Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場①

1.jpg
観光牧場として宿泊やアクティビティを提供するエスタンシア(牧場)は、アルゼンチン・パタゴニアのカラファテとウシュアイア周辺にいくつかある。
フィッツロイの近くなら、ヘルシンガー牧場が好きだ。
ここの牧場の奥には、宝石のように美しい山上の湖があるからだ。
そして、ビエドマ湖南岸から、湖越しにフィッツロイ南壁を遠望できるのも魅力だ。チャルテン付近から望む東面に比べると、だいぶ山容が異なるのも面白い。
カラファテとチャルテンを繋ぐルート40号線から、ビエドマ湖南岸の支道を1時間ほど西へ向かう。
この西へ向かう道は、天気が良ければ展望も素晴らしい。
大陸氷床を抱くアンデス山脈の山並みが屏風のように前方に聳える。右奥にセロ・トーレとフィッツロイが見えて、いつまでも魅入ってしまう。
大陸氷床から吹き降ろす風は、ここでは年中吹き荒れている。
頭上に広がる雲の形も、刻々と奇妙に変化する。
飽きることなく景色を望みながら、ヘルシンガー牧場を目指す。
2.jpg
3.jpg
4.jpg

関連ページ

パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展... パタゴニア中のほぼ全ての土地が私有地として分断された時代を経て、今は牧場が解体されて行く時代だ。 国際競争の激化による羊毛価格の下落は、牧場の経営に大きく影響している。化学繊維の発達により羊毛のニーズが減っていることもある。 また、羊の飼育過剰により土地の荒廃(砂漠化)が進んでいたことも大き...
パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ... アルゼンチン開拓が進み、各地が有刺鉄線で区切られて大牧場(エスタンシア)が建設されていった。 その過程の中で、自由に草原を闊歩していた誇り高いガウチョは姿を消していく。 ガウチョの姿を今に残す牧童も、牧場の雇われ牧童として“ペオン”と呼ばれることになる。 春から夏にかけて、パタゴニア各地で...
先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②... 岩屋に行ってみると、なぜそこに先住民が住みついたのか少し理解できる。 一番重要なのは、風が吹き込まない事だろう。 強風が吹き荒れるパタゴニアだが、岩屋(半洞窟)の周囲では空気が止まっていて静かだ。そのような場所では森も育ち、乾燥したパタゴニアではオアシスのような場所になる。 先住民が暮らし...
パタゴニアの象徴:羊と牧童(ガウチョ)、そして食文化アサード... パタゴニアの大草原パンパ パタゴニアの大草原の面積は日本の約2倍という、とてつもなく広い草原です。 この広大な草原の象徴的な存在が「羊」です。 百数十年前までは、羊はパタゴニアに存在しませんでしたが、その後の牧羊産業の急発展を経て、今では約1000万頭もの羊が放牧されています。 ...
クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア... 荒涼とした谷の中から、草原帯に抜けると空気が変わる。 風が吹いていることが一番大きな違いだろう。 まだ氷河が去ったばかりで生き物の気配の無い谷は、風も吹きこまないことから、自分の足音や服のこすれる音が聞こえるほどに、シンとして音の無い世界なのだ。 空を見上げれば、雲がゴンゴンと流れて行くの...
アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード... アサードの味付けは、岩塩とレモンを振りかけるシンプルな味付けが基本だ。 “チミチューリ”と呼ばれる各家庭により異なるタレに浸して食べるのも美味しい。塩・オリーブオイル・酢をメインに香辛料を加えた、アルゼンチン発祥のソースだ。 ガウチョの伝統料理はシンプルなものだが、パタゴニアの大草原で焼かれ...

パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展

暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓

    2017.06.23
  2. マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

    2015.05.19
  3. パタゴニア-マゼラン海峡から、プエルトナタレスへ

    2016.04.19
  4. 秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①

    2015.08.17
  5. パタゴニア旅行の締めくくりは、ブエノスアイレスで

    2014.07.07
  6. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘

    2015.10.31
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP