Loading

PHOTO-BLOG

暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②

1.jpg
ビエドマ湖の西の外れに位置するヘルシンガー牧場は、大陸氷床から冷たく激しい風が吹き下りる“氷河谷”にある。
西側の山脈が、大陸氷床の分厚い氷を堰き止める役を果たしている。
その氷床の氷が山脈を越えて溢れ出てきているのが、氷河だ。
氷河を辿るように、風も吹き下りてくる。
ヘルシンガー牧場の宿舎を囲む防風林に入れば、強風の入り込まない別世界となる。
上空ではジェット機が通るような轟音が響いている。
風は、常に西風だ。
立っていられないほどの強風が常に吹き荒れるので、防風林の西側の木は、奇妙な形に育つ。
木の枝は、全て東向きに育つのだ。
風の吹かない日でも、この谷がどれほど強い風が吹く場所であるのか、目で見て分かるのだ。
3.jpg
2.jpg
6.jpg
5.jpg

関連ページ

パタゴニアの大草原『パンパ』:秘境サンマルティン湖のコンドル牧場へ... 南北1800キロの大草原『パンパ』 パタゴニアの草原はとてつもなく広い。南北約1800キロに渡り、延々と荒涼とした草原が広がる。大草原「パンパ」は一見すると何もない荒野だが、ラクダ科のグアナコや小型のダチョウ・ダーウィンレア、そしてピューマが生きる野生動物の土地でもある。そして、150年ほど前...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘... ウプサラ氷河の展望台へ、尾根筋に出ると強烈な風が西から吹いてくる。 風に倒されないように体を傾けながら前方を望むと、ウプサラ氷河が見えてきた。 ここから10キロも西に行けば、広大な大陸氷床が南北に広がるのだ。 たった80年前、この展望台の下の谷は、厚い氷河に埋め尽くされるように覆われて...
パタゴニア:金色に輝くコイロンの大草原パンパ... パタゴニアの歴史を一変させたイネ科の草・コイロンは、太陽の光線が斜光の時には、大草原に金色にシルエットが浮かび上がり、ちょっとした演出をしてくれます。 まるで草原全体が金色の絨毯のようになるのです。 フィッツロイ山麓に広がる草原を縦断する40号線を走っていると、コイロンを食む無数のグアナ...
パタゴニア開拓史:イギリスとの因縁... パタゴニアに自生するイネ科の植物・コイロンが、羊の好物であることを発見されて以来、パタゴニア中のほとんど全ての土地がパッチワーク状に区切り分配されていく。 19世紀後半の開拓時代の初期、最初に羊をもちこんだのはイギリス人であった。当時のアルゼンチン政府はまだパタゴニアの価値に気付かず、手つかず...
パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ... 南部パタゴニアの基点の町・カラファテから、国道40号線を北上して、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ。 パタゴニアの天気はある意味では分かりやすく、アンデス山脈から東に離れるほどに、目で分かるほどに乾燥して行きます。 カラファテで晴れていても、アンデスに接するフィッツロイ山麓では天候が全く...
アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」... アルゼンチン名物アサードとは アルゼンチンの焼肉料理である「アサード」。アルゼンチン人の肉への情熱は熱く、特に牛肉と羊肉の焼肉は驚くほど美味しい。 日本の焼肉とは根本的に違い、粗塩だけで豪快だが、とても繊細な味付けで、アルゼンチンのアサードはまさしく絶品だ。 「アサード」は、社交の場と...

パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場①

パタゴニア:チャルテン村の建設記念日

パタゴニア

関連記事

  1. チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①

    2014.12.23
  2. 【パタゴニア】強烈な風と、不思議な雲

    2013.09.07
  3. 《モノクローム写真》パタゴニアの嵐と名峰フィッツロイ

    2017.11.20
  4. 世界一おいしい羊は、パタゴニア産です

    2012.07.30
  5. 湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア

    2016.08.29
  6. メリノウールの毛刈り行程:パタゴニア

    2015.10.06
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP