Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ

1.jpg
アルゼンチン開拓が進み、各地が有刺鉄線で区切られて大牧場(エスタンシア)が建設されていった。
その過程の中で、自由に草原を闊歩していた誇り高いガウチョは姿を消していく。
ガウチョの姿を今に残す牧童も、牧場の雇われ牧童として“ペオン”と呼ばれることになる。
春から夏にかけて、パタゴニア各地では騎馬祭(ヒネティアーダ)が開催される。
周辺の牧場から牧童たちが集まり、馬術を競うお祭りだ。
ガウチョとして衣装と馬具をまとい、老いも若きも馬に乗る。
かつてアルゼンチンの象徴であった“ガウチョ”を偲ぶように、牧童たちは馬に乗り、胸を張り町を闊歩するのだ。
2.JPG
3.JPG
4.jpg

関連ページ

南米の伝統料理:エンパナーダ(ミートパイ)... スペイン伝来の伝統料理:エンパナーダ スペイン伝来の「エンパナーダ」は、南米各国で愛されているミートパイです。屋台でも買えるし、一流レストランでは前菜で出されたりと、南米ではなくてはならない存在でしょう。 このパイは屋台などの安いものは油で揚げているので、胃にもたれることがあります。やは...
パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ... パタゴニア先住民の各部族にとって、グアナコは大切な生活の糧であった。 肉は食糧に、毛皮は衣服やテント型住居の覆いに、腱は糸として使われ、骨は矢尻や釣針に加工された。 19世紀末に開拓が本格的に始まると、先住民は一気に駆逐されて姿を消した。その後を追うように、パタゴニアの風景の代名詞ともいえる...
アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」... アルゼンチン名物アサードとは アルゼンチンの焼肉料理である「アサード」。アルゼンチン人の肉への情熱は熱く、特に牛肉と羊肉の焼肉は驚くほど美味しい。 日本の焼肉とは根本的に違い、粗塩だけで豪快だが、とても繊細な味付けで、アルゼンチンのアサードはまさしく絶品だ。 「アサード」は、社交の場と...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘... ウプサラ氷河の展望台へ、尾根筋に出ると強烈な風が西から吹いてくる。 風に倒されないように体を傾けながら前方を望むと、ウプサラ氷河が見えてきた。 ここから10キロも西に行けば、広大な大陸氷床が南北に広がるのだ。 たった80年前、この展望台の下の谷は、厚い氷河に埋め尽くされるように覆われて...
パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬... 人口よりも羊が多い:羊の国「パタゴニア」 日本の2倍の面積にわたり広がるパタゴニアの草原は人口よりも羊の方が多い、まさに“羊の国”だ。 数十キロの移動の果てに、ガソリンスタンドさえなく、数軒だけの牧場の建物を前に途方に暮れてしまうことは、パタゴニアではいたって普通のことだ。 その「地の...
パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」... フィッツロイ山麓のチャルテン村のいる時に、必ず食べに行くのが、アルゼンチン家庭料理の「ギソ」だ。 アルゼンチン風のシチューと考えて良いだろう。 チャルテン村のは、僕の行きつけのレストランで食べるのは、「子羊のシチュー」と決まっている。。 前菜には、レンズマメのサラダが出る。これだけ...

草原を駆ける牧童・ガウチョの精神

パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り

関連記事

  1. 【パタゴニア・トレッキング】秋①:紅葉が始まる

    2014.03.26
  2. カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

    2015.06.04
  3. 数千年の歴史をもつテウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」①

    2015.08.13
  4. 「パタゴニア大陸氷床トレッキング」

    2013.01.27
  5. パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

    2016.04.20
  6. パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ

    2015.08.12
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP