Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ

1.jpg
アルゼンチン開拓が進み、各地が有刺鉄線で区切られて大牧場(エスタンシア)が建設されていった。
その過程の中で、自由に草原を闊歩していた誇り高いガウチョは姿を消していく。
ガウチョの姿を今に残す牧童も、牧場の雇われ牧童として“ペオン”と呼ばれることになる。
春から夏にかけて、パタゴニア各地では騎馬祭(ヒネティアーダ)が開催される。
周辺の牧場から牧童たちが集まり、馬術を競うお祭りだ。
ガウチョとして衣装と馬具をまとい、老いも若きも馬に乗る。
かつてアルゼンチンの象徴であった“ガウチョ”を偲ぶように、牧童たちは馬に乗り、胸を張り町を闊歩するのだ。
2.JPG
3.JPG
4.jpg

草原を駆ける牧童・ガウチョの精神

パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア・ウプサラ氷河の後退と氷河谷

    2014.01.29
  2. 薄明のパタゴニア・フィッツロイ峰:知覚できない領域へ

    2018.09.14
  3. パタゴニア:3種類の南極ブナ② 落葉樹「ニレ」

    2015.09.19
  4. パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ

    2015.08.12
  5. レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ

    2015.10.22
  6. パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①

    2015.09.01
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP