Loading

風景写真家・松井章のブログ

立山連峰の朝焼け

朝焼け空と立山連峰


富山の田園地帯で、朝日を迎えました。
早春とはいえ、すでに日の出の時間はかなり早くなっています。
空が少しずつ明るくなるなか、運よく朝焼けを見ることができました。

主峰の剱岳(2999m)もすっきりとして、背後の空は朝焼けに染まりました。

山を望むとき、黎明から日の出の間が、一日で最も神聖な時間だと思っています。
寒さに耐えて静かに空を見つめていると、心も落ち着くものです。

撮影機材

★撮影機材:SONYα7R IV、(レンズ)ZEISS Batis 2/25、SAMYANG AF 35-150mm F2-2.8 FE, SIGMA 16-28mm F2.8 DG DN

関連ページ



氷見・雨晴海岸から立山の山麓へ

「聖山イリマニ」日本ボリビア協会会報誌・カントゥータに掲載

関連記事

  1. ペルー旅行の魅力を解説④:南米一の山岳展望“ブランカ山群”とワスカラン国立公園

    2020.04.24
  2. 温暖化によるペリトモレノ氷河の後退がいよいよ始まる

    2024.04.12
  3. 写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』

    2017.10.03
  4. 写真展が終了しました「みなさま良いお年を」

    2022.12.28
  5. ブエノスアイレスで生まれたタンゴの起源

    2024.04.13
  6. 【北海道・摩周岳】“摩周ブルー”青い摩周湖を望む登山

    2020.10.05
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP