Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場①

1.jpg
観光牧場として宿泊やアクティビティを提供するエスタンシア(牧場)は、アルゼンチン・パタゴニアのカラファテとウシュアイア周辺にいくつかある。
フィッツロイの近くなら、ヘルシンガー牧場が好きだ。
ここの牧場の奥には、宝石のように美しい山上の湖があるからだ。
そして、ビエドマ湖南岸から、湖越しにフィッツロイ南壁を遠望できるのも魅力だ。チャルテン付近から望む東面に比べると、だいぶ山容が異なるのも面白い。
カラファテとチャルテンを繋ぐルート40号線から、ビエドマ湖南岸の支道を1時間ほど西へ向かう。
この西へ向かう道は、天気が良ければ展望も素晴らしい。
大陸氷床を抱くアンデス山脈の山並みが屏風のように前方に聳える。右奥にセロ・トーレとフィッツロイが見えて、いつまでも魅入ってしまう。
大陸氷床から吹き降ろす風は、ここでは年中吹き荒れている。
頭上に広がる雲の形も、刻々と奇妙に変化する。
飽きることなく景色を望みながら、ヘルシンガー牧場を目指す。
2.jpg
3.jpg
4.jpg

関連ページ

山上の秘密の湖を目指す:ヘルシンガー牧場④... ヘルシンガー牧場の背後に聳える“ウエムル峰”の懐深くに、美しい山上の湖がある。 「ラグーナ・アスール (Laguna Azul)」は、日本語に訳すと“青い湖”という意味だ。 ウエムル峰はヘルシンガー牧場の敷地内にあるため、この湖に行けるのは宿泊者のみの特権だ。 スケールの大きな話だが、パタ...
世界一美味しい羊肉:パタゴニアの「アサード」とアルゼンチン料理... 羊の国「パタゴニア」 アルゼンチン・チリ両国に広がるパタゴニアの大草原には、人よりも多くの羊がいます。 わずか百数十年で激増した羊は、パタゴニアに生えるコイロン草を好物とします。そして良質な羊毛を産出することから、20世紀初頭に牧羊が爆発的に発展しました。 このコイロン草を食べる羊は、...
レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア... レオナ牧場から草原を延々と歩くと、1時間ほどでビエドマ湖に着く。 人工物の何も無い草原で、風も吹いていなければ、聴こえる音といえば自分の足音だけになるだろう。 ビエドマ湖岸からはるか西の方角に、白波が立つ湖にまるで浮かぶように、フィッツロイ山群が見える。 内部にパタゴニア大陸氷床を抱くアン...
アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」... アルゼンチン名物アサードとは アルゼンチンの焼肉料理である「アサード」。アルゼンチン人の肉への情熱は熱く、特に牛肉と羊肉の焼肉は驚くほど美味しい。 日本の焼肉とは根本的に違い、粗塩だけで豪快だが、とても繊細な味付けで、アルゼンチンのアサードはまさしく絶品だ。 「アサード」は、社交の場と...
レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ... ビエドマ湖の岸に出ると、強風で湖面に白波が立っていた。 風は大陸氷床から、横幅80キロの湖を吹き抜ける。常に同じ方角から吹く風の影響で、氷河に含まれる細かい土砂も最後には東岸に辿り着き、砂浜となる。 はるかに望むフィッツロイへの距離は、約100キロほどだろうか。 エスタンシアの良さは、宿泊...
草原を駆ける牧童・ガウチョの精神 アルゼンチン文化の根底にあるのは、大草原の牧童・ガウチョの精神だ。 馬術に長けるだけではなく、精神性も尊敬されることで、日本でいえば武士のように誇り高い存在なのだ。 かつてアルゼンチンの開拓史で活躍したガウチョは、言葉にもなっている。 「彼はガウチョだ」という時には、そこには賞賛や尊敬の念...

パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展

暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②

関連記事

  1. パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る

    2018.01.27
  2. 前進するペリト・モレノ氷河が作る氷のアーチ

    2015.04.20
  3. セロトーレ直下の氷上キャンプ:パタゴニア南部氷原⑤

    2014.09.25
  4. パタゴニア・パイネ国立公園の名峰:クエルノ「角」

    2016.12.01
  5. 旅行伝記『パタゴニア (in patagonia) 』

    2012.10.17
  6. アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」

    2017.07.20
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP