Loading

PHOTO-BLOG

マチュピチュ遺跡からインカ道を“太陽の門”へ歩く

1.jpg
2.jpg
マチュピチュ遺跡から東の峠に向けて、細い道が一本ゆるやかに伸びているのが見える。
この小さな峠にある遺跡が「太陽の門・インティプンク」だ。
そして、この細い道がインカ・トレイルの最後の区間となる、“インカ道”だ。
4日間のトレッキングで歩いてくると、マチュピチュ遺跡は最後まで姿を全く現さない。
息を切らして最後の峠を越えて「太陽の門」をくぐると、マチュピチュが初めて眼前に現れるのだ。
マチュピチュ遺跡からは、インカ道を逆走することになるのだが、片道1時間ほどで行ける。
「太陽の門」からマチュピチュを望めば、マチュピチュがいかに険しい地形に築かれているのかが、よく分かるだろう。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ... ウルバンバ谷は、その地形的な好条件により気候は割と温暖で、インカ帝国の時代にはクスコからの避寒地や穀倉地帯として栄えた。農業試験場跡のモライやマラス塩田など多くの遺跡が残り、インカ帝国にとって、ウルバンバ谷はインカ文明の核心部であった。そのことから、「聖なる谷」と呼ばれる。 谷を通り、マチ...
マチュピチュの軽ハイキング・ルート:「太陽の門」... マチュピチュ遺跡で、ハイキングをするとしたら、誰でも歩けるコースがあります 1.5~2時間でショート・ハイキングできる「太陽の門」往復がお勧めです。 インカトレイルの終着点である「太陽の門」~マチュピチュ間は、インカ道でも最も精巧な箇所。 参道のような佇まいです。 目...
マチュピチュ遺跡の展望ポイント:石切り場... 「失われた都市」マチュピチュ遺跡 「空中都市」とも呼ばれるマチュピチュ遺跡は、アンデス高原とアマゾンの中間に位置する。標高2400mの尾根に建設された遺跡は、山麓からは全く見えず、欧米の探検隊の侵入を阻んでいた。その隠された都市もかつては山麓から標高差約400mに渡り、高さ3mの段々畑が延々と...
マチュピチュ遺跡のシンボル:ワイナピチュ登頂ハイキング... マチュピチュの背後にそびえる“ワイナピチュ”峰。 山頂まで続くインカ時代の石組みを見ながら、階段状の急坂を登ります。 防塁のような石組みと段々畑を登るにつれて、マチュピチュが眼下に現れ、その周りをぐるりと囲むように流れるウルバンバ川の大屈曲部も望めます。 山そのものがご神体であった...
ペルー・マチュピチュ遺跡:朝日と夕日がもたらす神秘的な絶景... 太陽の斜光線に浮き立つ遺跡の神秘 ペルー・マチュピチュ遺跡が最も美しい時間は、朝日と夕日の斜光線に照らされる時間帯です。 暗い谷に浮かぶように陽光に照るマチュピチュ遺跡はとても神聖で、思わず息を潜めてしまうように、展望台にいる人々はどことなく静かに圧倒されるものです。 ワイナピチュ...
2015年のインカトレイル:入山許可証の販売開始が間近... マチュピチュへ、インカの古道を歩く 「インカトレイル」の入山許可証の確保は、年々厳しさを増しています。 世界中のトレッカーの注目を浴びていますが、入山制限の条件は同じなので、今では4ヶ月前には完売してしまうような状況です。 2015年のインカトレイル入山許可証は、一月中旬に開始する予定です...

聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ

ワイナピチュ峰からマチュピチュ遺跡の全貌を望む

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 【ペルーの祭】ワスカラン峰と山岳民族ケチュアの伝統舞踏

    2018.12.01
  2. インカ文明の聖なる3種の動物:“巨大な祭壇”ケンコー遺跡(ペルー)

    2018.04.12
  3. 山岳写真撮影ツアー: ペルー・ブランカ山群の4つの魅力

    2015.12.21
  4. 【ペルー】豪華小型客船で行く「アマゾン川クルーズ」

    2013.11.06
  5. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
  6. ペルー・インカ帝国の中枢:“聖なる泉”タンボマチャイ遺跡

    2018.04.08
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP