Loading

PHOTO-BLOG

ワイナピチュ峰からマチュピチュ遺跡の全貌を望む

1.jpg
2.jpg
マチュピチュの背後に聳えるワイナピチュ峰をよく見ると、断崖の上部は遺跡で覆われているのが分かる。
巨大な宗教施設であるマチュピチュにとって、ワイナピチュはご神体のような存在なのだろう。
ワイナピチュ峰は標高差約300mを登ることになる。直登なので見た目ほどには山頂まで時間はかからない。
上部は、インカ時代の古い階段で幅が狭いので十分な注意が必要だ。雨の日には特に足元の安定が悪くなるので、靴には気を使いたいところだ。
山頂からは、マチュピチュ遺跡の全体を俯瞰できる。下を見れば、ウルバンバ川が大きく屈曲している谷底も見える。
谷底からマチュピチュ遺跡へと続く斜面はジャングルに覆われているが、本来は谷底から一面が全て段々畑だ。マチュピチュの全容はいまだに分からない規模だが、少しづつ発掘されている様をワイナピチュ山頂から見れば、かつてのマチュピチュの姿をイメージすることができるかもしれない。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

マチュピチュ遺跡からインカ道を“太陽の門”へ歩く

サンクチュアリ・ロッジを基点にマチュピチュ遺跡を歩く

関連記事

  1. ペルー料理の原点:インカの聖なる料理「パチャマンカ」①

    2016.06.11
  2. ペルー旅行の魅力を解説①:“空中都市”マチュピチュ遺跡とインカトレイル

    2020.04.01
  3. ペルー・白亜の古都:アレキパの街角を歩く

    2017.05.08
  4. 6月24日は、「太陽の祭(インティライミ)」の日です。

    2013.03.05
  5. アンデスに生息する4種類のラクダ

    2013.02.24
  6. アンデスの山岳民族・ケチュア族の生活風景/ペルー撮影旅行

    2019.08.25
パタゴニア
2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP