Loading

PHOTO-BLOG

東京湾の花火の撮影:夜空に咲く「大輪の花」を自由に描く

背景のネオンが映える東京湾の花火

夏の風物詩「花火」は日本中で打ち上げられますが、東京湾の花火大会は背景のネオンが映えることから、写真映りの良い花火大会と言えます。

7月20日に開催された東京湾の花火大会「STAR ISLAND 2019」では、都会の夜空に咲く「大輪の花」を撮影しました。東京らしいネオンに浮かぶフジテレビとグランドニッコー東京は、素晴らしい写真のアクセントとなります。

花火撮影のポイント

花火の撮影では、シャッタースピードを変えることで、実に様々な写真を撮ることができます。幻想的な花火というリアルな風景を、シャッタースピードを変えることで、自由にキャンバスに絵を描くように、イマジネーションのままに撮影することができます。

自分の心の目で見える花火を、写真に転写する気持ちで自由に撮影してみると、実に幻想的で不思議な写真を撮ることができるでしょう。

花火大会が始まれば、夢中に心のままに撮るだけですが、写真の出来具合のほとんどは、撮影ポイントですでに決まってしまう面はあります。
東京湾という開けた立地で、背景のネオンを映しこむためには、どこから撮るのが一番良いものか。花火大会前に開催地の打ち上げ地点をなるべく正確に特定して、慎重にこだわって撮影ポイントを選びたいところです。

関連ページ:松井章 写真事務所









【動画】ウマワカ渓谷と“14色の山”オルノカル/アルゼンチン旅行

インカトレイル・トレッキング完全ガイド①:ペルー旅行の聖地マチュピチュへ

関連記事

  1. 新写真集「パタゴニア」発刊のお知らせ:6月の販売開始

    2019.05.14
  2. 2018年ブログ人気記事セレクト

    2018.12.29
  3. 写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品

    2018.02.26
  4. ギアナ高地の核心部:世界最大落差の滝・エンジェルフォール

    2018.08.25
  5. アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ

    2019.01.07
  6. 「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典

    2017.10.07
パタゴニア
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP