Loading

PHOTO-BLOG

秘境クルーズ特集:ガラパゴス諸島、パタゴニア、アマゾン、南極大陸

秘境ネイチャー・クルーズの魅力

アンディーナトラベルで手配する秘境クルーズは、乗客30~100人の中型船ネイチャー・クルーズです。ガラパゴス諸島、パタゴニア、アマゾン、南極のクルーズを手配しています。乗客が少ないことから機動力があるので、1日をたっぷり現地の自然体験を満喫します。

ガラパゴス諸島「レジェンド号」


3泊4日、4泊5日、6泊7日で、ガラパゴス諸島を巡ります。ガラパゴス諸島では、1日2回のアクティビティをメインに一日を過ごします。
各島を効率的に訪問して、イグアナやペンギン、アオアシカツオドリなどの野生動物を間近で観察できるのが魅力です

1島滞在で日帰り観光する場合やアイランドホッピングに比べて、クルーズ船は夜間の眠っている間に移動を済ませているのが、「クルーズ船」が圧倒的に良い理由となるでしょう。

関連ページ

パタゴニア「アウストラリス号」


パタゴニア最南端を巡る豪華ネイチャー・クルーズは、アルゼンチン最南端の町ウシュアイアとマゼラン海峡のプンタアレナスを結びます。ホーン岬を始め、フエゴ島やビーグル水道で氷河地帯をハイキングしたり、マゼラン海峡でペンギンやアザラシ、クジラなどの海洋生物の観察をします。

関連ページ:パタゴニア

南極半島クルーズ


南米最南端から往復する南極クルーズは、12~14日間がメインとなります。南極大陸では1日2回のアクティビティをします。上陸する場合には野生動物の観察をしながらハイキングをします。
ペンギン、アザラシの観察を始め、氷河のダイナミックな風景に圧倒されるでしょう。

世界中からツーリストが訪れる南極クルーズは非常に混んでいるので、2018~2019年シーズンは既に満席で、次のシーズンである、2019年11月~2020年3月シーズンが販売開始されています。

関連ページ

アマゾンクルーズ「デルフィン号」と「アリア号」


アマゾンの玄関となる町、ペルーのイキトスを基点に、3泊4日または4泊5日でアマゾンを巡ります。5星のサービスで巡るアマゾン・クルーズの魅力は、やはり効率的に巡れることが大きな魅力です。
アマゾンの過酷な環境を旅行するのはなかなか大変ですが、クルーズではエアコンの利いた環境で快適・清潔に過ごせるのも魅力です。

1日2回のアクティビティでは、上陸してハイキングしたり、ボートから野生動物を観察したりします。クルーズ船はアマゾンの奥地へと入り込むので、絶滅危惧種のピンクイルカも観察することができるでしょう

関連ページ

関連ページ

ガラパゴス諸島の「リクイグアナ」とサボテン... サボテンとイグアナ サボテンの木が鬱蒼と生える林を歩いていると、イグアナがサボテンの下で彫像のように固まっているのを目にするだろう。動きの緩慢な巨大なトカゲ・リクイグアナは、サボテンを好物とする。サボテンの葉が落ちて来るのを、木の下で何日も待ち続ける。 鋭い棘を持つサボテンの葉もイグアナ...
ガラパゴス諸島のシンボル:世界最大のゾウガメ... ガラパゴス諸島の「ガラパゴス」はスペイン語で「陸ガメ」を意味するのはご存知だろうか。 かつて大航海時代、スペイン人の探検隊が辿り着いたころ、ガラパゴス諸島のいたるところで、この巨大なゾウガメを目にすることができた。そのことから「陸ガメの島」=「ガラパゴス諸島」と呼ばれるようになったのだ。 ...
【ペルー・アマゾン】クルーズで望む、燃えるような朝日と夕日... ペルー・アマゾンの夕日 ほぼ赤道直下のアマゾンでは、年間を通してほぼ同じ時刻、日の出は6時、日没は18時頃です。 パタゴニアやアラスカのような緯度の高い極地の朝日や夕日は、ときに何時間もかけてじわじわと変化していきます。 それに比べると、赤道直下の朝日や夕日はとても短く、しかし一瞬に燃...
ガラパゴス諸島のアイドル:アオアシカツオドリの生態... コバルトブルーの青い足:アオアシカツオドリ 太平洋の絶海の孤島ガラパゴス諸島では、独自の進化を遂げた生き物が多く生息しています。哺乳類も鳥類も天敵が全くいないことから人をも恐れず、まるで楽園のような島です。 このガラパゴス諸島でアイドルのような存在といえば、アオアシカツオドリでしょう。鮮やか...
パタゴニア・アドベンチャー・クルーズ「アウストラリス号 5日間」... 5星の旅:アドベンチャー・クルーズと、ウシュアイア ビーグル水道を中心に、地の果てホーン岬までクルーズする「アウストラリス号」のシーズンも、早くも残りたった4ヶ月です。4月のシーズン・オフを前に、アウストラリス号とウシュアイア観光をセットにした特別企画を、「ウシュアイア発着」のパック料金でご案...
写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品... 国際写真コンテスト「International Photographer of the year 2017」にて、弊社・松井の2作品が入選しました。 パタゴニアでは、フィッツロイ峰と星の軌跡、南極では圧倒的な迫力の氷河をテーマにしています。 ●パタゴニア:Star Trail in Pa...

《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング

雨季・ウユニ塩湖:“天空の鏡”のベストシーズン到来

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア・フィッツロイ峰の歴史:先住民テウェルチェ族

    2016.11.09
  2. クスコの街角にて:祝祭に活気づくインカの古都

    2015.07.26
  3. イギリス基地ポート・ロックロイの郵便ポスト

    2017.04.14
  4. パタゴニアのキノコ③:アミガサダケ

    2015.09.12
  5. 森の隙間に群落を成す:春の花・アネモネ

    2015.08.26
  6. マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原

    2015.05.18
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP