Loading

PHOTO-BLOG

アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」

2.jpg

アルゼンチン名物アサードとは

アルゼンチンの焼肉料理である「アサード」。アルゼンチン人の肉への情熱は熱く、特に牛肉と羊肉の焼肉は驚くほど美味しい。
日本の焼肉とは根本的に違い、粗塩だけで豪快だが、とても繊細な味付けで、アルゼンチンのアサードはまさしく絶品だ。

「アサード」は、社交の場としての役割も大きい。
火を熾してから、熾きになった炭でじっくりと数時間かけて燻るように焼くので、とても時間がかかる。

夕食であれば、夜8時頃に火を熾して、徐々に人が集まり始める。

ワインを飲みながら、サラミやチーズをつまむ。

火の管理は手の空いた誰かが行う。特に固いシキタリや序列があるわけでもないのだ。
夜11時を過ぎる頃にやっと食べ頃となる。

じっくりと焼くのだが、そのような緩く流れる時間こそがとても大切なのだろう。

マテ茶を回し飲みする“ロンダ”にも、やはり同じような役割を感じる。

「アサード」や「マテ茶」のような場を通して、コミュニケーションにじっくりと時間をかけるのは、アルゼンチン文化の一面であると思う。
言い換えれば、それは“ガウチョ(牧童)”の文化でもあるのだ。
3.jpg
若者で集まり大量に「アサード」しようとなると、いくらアルゼンチンが畜産国で牛肉が安いといえども、鶏肉となってしまう。
4.jpg

パタゴニア関連ページ

1.jpg

パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」

アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード

関連記事

  1. 牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて

    2015.06.09
  2. パタゴニアで最も神聖な時間:フィッツロイ峰の朝日と夕日

    2019.05.13
  3. 180°SOUTH

    2011.01.09
  4. パタゴニアの草原に宿泊-クリスティーナ牧場(エスタンシア)

    2017.09.28
  5. 草原を駆ける牧童・ガウチョの精神

    2015.10.02
  6. パタゴニアの岩峰群の成り立ち:花崗岩の怪峰パイネ・クエルノ

    2018.04.29
パタゴニア
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP