Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの象徴:羊と牧童(ガウチョ)、そして食文化アサード

パタゴニアの大草原パンパ

パタゴニアの大草原の面積は日本の約2倍という、とてつもなく広い草原です。
この広大な草原の象徴的な存在が「羊」です。
百数十年前までは、羊はパタゴニアに存在しませんでしたが、その後の牧羊産業の急発展を経て、今では約1000万頭もの羊が放牧されています。

アルゼンチンの大牧場・エスタンシア

草原に延々と生えるコイロン草が羊の大好物であることが発見されたのが、パタゴニアの牧羊の始まりでした。
この大草原が隈なく私有地に分割・配布され、大牧場エスタンシアが誕生しました。牧場によっては、その広さが東京23区くらいの面積がある巨大な牧場で、山や氷河も含まれるほどです

パタゴニアの牧童・ガウチョ

10万頭もの羊を放牧する牧場もあるのですが、その広大な草原と膨大な羊を、わずか20人前後の牧童(ガウチョ)が取り仕切っていたりします。パタゴニアの草原のもう一つの象徴が牧童「ガウチョ」なのです。
広大な牧場は一日ではとても回れないので、ガウチョたちは、牧場の中を旅するように野営しながら、羊とともに暮らす一種の遊牧民です
寡黙で質実剛健なガウチョは、“マチスモ”という「男は男らしく」という南米ラテン文化を象徴する憧れの対象でもあるのです

南米の中で、アルゼンチンという国は一種特異な存在です。チェ・ゲバラという革命家を生み出したのは決して偶然ではなく、そこには暗然とした歴史・文化・時代背景があります。アルゼンチンという国と牧童・ガウチョの関係性はとても深く、アルゼンチンをアルゼンチンたらしめるアイデンティティそのものでしょう。

アルゼンチンの食文化アサード

それは南米の中で、アルゼンチンの食文化が「肉」に特化していることも大きく関係しています。アルゼンチンには約3000キロ以上もの長大な海岸線があるにも関わらず、魚を食べる文化はほとんど皆無で、あくまで牧童・ガウチョたちの肉食文化の延長線の先にほんの少しだけあるのです。

肉食に特化したことで得たアサードのシンプルで深い味は、日本ではどうしても再現できない域に到達しています。
羊のアサードは、アルゼンチン料理の粋と大地の豊穣が凝縮された粋であり、他の場所では再現不可能です。

パタゴニアの大草原を旅する中で、ガウチョに想いを馳せて、羊を食べることこそが、パタゴニア旅行の王道と言えるでしょう

関連記事

関連ページ

パタゴニアの美食「羊」:アルゼンチン伝統料理アサード... パタゴニア特産の羊 パタゴニアでは針峰群と氷河、草原しかイメージされませんが、実は「食」でも世界で唯一の素材を持っています。 それは「羊の焼肉(アサード)」です。グルメを自負する何人ものお客をご案内して、必ず絶賛する「美食」です。 アルゼンチンの食文化が「肉」に特化していることも大きく...
アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」... アルゼンチン名物アサードとは アルゼンチンの焼肉料理である「アサード」。アルゼンチン人の肉への情熱は熱く、特に牛肉と羊肉の焼肉は驚くほど美味しい。 日本の焼肉とは根本的に違い、粗塩だけで豪快だが、とても繊細な味付けで、アルゼンチンのアサードはまさしく絶品だ。 「アサード」は、社交の場と...
レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ... ビエドマ湖の岸に出ると、強風で湖面に白波が立っていた。 風は大陸氷床から、横幅80キロの湖を吹き抜ける。常に同じ方角から吹く風の影響で、氷河に含まれる細かい土砂も最後には東岸に辿り着き、砂浜となる。 はるかに望むフィッツロイへの距離は、約100キロほどだろうか。 エスタンシアの良さは、宿泊...
パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情... ラクダ科のグアナコは、パタゴニアでは簡単に見れる野生動物の一つだ。 広大な草原で目にすることは何度もあるだろう。 しかし、車道から見るグアナコは遠いもので、近づこうにも有刺鉄線で仕切られているために近づけない。 パタゴニアの土地のほとんどは私有地として分断されているために、車道から見え...
アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード... アサードの味付けは、岩塩とレモンを振りかけるシンプルな味付けが基本だ。 “チミチューリ”と呼ばれる各家庭により異なるタレに浸して食べるのも美味しい。塩・オリーブオイル・酢をメインに香辛料を加えた、アルゼンチン発祥のソースだ。 ガウチョの伝統料理はシンプルなものだが、パタゴニアの大草原で焼かれ...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美... ウプサラ氷河を目指し、アルゼンチン湖の北西端“ノルテ水道”を北上する。 湖の両幅が狭くなるころから、多くの氷塊が現れる。 氷塊の美しい青に魅入ってしまう。 氷塊の元は、ウプサラ氷河だ。 この100年ほどで加速度的に後退していることで有名だ。 映画「不都合な真実」では、温暖化の象徴として...

《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡

《山岳写真》ブランカ山群・ワスカラン国立公園の名峰ワンツァン

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの名峰フィッツロイ:幻想的な朝日や夕日を見るために

    2017.11.15
  2. 南米最高峰アコンカグアへ①:オルコネス谷

    2018.03.01
  3. マルコーニ峠を目指して、氷河を登る

    2015.05.17
  4. 映像と感性から掴む夢幻の世界/パタゴニアの夕日の感動

    2018.07.30
  5. 山岳写真撮影:ペオエ湖畔でパイネ山群を定点観測

    2015.03.25
  6. 2011パタゴニア旅行 ①中部パタゴニア

    2012.01.08
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
パタゴニア

最近の記事

パタゴニア

アーカイブ

PAGE TOP