Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード

パタゴニアの大草原パンパ

パタゴニアの大草原の面積は日本の約2倍という、とてつもなく広い草原です。
この広大な草原の象徴的な存在が「羊」です。
百数十年前までは、羊はパタゴニアに存在しませんでしたが、その後の牧羊産業の急発展を経て、今では約1000万頭もの羊が放牧されています。

アルゼンチンの大牧場・エスタンシア

草原に延々と生えるコイロン草が羊の大好物であることが発見されたのが、パタゴニアの牧羊の始まりでした。
この大草原が隈なく私有地に分割・配布され、大牧場エスタンシアが誕生しました。牧場によっては、その広さが東京23区くらいの面積がある巨大な牧場で、山や氷河も含まれるほどです

パタゴニアの牧童・ガウチョ

10万頭もの羊を放牧する牧場もあるのですが、その広大な草原と膨大な羊を、わずか20人前後の牧童(ガウチョ)が取り仕切っていたりします。パタゴニアの草原のもう一つの象徴が牧童「ガウチョ」なのです。
広大な牧場は一日ではとても回れないので、ガウチョたちは、牧場の中を旅するように野営しながら、羊とともに暮らす一種の遊牧民です
寡黙で質実剛健なガウチョは、“マチスモ”という「男は男らしく」という南米ラテン文化を象徴する憧れの対象でもあるのです

南米の中で、アルゼンチンという国は一種特異な存在です。チェ・ゲバラという革命家を生み出したのは決して偶然ではなく、そこには暗然とした歴史・文化・時代背景があります。アルゼンチンという国と牧童・ガウチョの関係性はとても深く、アルゼンチンをアルゼンチンたらしめるアイデンティティそのものでしょう。

アルゼンチンの食文化アサード

それは南米の中で、アルゼンチンの食文化が「肉」に特化していることも大きく関係しています。アルゼンチンには約3000キロ以上もの長大な海岸線があるにも関わらず、魚を食べる文化はほとんど皆無で、あくまで牧童・ガウチョたちの肉食文化の延長線の先にほんの少しだけあるのです。

肉食に特化したことで得たアサードのシンプルで深い味は、日本ではどうしても再現できない域に到達しています。
羊のアサードは、アルゼンチン料理の粋と大地の豊穣が凝縮された粋であり、他の場所では再現不可能です。

パタゴニアの大草原を旅する中で、ガウチョに想いを馳せて、羊を食べることこそが、パタゴニア旅行の王道と言えるでしょう

関連記事

関連ページ

パタゴニア・ウプサラ氷河クルーズ&クリスティーナ牧場... アルゼンチン・パタゴニアの基点:カラファテ パタゴニアの大きな青い空、氷河、雄大な岩峰といったパタゴニアのシンボルを望むために、アルゼンチン・パタゴニアの基点カラファテは理想的な立地です。 カラファテは、アンデス山脈の東側に位置することから、偏西風の湿った空気はアンデス山脈で落ち、気持ち良い...
パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ... アルゼンチン開拓が進み、各地が有刺鉄線で区切られて大牧場(エスタンシア)が建設されていった。 その過程の中で、自由に草原を闊歩していた誇り高いガウチョは姿を消していく。 ガウチョの姿を今に残す牧童も、牧場の雇われ牧童として“ペオン”と呼ばれることになる。 春から夏にかけて、パタゴニア各地で...
本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-... 日本でのチョリソーへの誤解 日本でチョリソーと聞くと、「辛い」というイメージが先行しますが、実は本物のチョリソーは全く辛くありません。 この誤解がどこから生まれたのかは謎ですが、実際のチョリソーはステーキの延長のような芳醇な粗挽きソーセージなのです。 そして、皮はプチプチというドイツのウィ...
パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情... ラクダ科のグアナコは、パタゴニアでは簡単に見れる野生動物の一つだ。 広大な草原で目にすることは何度もあるだろう。 しかし、車道から見るグアナコは遠いもので、近づこうにも有刺鉄線で仕切られているために近づけない。 パタゴニアの土地のほとんどは私有地として分断されているために、車道から見え...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘... ウプサラ氷河の展望台へ、尾根筋に出ると強烈な風が西から吹いてくる。 風に倒されないように体を傾けながら前方を望むと、ウプサラ氷河が見えてきた。 ここから10キロも西に行けば、広大な大陸氷床が南北に広がるのだ。 たった80年前、この展望台の下の谷は、厚い氷河に埋め尽くされるように覆われて...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑧氷河谷の痕跡-パタゴニア... ウプサラ氷河展望台からクリスティーナ牧場へ、氷河の谷を徒歩で下る。 花崗岩の岩盤がむき出しで、氷河の爪痕が荒々しく残る。 草木一本生えていない岩盤をじっと見ると、小さな貝の化石が無数にあった。 谷を下りて行くと、途中の岩に小さな「落書き」がある。 “ITALIAN EXPEDITION"...

《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡

《山岳写真》ブランカ山群・ワスカラン国立公園の名峰ワンツァン

パタゴニア

関連記事

  1. 南米最高峰アコンカグアへ③:オルコネス氷河から南壁の大絶壁へ

    2018.03.04
  2. スペイン・アルゼンチン合作映画『笑う故郷』上映開始

    2017.08.30
  3. パタゴニア・パイネ国立公園の野鳥:渓流を泳ぐカモ

    2015.09.23
  4. 北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③

    2015.10.14
  5. 「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

    2015.06.13
  6. パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」

    2015.09.24
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP