Loading

PHOTO-BLOG

自分だけの聖地を作る

110720屋久島_55.JPG
屋久島・宮之浦岳
「ぼくたちが毎日を生きている同じ瞬間、もうひとつの時間が、確実に、ゆったりと流れている。日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、それは天と地の差ほど大きい。」(星野道夫)
星野道夫さんの言葉は、私にとっては聖書のようなものです。
私の「もうひとつの時間」が流れる場所、「聖地」はパタゴニアです。
フィッツロイやパイネ、何もない大平原、パタゴニアにいるだけで、心底幸せです。
特にあの暴風がたまらなく好きで、パタゴニアで暴風に巻かれている時、このまま死んでもいいと思えるほど幸せです。
そんな場所を聖地というのでしょう。
私は、日本にいながら、パタゴニアを感じることができる。
それでも、身近な聖地も必要だなと思っています。
最近、山歩きをしていないので、代わりにジョギングをしています。
体力的にはカロリー消費して満足ですが、住宅地を走っても心が満たされない。
ふざけた小学生にダッシュで追い抜かされたりして、住宅地はやはり住宅地です。
日帰りで行ける、そんな聖地が欲しいものです。
そこそこ山奥で、人が少なくて、ちょっと大きな広葉樹がある場所。
ちょっとオッサン臭いですが、そんな場所を探しています。

心が温まるグアテマラ滞在

自立した旅行を応援します【アルゼンチン・パタゴニア】

関連記事

  1. オンラインで学ぶ「スペイン語レッスン」開講中

    2020.06.17
  2. 【新型コロナウィルス対応】臨時休業と営業再開について

    2020.04.11
  3. キューバ革命と中南米の誇り:ラテンアメリカ的な愛国心とは?

    2019.08.29
  4. マイノリティの世界観を感じる「神話」

    2013.05.14
  5. 【営業所移転のお知らせ】新営業所は、JR中央線・阿佐ヶ谷です。

    2014.05.13
  6. 何を見ても何かを思い出す:天山山脈の秀峰ハンテングリ

    2019.09.08
パタゴニア
2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP