Loading

PHOTO-BLOG

シュティフター「水晶」の世界観/パタゴニアの聖地フィッツロイ


パタゴニアのフィッツロイ山麓が晴天に恵まれたある日、山を歩いていると、そのあまりにも清冽な景色に心を奪われる。森、草原、小川のせせらぎ、氷河を抱く山々、全てが完璧に調和して、静かに我々を包み込むように優しい。世界の全てが宝石のように輝いている

あまりにも清浄で静謐なフィッツロイ山麓は、まるでヨーロッパ・アルプスの静かな田舎のような美しさだ

オーストリアの作家・シュティフターの名著「水晶」を読んだのはいつ頃だろうか。20年以上も前に読んだ短編「水晶」の世界観は、その後訪れたパタゴニアで、イメージを重ね合わせて山々を歩いたものだ。

シュティフターが表現するアルプスの自然は、静けさに満ちて、一見すると無言で厳しい自然に見える。その森羅万象から無限の愛をも受け取るような描写を、主人公に小さな子供を据えることで表現した。

自然への憧憬はとてもキリスト教的なもので、ヨーロッパの人々が感じる自然がいかなるものかを、この本を通して感じることができた。

シュティフターは、オーストリアのザルツカンマーグート地方のゴーザウという風光明媚な湖沼地帯の出身だ。ダハシュタイン山群という峻嶮な山々の山麓に、清冽で豊富な小川が何本も流れ、古木がさりげなく森を形成する。私もたまたま2、3回ほど訪れたことはあるのだが、アルプスの外れに位置するゴーザウは、心が洗われるような山域であった。その森と山の中で、シュティフターは感性を静かに研ぎ澄ませたのだろう

シュティフターの「水晶」を心に抱きながらパタゴニア・フィッツロイの山麓を歩き、シュティフター作品とパタゴニアの不思議な親和性に気づく。パタゴニアの自然が秘める静謐・清冽は、原始の自然が内包する共通の理であるからだろう。
自然とは無情で恐ろしい畏怖を人に与える面があるが、一方でとてつもない奇跡を人に見せることがある。それは微細な感性でしか察知できない

その予感を感じる場所を、人は「聖地」と呼ぶのかもしれない。
パタゴニアのフィッツロイ山麓は、紛れもない聖地なのだ。

◎「石さまざま」(岩波文庫・シュティフター著):この短編集の中の一つが「水晶」です

関連ページ

フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)... パタゴニア・フィッツロイ峰の神美的な魅力 天を突くような針峰群が草原の彼方に現れると、何度訪れてもその存在感に圧倒されてしまう。 パタゴニアのフィッツロイ峰は、その類まれな容姿で、半ば神格化されるほどに美しい山です。 山麓にチャルテン村が建設されてまだ約30年ほどですが、村人のほぼ...
パタゴニアの絶景:朝日に輝くフィッツロイ峰を望む... パタゴニアで見るべき景色をいくつか挙げるとしたら、名峰フィッツロイの朝日が一番となるだろうか ペリトモレノ氷河の大氷壁や大草原パンパ、そしてパタゴニア独特の雲「レンズ雲」も見るべき景色だが、フィッツロイ峰の朝日は次元が違う美しさだからだ パタゴニアの名峰フィッツロイとは パタゴ...
「ブッチ・キャシディ」の行方:パタゴニアの草原に消えたアメリカの大強盗... ブッチ・キャシディの指名手配の記事を見たのは、国道40号線のラ・レオナ牧場であった。この牧場は、国道にカフェを出していて、そこの壁に記事のコピーが貼られていたのだ。ラ・レオナ牧場は、パタゴニアにある。  かつてのパタゴニアは、流浪者の辿り着く僻地であった。詐欺師上がりの王様から、氷河に飲み込ま...
映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量... ダートバッグ:天才の稀有な記録 『ダートバッグ』とは、隠語で「人間のクズ」などを意味する誇らしいとは言えない呼称です。それは、何かに熱中して浮世離れした人を指す「称賛」と受け取ることもできるでしょう。社会一般の人々からの憧れや妬みがそこに含まれているからです。 社会的な常識に興味を示さず...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...
海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは... 過酷な環境に柔軟に対応する「ダッフルバッグ」 防水で耐久性のある「ダッフルバッグ」は、海外トレッキングや秘境地域で大きく活躍します。パタゴニア、ペルーやボリビアのアンデス山脈、ギアナ高地やレンソイス砂漠など、あらゆるアウトドア・シーンで必要な基本装備です。 ポーターやロバ(リャマ)が運ぶ...

パタゴニアの絶景:朝日に輝くフィッツロイ峰を望む

ガラパゴス諸島のシンボル:世界最大のゾウガメ

パタゴニア

関連記事

  1. フィッツロイとセロトーレを望む展望の丘②

    2015.05.29
  2. パタゴニア南部氷原のマルコーニ峠を目指して②

    2014.09.07
  3. 2011パタゴニア旅行 ⑧フィッツロイ(その二!)

    2012.02.26
  4. マルコーニ峠を目指して、氷河を登る

    2015.05.17
  5. 2018年ブログ人気記事セレクト

    2018.12.29
  6. パタゴニア・ペリトモレノ氷河の“氷河ダム”決壊

    2016.03.10
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP