Loading

風景写真家・松井章のブログ

狂おしい“地球の鼓動”④:ペンギンの国「南極大陸」


南極大陸を旅していると、思った以上に野生動物の気配が漂うことに驚くだろう。特に南極大陸で存在感ある動物がペンギンだ。
気候変動などの影響で生息数の増減が激しいが、この数年はペンギンの生息数は増えていて、約800万羽とも900万羽ともいわれている。

南極の夏に当たる11月から2月にかけて、ペンギンは陸上にコロニー(ルッカリー)を形成する。この時期、地肌が露出する場所は、ほとんどがペンギンに占拠されているかのように、南極の沿岸では延々とペンギンのコロニーが広がっていた。

写真は、イギリスの観測基地「ポート・ロックロイ」。
人を恐れないペンギンにとって、ポート・ロックロイの敷地もまたコロニーに最適な場所なのだろう。

南極において、人は訪問者に過ぎないことを実感するような光景だ。

押し寄せるような巨大な氷河に覆われた氷の大地で、人もペンギンも僅かな地肌を見つけて、寄り添うように生きている。
とてつもない自然の力を前に、非力な生命は逞しく生き延びていた

関連ページ:南極

「南極」ブログ関連記事集



狂おしい“地球の鼓動”③:レンソイス砂漠の風の営み

狂おしい“地球の鼓動”⑤:パタゴニアの名峰フィッツロイの朝日と大草原

関連記事

  1. 山岳写真撮影ツアー: ペルー・ブランカ山群の4つの魅力

    2015.12.21
  2. チリ暴動による地方の最新状況:パタゴニア・パイネ国立公園

    2019.11.08
  3. 山岳写真撮影:カメラ機材を運ぶ専属ポーター手配

    2016.02.03
  4. レンソイス砂漠トレッキング・ツアー2019③:無限の連鎖の果て

    2019.11.21
  5. ウユニ塩湖を貸切る:キャンピングカー「エアストリーム」滞在

    2018.12.13
  6. ペルー文化遺産「プカラの牛」巡回展(東京)開催

    2022.11.04
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP