Loading

PHOTO-BLOG

ガラパゴス諸島のシンボル:世界最大のゾウガメ


ガラパゴス諸島の「ガラパゴス」はスペイン語で「陸ガメ」を意味するのはご存知だろうか。

かつて大航海時代、スペイン人の探検隊が辿り着いたころ、ガラパゴス諸島のいたるところで、この巨大なゾウガメを目にすることができた。そのことから「陸ガメの島」=「ガラパゴス諸島」と呼ばれるようになったのだ。

その後、ゾウガメは乱獲の対象となり、諸島からほとんど姿を消してしまった。島を訪れる漁師や探検隊にとって、ゾウガメは簡単に捕獲できる貴重な食料となったのだ。また、研究対象として大量に連れ去られたことも一因だ。そして、移住した人々の家畜やイヌが、ゾウガメの生息を窮地に陥れてしまった。
絶滅寸前の状況であったが、国立公園として管理されるようになり、現在では手厚く保護・繁殖が行われている。島によっては絶滅したり、あるいは10頭まで減り絶滅寸前に追いやられた島もあったが、今では人工飼育の発展もあり確実に数が増えている。

サンクリストバル島のゾウガメ保護センターでは、体長1.5m近くあり、体重はおよそ200キロという巨大なゾウガメが重そうな甲羅を背負い、のしのしと茂みを歩いている。ガラパゴスゾウガメは世界最大の陸ガメなのだ。

島ごとに異なる進化を辿ったゾウガメは、約10種類に分化する。その違いは甲羅の形で判断することができる。鞍型と呼ばれる形の甲羅を持つゾウガメは乾燥地帯を好み、ドーム型と呼ばれる形の甲羅のゾウガメは湿潤地帯であった。このように島ごとの気候の違いに合わせて、それぞれの進化の道を辿ったわけだ。

関連ページ

シュティフター「水晶」の世界観/パタゴニアの聖地フィッツロイ

ペルー・マチュピチュ遺跡:2019年からの入場制限

関連記事

  1. 【動画】イースター島の絶景スポット:モアイ文明の謎

    2021.09.12
  2. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
  3. パタゴニアの絶滅危惧種・ウエムル鹿の住む森/フィッツロイ山麓

    2020.02.23
  4. ペルー旅行の魅力を解説④:南米一の山岳展望“ブランカ山群”とワスカラン国立公園

    2020.04.24
  5. 【動画】富士山と星降る空を望むin本栖湖・浩庵キャンプ場

    2020.12.21
  6. 【今日の絶景】ブラジル・レンソイス砂漠の風紋と砂丘

    2015.12.24
パタゴニア
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP