Loading

PHOTO-BLOG

シュティフター「水晶」の世界観/パタゴニアの聖地フィッツロイ


パタゴニアのフィッツロイ山麓が晴天に恵まれたある日、山を歩いていると、そのあまりにも清冽な景色に心を奪われる。森、草原、小川のせせらぎ、氷河を抱く山々、全てが完璧に調和して、静かに我々を包み込むように優しい。世界の全てが宝石のように輝いている

あまりにも清浄で静謐なフィッツロイ山麓は、まるでヨーロッパ・アルプスの静かな田舎のような美しさだ

オーストリアの作家・シュティフターの名著「水晶」を読んだのはいつ頃だろうか。20年以上も前に読んだ短編「水晶」の世界観は、その後訪れたパタゴニアで、イメージを重ね合わせて山々を歩いたものだ。

シュティフターが表現するアルプスの自然は、静けさに満ちて、一見すると無言で厳しい自然に見える。その森羅万象から無限の愛をも受け取るような描写を、主人公に小さな子供を据えることで表現した。

自然への憧憬はとてもキリスト教的なもので、ヨーロッパの人々が感じる自然がいかなるものかを、この本を通して感じることができた。

シュティフターは、オーストリアのザルツカンマーグート地方のゴーザウという風光明媚な湖沼地帯の出身だ。ダハシュタイン山群という峻嶮な山々の山麓に、清冽で豊富な小川が何本も流れ、古木がさりげなく森を形成する。私もたまたま2、3回ほど訪れたことはあるのだが、アルプスの外れに位置するゴーザウは、心が洗われるような山域であった。その森と山の中で、シュティフターは感性を静かに研ぎ澄ませたのだろう

シュティフターの「水晶」を心に抱きながらパタゴニア・フィッツロイの山麓を歩き、シュティフター作品とパタゴニアの不思議な親和性に気づく。パタゴニアの自然が秘める静謐・清冽は、原始の自然が内包する共通の理であるからだろう。
自然とは無情で恐ろしい畏怖を人に与える面があるが、一方でとてつもない奇跡を人に見せることがある。それは微細な感性でしか察知できない

その予感を感じる場所を、人は「聖地」と呼ぶのかもしれない。
パタゴニアのフィッツロイ山麓は、紛れもない聖地なのだ。

◎「石さまざま」(岩波文庫・シュティフター著):この短編集の中の一つが「水晶」です

関連ページ

秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア... パタゴニアの秋は、降雪とともに一段と冬に近づいて行く その歩みは遅く、日に日に寒さも厳しくなっていく そんな秋のフィッツロイの良さは、雪化粧したフィッツロイと紅葉の景色だろう 未明に降る雪が一面に積もっていることもあるが、この季節の雪は陽が差すと融けて行く まだまだ積極的に歩ける季節...
パタゴニアの大草原『パンパ』:秘境サンマルティン湖のコンドル牧場へ... 南北1800キロの大草原『パンパ』 パタゴニアの草原はとてつもなく広い。南北約1800キロに渡り、延々と荒涼とした草原が広がる。大草原「パンパ」は一見すると何もない荒野だが、ラクダ科のグアナコや小型のダチョウ・ダーウィンレア、そしてピューマが生きる野生動物の土地でもある。そして、150年ほど前...
パタゴニア・ウプサラ氷河クルーズ&クリスティーナ牧場... アルゼンチン・パタゴニアの基点:カラファテ パタゴニアの大きな青い空、氷河、雄大な岩峰といったパタゴニアのシンボルを望むために、アルゼンチン・パタゴニアの基点カラファテは理想的な立地です。 カラファテは、アンデス山脈の東側に位置することから、偏西風の湿った空気はアンデス山脈で落ち、気持ち良い...
【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓... 南米パタゴニアの秋は、日本に引けを取らない鮮やかな紅葉に彩られる美しい季節です。 ブナの木の紅葉というと、北半球のブナは黄色や橙色にこそ染まりますが、パタゴニアでは赤く色づくのです。 一か月かけて少しずつ色彩を黄色から赤へと変化させる南極ブナの紅葉を辿ってみます。 パタゴニアの森を...
アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」... アルゼンチン名物アサードとは アルゼンチンの焼肉料理である「アサード」。アルゼンチン人の肉への情熱は熱く、特に牛肉と羊肉の焼肉は驚くほど美味しい。 日本の焼肉とは根本的に違い、粗塩だけで豪快だが、とても繊細な味付けで、アルゼンチンのアサードはまさしく絶品だ。 「アサード」は、社交の場と...
【動画】パタゴニア・パイネ国立公園 縦走トレッキング... パイネ国立公園の名ルート「Wトレック」 アルゼンチンとチリの両国にまたがる“風の大地 パタゴニア”地方で、アルゼンチン側ではフィッツロイ山麓。チリ側ではパイネ国立公園が最も展望の優れた名所です。このパイネ国立公園の小屋泊の縦走トレッキングの名ルート“Wトレッキング”を写真と動画を織り交ぜてビデ...

パタゴニアの絶景:朝日に輝くフィッツロイ峰を望む

ガラパゴス諸島のシンボル:世界最大のゾウガメ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. フィッツロイ直下のトレス湖で迎える神聖な日の出

    2014.04.29
  2. 姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア

    2015.06.14
  3. 果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③

    2014.09.12
  4. パタゴニア・フィッツロイ峰の荘厳なモルゲンロート

    2014.04.09
  5. パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け

    2016.04.09
  6. マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

    2015.05.19
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP