Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り

1.JPG
夏はパタゴニア各地のエスタンシア(大牧場)で、羊の毛刈りが行われる。
一般的な牧場でも数万ヘクタールに及ぶ広さを、数人の牧童達だけで管理している。
数万頭いる羊の毛刈りをするには、毛刈り専門業者の助けが必要だ。
日本の2倍以上の面積を誇るパタゴニアに、このような牧場が1万近くある。パタゴニア全体では、約1000万頭いるとも言われる。
この季節、彼らは毛刈りをしながらパタゴニアを巡業するのだ。
毛刈りは完全な成果報酬なので、一日で何頭を刈れるかが非常に重要だ。個人の技量により大きく異なってくる。
アルゼンチン・チリの国境近くにあるチャリ・アイケ牧場の主・ゴンサロは、毛刈りの名人として有名だ。無駄のない動きで、簡単に数分で刈ってしまう。まさに職人技だ。
今年の夏に行ったとき、そのゴンサロは不在であった。
代わりに義理の息子が披露してくれたのだが、まだデビューしたばかりの彼は一頭を刈るのに苦戦していた。
以前ゴンサロが刈っている時には、数人の子供たちが熱心に彼の手さばきを見ていたものだ。
親父の威厳を見せつけながら、胸を張るゴンサロを思い出した。
2.JPG
4.jpg

パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ

メリノウールの毛刈り行程:パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ

    2017.02.18
  2. 秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹

    2014.04.23
  3. パタゴニア・ペリトモレノ氷河:壮大な地球のリズムと“ムーラン”

    2020.03.20
  4. 【パタゴニア・トレッキング】パタゴニア大陸氷床を歩く

    2013.01.19
  5. パタゴニアに生息する幻の鹿:ウエムル

    2015.03.12
  6. パタゴニア開拓史:ピオ11氷河の前進と牧場の水没②

    2014.03.12
パタゴニア
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP