Loading

PHOTO-BLOG

自分だけの聖地を作る

110720屋久島_55.JPG
屋久島・宮之浦岳
「ぼくたちが毎日を生きている同じ瞬間、もうひとつの時間が、確実に、ゆったりと流れている。日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、それは天と地の差ほど大きい。」(星野道夫)
星野道夫さんの言葉は、私にとっては聖書のようなものです。
私の「もうひとつの時間」が流れる場所、「聖地」はパタゴニアです。
フィッツロイやパイネ、何もない大平原、パタゴニアにいるだけで、心底幸せです。
特にあの暴風がたまらなく好きで、パタゴニアで暴風に巻かれている時、このまま死んでもいいと思えるほど幸せです。
そんな場所を聖地というのでしょう。
私は、日本にいながら、パタゴニアを感じることができる。
それでも、身近な聖地も必要だなと思っています。
最近、山歩きをしていないので、代わりにジョギングをしています。
体力的にはカロリー消費して満足ですが、住宅地を走っても心が満たされない。
ふざけた小学生にダッシュで追い抜かされたりして、住宅地はやはり住宅地です。
日帰りで行ける、そんな聖地が欲しいものです。
そこそこ山奥で、人が少なくて、ちょっと大きな広葉樹がある場所。
ちょっとオッサン臭いですが、そんな場所を探しています。

関連ページ

クリスティーナ再選 パタゴニア2011 549 10月末のアルゼンチンの大統領選挙は、クリスティーナ大統領の圧勝で終わった。 その時、私は中野君とロス・アンティグオスという町で足止めをくらっていた。選挙のためにバスも運休なのだ。 選挙当日は田舎なので静かなものだったが、けっこう反クリスティーナ派のおじさんがいたりして、...
12/10開催「“南米アンデスの山旅”スライドショー」... 厳選ネイチャーフォト・スライドショー 南米大陸を縦断する長大なアンデス山脈に広がる多彩な景観の一部を、弊社代表・松井が撮影した写真をとともに、大画面でご案内します。 次の旅先に、南米アンデス山域を検討するきっかけになればと思います。 「厳選ネイチャーフォトのスライドショー 南米アンデス...
11/19(木)~30(月) 写真展「パタゴニア&ギアナ高地」②... 本日は、写真展の会場“Cafe Stay Happy”さんに写真を設置していただきました。 こうして大きく写真をプリントしてみると、撮影した時の臨場感が湧き返り感慨深いものがあります。 フィッツロイ山麓の誰もいない場所で、じっくりと過ごす時間が最も好きなんだなぁと改めて思いました。そんな時に...
海外旅行をさらに楽しくする体験:トレッキング... 海外トレッキングで、山や砂漠や草原を歩く。 それは経験豊かな人だけができる特別なこと、そのような敷居の高いイメージが、海外トレッキングにはあるでしょう。 実際にそうなのだろうか。 トレッキングと一言でいっても、山歩きのコース・レベルは千差万別です。 ペルー・インカトレイルだけを見てみても...
お助け食材 ジャガイモ ジャガイモの原産地はペルーのアンデス山地です。ペルー国内だけでも3000種類以上あると言われています。市場などで実際に売られているのはそのうちの10−15種類ほどで、調理法やメニューに合ったものを選びます。 ところで実際のところどのくらいの量が消費されているのでしょうか? 世界の一人当たりの平均年...
トラベルクラブ特典2017カレンダー「南米の一望千頃」... 「アンディーナトラベル・クラブ」の会員特典の卓上カレンダーを作成中です。 テーマを『南米の一望千頃(いちぼう – せんけい)』として、月ごとの写真をセレクトしています。 “一望千頃”とは、“広々としていて遠くまで見渡せる美しい景色”を意味します。 南米のいたる所にある「...

心が温まるグアテマラ滞在

自立した旅行を応援します【アルゼンチン・パタゴニア】

パタゴニア

関連記事

  1. 【パタゴニア・トレッキング】いよいよ始まる、パタゴニアのベスト・シーズン

    2013.10.16
  2. お助け食材 ジャガイモ

    2013.09.25
  3. 先住民の伝承による、山や土地の名前

    2012.08.18
  4. 11/19(木)~写真展「パタゴニア&ギアナ高地」開催①

    2015.11.16
  5. 12/10開催「“南米アンデスの山旅”スライドショー」

    2016.11.19
  6. パタゴニア開拓に貢献したエスタンシア-牧場

    2014.03.06
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP