Loading

PHOTO-BLOG

マチュピチュの軽ハイキング・ルート:「太陽の門」

1.jpg


6.jpg
マチュピチュ遺跡で、ハイキングをするとしたら、誰でも歩けるコースがあります
1.5~2時間でショート・ハイキングできる「太陽の門」往復がお勧めです。
2.jpg
インカトレイルの終着点である「太陽の門」~マチュピチュ間は、インカ道でも最も精巧な箇所。
参道のような佇まいです。
3.jpg
目指すは、小さな峠にある。石畳のインカ道をゆっくりと登る。
4.jpg
「太陽の門」から振り返ると、マチュピチュが“天空の遺跡”と呼ばれる所以が分かります。遠望するからこそ分かる、マチュピチュの姿です。
徒歩4日間のインカトレイルの区間と終着点マチュピチュは、侵略者であるスペイン人に発見されることなく、約100年前までジャングルに埋もれていました。
エル・ドラド(黄金郷)を探し求めた幾多の探検隊の行方を阻んでいたのは、想像も絶する立地に建設されたからです。そして、秘密も守られた。
マチュピチュとは、一つの奇跡のような存在です。
5.jpg

関連ページ

ペルー・インカの古都クスコを満喫する「5つのポイント」... マチュピチュ遺跡への基点:クスコ 標高3400mに位置する、インカ文明の古都クスコは、南米の中で最も魅力のある町の一つです。 丁度良い規模の町にぎっしりと魅力が詰まっているところが、他の中南米の“古都”とは一味違うところでしょう。 マチュピチュ遺跡への通過地点として、クスコを急ぎ足で通...
マチュピチュ遺跡からインカ道を“太陽の門”へ歩く... マチュピチュ遺跡から東の峠に向けて、細い道が一本ゆるやかに伸びているのが見える。 この小さな峠にある遺跡が「太陽の門・インティプンク」だ。 そして、この細い道がインカ・トレイルの最後の区間となる、“インカ道”だ。 4日間のトレッキングで歩いてくると、マチュピチュ遺跡は最後まで姿を全く現...
マチュピチュ遺跡のシンボル:ワイナピチュ登頂ハイキング... マチュピチュの背後にそびえる“ワイナピチュ”峰。 山頂まで続くインカ時代の石組みを見ながら、階段状の急坂を登ります。 防塁のような石組みと段々畑を登るにつれて、マチュピチュが眼下に現れ、その周りをぐるりと囲むように流れるウルバンバ川の大屈曲部も望めます。 山そのものがご神体であった...
マチュピチュ遺跡へ歩く:インカトレイル・トレッキング... 世界的な人気を誇るトレッキング・ルート:インカトレイル インカ時代の古道を歩き、マチュピチュ遺跡へ3泊4日のテント泊トレッキングで目指す「インカトレイル・トレッキング」は世界的に人気のコースです。 欧米では、世界で最も歩きたいトレッキング・コースの一つとして必ず挙げられるほどに有名なルートで...
ペルー・インカトレイル:2018年のトレッキング入山許可証... ペルー・インカトレイル入山許可証2018:販売開始 マチュピチュ遺跡へ歩く3泊4日のテント泊トレッキング「インカトレイル」の入山許可証(2018年)が販売開始されました。 入山人数が1日200名に限定されているインカトレイルは、世界中のトレッカーの憧れのルートです。そのために販売開始されると...
インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは... インカの段々畑「アンデネス」とは アンデス山脈の遺跡の特長といえば、幾重にも連なる段々畑がすぐに思い出されるだろう。 この段々畑は、「アンデネス」と呼ばれる。 山の斜面を隅々まで使うかのように、インカ時代、そして前インカ時代の人々は、とてつもない執念でどこにでも畑を作ったのだ。 ...

インカの天然染料:ウチワサボテンの虫、コチニージャ

世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト

関連記事

  1. アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ」:リニューアル運行

    2017.05.11
  2. アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽

    2016.03.05
  3. インカトレイル・トレッキング②:ペルー・アンデスの古代遺跡を歩く

    2017.12.15
  4. 《モノクローム写真》アンデス先住民・ケチュア族の暮らし:ブランカ山群

    2017.04.24
  5. ペルー・ブランカ山群:ラフコルタ谷とワンツァンの大氷壁

    2016.06.26
  6. トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

    2017.04.13
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP