Loading

PHOTO-BLOG

【野生動物の写真撮影】南米のラクダ“グアナコ”


南米のラクダは主にアンデス高原に生息しているが、グアナコは低地に適応しています。乾燥した草原を好み、パタゴニアの大草原でなら、どこでも見ることができます。

グアナコを至近距離で撮影するコツは、他の野生動物と同様に静かに根気良く同じ時間を過ごすことでしょう。

できれば風下であれば警戒されにくいが、何よりも大事なのは同じ目線で静かにじっとしていることだと思います。

警戒は徐々にほぐれていき、お互いの間合いは徐々に縮まっていきます。それでも、ある間合いを越えてしまうと逃げてしまうので、最短の間合いを掴んだら、あとは草原から顔を出して、彼らが見ている世界を感じることが理想です。

そんなゆったりと流れる時間を野生動物と共有できたなら、それはとてつもない幸運なことなのです。(チリ・パイネ国立公園)

フォト・ギャラリー「パタゴニア」:新ページのご案内

ペルー旅行の魅力を解説④:南米一の山岳展望“ブランカ山群”とワスカラン国立公園

関連記事

  1. 2011パタゴニア旅行 ⑦フィッツロイ(その一)

    2012.02.19
  2. フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)

    2017.01.23
  3. ペルー旅行の魅力を解説④:南米一の山岳展望“ブランカ山群”とワスカラン国立公園

    2020.04.24
  4. パタゴニア・マルガリータの花畑:パイネ国立公園のワイルドフラワー

    2015.09.05
  5. フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア

    2015.06.03
  6. アンデス山脈の黄昏:氷雪峰の魔法の色彩 -ペルー・ブランカ山群

    2017.11.30
パタゴニア
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP