライシ孵化場」が建設され、シロサケとサクラマスの卵が日本から持ち込まれ...
フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退... パタゴニアの開拓時代を代表する探検家の一人、アゴスティーニ神父の代表作「Andes Patagonicos」には、パタゴニアの山岳写真を中心に、当時の風景・先住民・開拓民の生活など、多くの貴重な写真が載せられています。 アゴスティーニ神父は、詳細な記録を残しただけではなく、秀逸な写真も大量...
数千年の歴史をもつテウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」①... 先住民テウエルチェ族は、かつてパタゴニアに広く住んでいた大きな部族だ。南はマゼラン海峡から北は中部パタゴニアまで南北約1,000キロほどになる。 「手の洞窟」は、彼らの遺した数少ない遺物の一つだ。 岩屋(または洞窟)の壁面に、手形が描かれている。これは手を壁に当てて、鉱物の絵の具を吹き付ける...
パタゴニア探検史:アゴスティーニ神父の写真遺産... サレジオ会の神父=探検家 アゴスティーニ神父は、パタゴニア開拓が活況を迎えた20世紀前半の探検家だ。 サレジオ会の神父であるのだが、生涯をかけてパタゴニアの未踏の山域を歩き、写真と文章で多くの記録を残した。パタゴニアの歴史では探検家として名を馳せた有名人だ。その功績によりマゼラン海峡沿い...
パタゴニア開拓史:イギリスとの因縁... パタゴニアに自生するイネ科の植物・コイロンが、羊の好物であることを発見されて以来、パタゴニア中のほとんど全ての土地がパッチワーク状に区切り分配されていく。 19世紀後半の開拓時代の初期、最初に羊をもちこんだのはイギリス人であった。当時のアルゼンチン政府はまだパタゴニアの価値に気付かず、手つかず...

チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①

中世の雰囲気を今に残す、幸せの国・ブータンに行く理由とは

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア南部氷床:氷河昆虫

    2013.12.18
  2. パタゴニア南部氷原:ウエムル峠を越えて、ビエドマ湖へ

    2015.05.27
  3. レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア

    2015.10.21
  4. パタゴニアの遊牧民「ガウチョ」の祭りにて

    2018.07.20
  5. パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密

    2015.09.11
  6. パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

    2016.04.20
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP