Loading

PHOTO-BLOG

ワイナピチュ峰からマチュピチュ遺跡の全貌を望む

1.jpg
2.jpg
マチュピチュの背後に聳えるワイナピチュ峰をよく見ると、断崖の上部は遺跡で覆われているのが分かる。
巨大な宗教施設であるマチュピチュにとって、ワイナピチュはご神体のような存在なのだろう。
ワイナピチュ峰は標高差約300mを登ることになる。直登なので見た目ほどには山頂まで時間はかからない。
上部は、インカ時代の古い階段で幅が狭いので十分な注意が必要だ。雨の日には特に足元の安定が悪くなるので、靴には気を使いたいところだ。
山頂からは、マチュピチュ遺跡の全体を俯瞰できる。下を見れば、ウルバンバ川が大きく屈曲している谷底も見える。
谷底からマチュピチュ遺跡へと続く斜面はジャングルに覆われているが、本来は谷底から一面が全て段々畑だ。マチュピチュの全容はいまだに分からない規模だが、少しづつ発掘されている様をワイナピチュ山頂から見れば、かつてのマチュピチュの姿をイメージすることができるかもしれない。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

ペルー・インカの古都クスコを満喫する「5つのポイント」... マチュピチュ遺跡への基点:クスコ 標高3400mに位置する、インカ文明の古都クスコは、南米の中で最も魅力のある町の一つです。 丁度良い規模の町にぎっしりと魅力が詰まっているところが、他の中南米の“古都”とは一味違うところでしょう。 マチュピチュ遺跡への通過地点として、クスコを急ぎ足で通...
聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ... ウルバンバ谷は、その地形的な好条件により気候は割と温暖で、インカ帝国の時代にはクスコからの避寒地や穀倉地帯として栄えた。農業試験場跡のモライやマラス塩田など多くの遺跡が残り、インカ帝国にとって、ウルバンバ谷はインカ文明の核心部であった。そのことから、「聖なる谷」と呼ばれる。 谷を通り、マチ...
ペルー・インカトレイル・トレッキングとウルバンバ谷滞在 7日間... 2017年ゴールデンウイーク企画「インカの古道と信仰の山を歩く 7日間」 2017年ゴールデンウイーク企画「インカの古道と信仰の山を歩く 7日間 ~インカトレイル、マチュピチュ、 ワイナピチュ、レインボーマウンテン~」 観光だけでは物足りない、体験をもっと深くしたお方向けに企画したのが、...
マチュピチュの軽ハイキング・ルート:「太陽の門」... マチュピチュ遺跡で、ハイキングをするとしたら、誰でも歩けるコースがあります 1.5~2時間でショート・ハイキングできる「太陽の門」往復がお勧めです。 インカトレイルの終着点である「太陽の門」~マチュピチュ間は、インカ道でも最も精巧な箇所。 参道のような佇まいです。 目...
マチュピチュ遺跡とインカトレイルを堪能するペルー旅行『 7つのポイント』... 峻険な渓谷を見下ろす、天空の遺跡マチュピチュとは 峻険な岩山の尾根を覆うように建設されているマチュピチュ遺跡は、コンドルのように空から見なければ発見することができない、まさに“空中都市”です。 “空中都市”マチュピチュがハイラムビンガムに発見されたのは1911年でした。 その発端は、付...
マチュピチュ遺跡に残るインカの精緻な石組みと巨石... 石組みの精巧さの違いで、その建物の重要度が分かる。 神殿などでは、クスコと同じく、針一本をも通さないほどに見事に組み合わされている。 マチュピチュで、そういった宗教的な施設と見られる場所には、巨石がある。巨石を削ったり、あるいは巨石に一体化するかのように石組みを重ね、元々の地形を尊重して...

マチュピチュ遺跡からインカ道を“太陽の門”へ歩く

サンクチュアリ・ロッジを基点にマチュピチュ遺跡を歩く

パタゴニア

関連記事

  1. トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

    2017.04.13
  2. ブランカ山群・ワイラス回廊:カルワス村の市場

    2015.07.16
  3. 中南米グルメ・ブログ 「ラテンの台所」

    2015.11.17
  4. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
  5. ペルー・アンデスの核心部を歩く:ワイワッシュ山群トレッキング

    2019.04.15
  6. 聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ

    2015.07.30
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP