Loading

PHOTO-BLOG

八ヶ岳・編笠山から望む富士を撮影する


日本にも、抜群に景色の良い“山上のロッジ”や山小屋、そして展望地がたくさんある。

富士山の写真撮影に、ほどよく山歩きの要素も入れたい場合には、南八ヶ岳の編笠山はお勧めだ。

東京方面からのアクセスが良く、高速道路を降りて20分ほどの登山口・観音平は便利だ。

編笠山の山頂直下には、青年小屋がある。
小屋は編笠山と権現岳の鞍部にあるので展望は無いが、編笠山の山頂に近いので、日の出を迎えるには便利なのだ。

小屋から山頂までは、登り40分をみておきたい。
うまく山小屋を基点にすることで、カメラ機材の運搬の負担も多少は減るだろう。

山頂からは、富士山の北面を望める。
できれば山小屋で一泊して、日の出を山頂で迎えたいものだ。

刻々と変化する富士山の表情を撮影してから、ゆっくり下山する。
1泊2日で余裕のある山行となるだろう。




紅葉とフィッツロイを撮影する(パタゴニア)

アウトドア道具のリユース:マウンガ・御岳&吉祥寺

パタゴニア

関連記事

  1. 「ニセコ・ルール」を順守した、バックカントリー・ツアーを手配

    2015.01.11
  2. インバウンド・サービス「PIRIKA Japón」 始めます

    2017.08.25
  3. 黎明の富士山を大岳山から望む:東京・御岳

    2019.01.06
  4. 屋久島

    2013.05.26
  5. “お茶の水カヌー”レポート

    2012.04.02
  6. 奥多摩の山を歩く

    2012.12.17
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP