Loading

PHOTO-BLOG

暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②

1.jpg
ビエドマ湖の西の外れに位置するヘルシンガー牧場は、大陸氷床から冷たく激しい風が吹き下りる“氷河谷”にある。
西側の山脈が、大陸氷床の分厚い氷を堰き止める役を果たしている。
その氷床の氷が山脈を越えて溢れ出てきているのが、氷河だ。
氷河を辿るように、風も吹き下りてくる。
ヘルシンガー牧場の宿舎を囲む防風林に入れば、強風の入り込まない別世界となる。
上空ではジェット機が通るような轟音が響いている。
風は、常に西風だ。
立っていられないほどの強風が常に吹き荒れるので、防風林の西側の木は、奇妙な形に育つ。
木の枝は、全て東向きに育つのだ。
風の吹かない日でも、この谷がどれほど強い風が吹く場所であるのか、目で見て分かるのだ。
3.jpg
2.jpg
6.jpg
5.jpg

関連ページ

パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場⑥... ヘルシンガー牧場は部屋数が極端に少ないので、滞在中はそのわずか十数人ほどの宿泊者で、敷地内の自然を独占することになる。 パタゴニアといえども、絶景のある場所には人はたくさんいるものだが、ヘルシンガー牧場では人のいない静寂な本来のパタゴニアの姿に身を置くことができるのだ。 パタゴニアの氷河と山...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰... クリスティーナ牧場から北へ約25キロ歩くと、ビエドマ湖へ抜けるルートがある。 ノルテ峰の直下を右に、深い谷の中を歩く。 南側はクリスティーナ牧場、北側はヘルシンガー牧場の私有地だ。特別な許可が無ければ入域できないので、パタゴニアでもほとんど知られていない。それだけトレイルの状況も悪く、体力も...
北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③... 名前の通り、デンマーク系の移民が立ち上げたヘルシンガー牧場は、景観がどことなく北欧に似ている。それは、宿舎の立地の選び方や防風林の植え方、家具や調度品から、滲み出ているからだと思う。 全体的に落ち着いたヘルシンガー牧場では、盛大に羊の丸焼き(アサード)を振る舞うことはないようだが、食事は上品で...
パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展... パタゴニア中のほぼ全ての土地が私有地として分断された時代を経て、今は牧場が解体されて行く時代だ。 国際競争の激化による羊毛価格の下落は、牧場の経営に大きく影響している。化学繊維の発達により羊毛のニーズが減っていることもある。 また、羊の飼育過剰により土地の荒廃(砂漠化)が進んでいたことも大き...
パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情... ラクダ科のグアナコは、パタゴニアでは簡単に見れる野生動物の一つだ。 広大な草原で目にすることは何度もあるだろう。 しかし、車道から見るグアナコは遠いもので、近づこうにも有刺鉄線で仕切られているために近づけない。 パタゴニアの土地のほとんどは私有地として分断されているために、車道から見え...
パタゴニアのエスタンシア:レオナ牧場①... カラファテとチャルテンの中間に位置する「レオナ牧場」は、その地の利を活かし休憩所として大繁盛している。 国道40号線沿いの好立地を所有するレオナ牧場には、そう簡単に競争相手が現れないので、まだまだしばらく安泰だろう。 休憩所としてのイメージが大きいが、レオナ牧場はホテルでもある。 レオナ牧...

パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場①

パタゴニア:チャルテン村の建設記念日

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア・アドベンチャー・クルーズ「アウストラリス号 5日間」

    2014.12.11
  2. 『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

    2018.06.05
  3. フィッツロイとセロトーレを望む展望の丘②

    2015.05.29
  4. パタゴニア-マゼラン海峡の最果ての町、プンタアレナス

    2016.04.10
  5. パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠

    2015.05.26
  6. マルコーニ峠を目指して、氷河を登る

    2015.05.17
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP