Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア開拓時代に移植されたサーモン・トラウトの歴史②

1.jpg
アンドレ・マドセンがわずかな羊と馬を連れて、フィッツロイ山麓に単身で開拓を始めた時代、パタゴニアではヨーロッパからの移民が競うように入植を始めました。ウプサラ氷河の畔では、マスターズ一家がやはり裸一貫でクリスティーナ牧場を拓いた時です。
1900年代の初頭。この時代はパタゴニアの歴史で、最も賑やか時期であったでしょう。開拓民とともに、領土確定の必要も生じ、アルゼンチン・チリ両国が探検隊を大陸氷床に派遣したのもこの頃です。
パタゴニアという白地図に、等高線が書き込まれて行きました。
このブームを作ったのは「羊毛」です。1850年代のアラスカのゴールド・ラッシュのように、1900年代初頭のパタゴニアはウール・ラッシュと呼ばれた時代です。自生するコイロンが羊牧に最適なことが分かり、アルゼンチンの経済を牽引するほどに羊毛産業は急速に発展しました。アルゼンチンが第二次大戦の末期にかけて、世界でも有数の大国にまで躍進するきっかけとなったのです。
人間にとっては躍動的な一つの良き時代でしたが、グアナコやピューマにとっては滅びの始まりでした。牧場建設のために、パタゴニア中がパッチワークのように細かく有刺鉄線で分断されたのです。移動を制限された野生動物は、羊牧にとっても害獣と見なされ駆除されていきました。
そのような生態系の大変化の時代に、ヨーロッパからの移民は、サケ・マスも持ち込んだのです。食糧としての漁業資源の必要性というよりは、スポーツ・フィッシングのために、熱狂的なマニアが移植を試みました。これがパタゴニアにおけるサケ・マスの歴史の始まりです。ニジマス、ブラウントラウト、イワナ、大西洋サケが最初に持ち込まれました。生息環境が極北に似ていることからも、パタゴニアの自然に“陸封型”として河川や湖沼に定着を果たしました。
この移植は劇的な成功を収め、中部パタゴニアからフエゴ島までの約2500kmの地域全域の河川や湖沼に定着することになります。わずか10年ほどで放流された稚魚や卵は60万個以上に及ぶそうです。
これらの一部、ニジマスとブラウントラウトは、マゼラン海峡やビーグル水道のフィヨルドの湾にまで下るようになります。そして、チリでは、トラウト(マス)がサーモン(サケ)と呼ばれるようになりました。専門的には、あくまで“降海型”トラウトであり、サーモンではないそうです。
トラウトはこのように主に“陸封型”(一部は降海型)として定着しましたが、“遡川型”と呼ばれ、海を回遊して川に戻ってくるサーモンは定着しませんでした。太平洋サケと呼ばれる種類で、キングサーモン、ギンザケ、ベニザケ、シロサケ、カラフトマス、サクラマスの6種類のサーモンが放流されますが、ほとんど全て海に消えてしまいました。放流したサケは一体どこへ消えてしまうのか。記録上ではほとんどゼロに近い状況でした。
川の匂いを便りに同じ河川に戻ってくるという、深く本能に根差すサケの回帰性は生命の神秘としか呼べないのでしょう。
その放流と研究の歴史は長く停滞して続き、アルゼンチンとチリでは1960年代まで行われました。満足な結果が得られずに半世紀が過ぎることになります。
この停滞の時代を打破したのが、日本人だったのです。1970年代のことでした。
(続く)
3.JPG

関連ページ

パタゴニア・フィッツロイ峰の歴史:先住民テウェルチェ族... フィッツロイは、「煙を吐く山」チャルテンと呼ばれていた パタゴニアを代表する名峰フィッツロイは、別名「チャルテン」と呼ばれます。 かつてパタゴニアの大草原を闊歩したテウェルチェ族は、この山を「煙を吐く山=チャルテン」と呼んでいたからです。 山名に人の名前を付けていた時代は終わり、古...
フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退... パタゴニアの開拓時代を代表する探検家の一人、アゴスティーニ神父の代表作「Andes Patagonicos」には、パタゴニアの山岳写真を中心に、当時の風景・先住民・開拓民の生活など、多くの貴重な写真が載せられています。 アゴスティーニ神父は、詳細な記録を残しただけではなく、秀逸な写真も大量...
探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」... エリック・シプトンの伝記「嵐の大地」は、1958年から1962年にかけて行われた数度にわたるパタゴニア探検の記録だ。 当時、ビエドマ氷河の源流に、“ビエドマ火山”があると噂されていた。その火山があるとされる場所は割りと簡単に特定されていたが、誰も到達していなかった。その火山の真偽を確かめる...
春の中部パタゴニア・アイセン地方に咲き乱れる:サクランボの花... 11月中旬、中部パタゴニアの町・コジャイケは、サクランボの花に包まれる。 早春の風はまだとても冷たい。春の訪れを知らせるような花だ。 サクラに似た可憐な花を見ていると、はるか地球の裏側から日本を思い出すに違いない。 そんな郷愁を感じさせる花でもあるのだ。 サクランボの木は、南部パタゴニア...
パタゴニア開拓史:イギリスとの因縁... パタゴニアに自生するイネ科の植物・コイロンが、羊の好物であることを発見されて以来、パタゴニア中のほとんど全ての土地がパッチワーク状に区切り分配されていく。 19世紀後半の開拓時代の初期、最初に羊をもちこんだのはイギリス人であった。当時のアルゼンチン政府はまだパタゴニアの価値に気付かず、手つかず...
パタゴニア開拓史:ピオ11氷河の前進と牧場の水没②... (続き) ここで起きた現象をさらに詳しく説明する。西岸の牧場と氷河の間、入り江の幅は、サムシンの資料によれば、彼が牧場建設を決めた時である1925年の初めの時点では、約1キロと測定されていた。そのために、まさか氷河が横断してくるとは思いもしなかったのだ。しかし、1926年の9月中旬ころ、サムシ...

チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①

中世の雰囲気を今に残す、幸せの国・ブータンに行く理由とは

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ

    2015.08.12
  2. パタゴニア・ウプサラ氷河クルーズ&クリスティーナ牧場

    2018.06.13
  3. いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓

    2014.04.17
  4. オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲:朝日・夕日

    2017.12.28
  5. 先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②

    2015.08.14
  6. フィッツロイとセロトーレを望む展望の丘②

    2015.05.29
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP