Loading

風景写真家・松井章のブログ

狂おしい“地球の鼓動”④:ペンギンの国「南極大陸」


南極大陸を旅していると、思った以上に野生動物の気配が漂うことに驚くだろう。特に南極大陸で存在感ある動物がペンギンだ。
気候変動などの影響で生息数の増減が激しいが、この数年はペンギンの生息数は増えていて、約800万羽とも900万羽ともいわれている。

南極の夏に当たる11月から2月にかけて、ペンギンは陸上にコロニー(ルッカリー)を形成する。この時期、地肌が露出する場所は、ほとんどがペンギンに占拠されているかのように、南極の沿岸では延々とペンギンのコロニーが広がっていた。

写真は、イギリスの観測基地「ポート・ロックロイ」。
人を恐れないペンギンにとって、ポート・ロックロイの敷地もまたコロニーに最適な場所なのだろう。

南極において、人は訪問者に過ぎないことを実感するような光景だ。

押し寄せるような巨大な氷河に覆われた氷の大地で、人もペンギンも僅かな地肌を見つけて、寄り添うように生きている。
とてつもない自然の力を前に、非力な生命は逞しく生き延びていた

関連ページ:南極

「南極」ブログ関連記事集



狂おしい“地球の鼓動”③:レンソイス砂漠の風の営み

狂おしい“地球の鼓動”⑤:パタゴニアの名峰フィッツロイの朝日と大草原

関連記事

  1. BA Styleコラム3月号:“虹色の谷”ウマワカ渓谷

    2022.03.10
  2. 新写真集「パタゴニア」発刊のお知らせ:6月の販売開始

    2019.05.14
  3. 狂おしい“地球の鼓動”③:レンソイス砂漠の風の営み

    2019.10.06
  4. アタカマ砂漠の花園:エルニーニョ現象と生命の連鎖 3つの不思議

    2019.12.30
  5. ペルー・アンデスの核心部を歩く:ワイワッシュ山群トレッキング

    2019.04.15
  6. 【動画】パタゴニアで最も愛される植物「カラファテ」

    2021.08.20
パタゴニア
2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

パタゴニア

最近の記事

パタゴニア

アーカイブ

PAGE TOP