Loading

PHOTO-BLOG

マチュピチュの軽ハイキング・ルート:「太陽の門」

1.jpg


6.jpg
マチュピチュ遺跡で、ハイキングをするとしたら、誰でも歩けるコースがあります
1.5~2時間でショート・ハイキングできる「太陽の門」往復がお勧めです。
2.jpg
インカトレイルの終着点である「太陽の門」~マチュピチュ間は、インカ道でも最も精巧な箇所。
参道のような佇まいです。
3.jpg
目指すは、小さな峠にある。石畳のインカ道をゆっくりと登る。
4.jpg
「太陽の門」から振り返ると、マチュピチュが“天空の遺跡”と呼ばれる所以が分かります。遠望するからこそ分かる、マチュピチュの姿です。
徒歩4日間のインカトレイルの区間と終着点マチュピチュは、侵略者であるスペイン人に発見されることなく、約100年前までジャングルに埋もれていました。
エル・ドラド(黄金郷)を探し求めた幾多の探検隊の行方を阻んでいたのは、想像も絶する立地に建設されたからです。そして、秘密も守られた。
マチュピチュとは、一つの奇跡のような存在です。
5.jpg

関連ページ

アンデスの多彩な民族衣装:ペルー・ケチュア族とインカ文明... アンデス先住民のカラフルな民族衣装 アンデスの民族衣装はなぜ心を打つのだろうか。 ケーナやチャランゴのリズムとともに、街を往来するカラフルな民族衣装の人々は、アンデスの文化そのもので、魔力のような魅力を秘めています それはとても普遍的で、何度訪れても目を奪われてしまう インカの都...
ワイナピチュ峰からマチュピチュ遺跡の全貌を望む... マチュピチュの背後に聳えるワイナピチュ峰をよく見ると、断崖の上部は遺跡で覆われているのが分かる。 巨大な宗教施設であるマチュピチュにとって、ワイナピチュはご神体のような存在なのだろう。 ワイナピチュ峰は標高差約300mを登ることになる。直登なので見た目ほどには山頂まで時間はかからない。 ...
《ペルー》もう一つのインカトレイル:サルカンタイ・トレッキング... 大迫力の山岳展望:サルカンタイ・トレッキング ペルー・マチュピチュ遺跡へ歩くインカトレイルは有名ですが、他にもマチュピチュへ向かうルートはいくつかあります。 その一つとして近年とても欧米人に人気があるのが「サルカンタイ・トレイル」です。 このトレイルは、マチュピチュ周辺の険しい渓谷が連...
ペルー・マチュピチュ遺跡のモデルプラン:8~10日間... 南米で山歩きをするとなると構えてしまう方もいるでしょうが、体力や経験や日数に合わせて、ライトな日帰りハイキングから、ハードな縦走トレッキングまで、三者三様の旅を作ることができます。もちろん、遺跡内を中心に歩く観光もお勧めですが、ご希望があれば、マチュピチュを「歩く」プランも手配しています。 ...
マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ... 早朝、まだマチュピチュ村からシャトルバスが大量に来ない時間帯、マチュピチュ遺跡はとても静かだ。 マチュピチュ遺跡では、石切場が好きだ。 今では遺跡のいたる所がロープで区切られて立ち入り禁止になり、監視員が目を光らせている。だから、マチュピチュをじっくりと時間をかけて見れる場所は意外に少な...
インカの聖なる谷“ウルバンバ谷”の7つの魅力(ペルー旅行)... クスコとマチュピチュの中間地点:ウルバンバ谷 インカ文明の中心を担った“聖なる谷”として知られるウルバンバ谷は、クスコとマチュピチュの中継地点としての役割だけではなく、丸一日を費やしても時間が足りないほどの魅力があります。 インカ帝国の都クスコ(3400m)とマチュピチュ遺跡(2400m...

インカの天然染料:ウチワサボテンの虫、コチニージャ

世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 【ペルーの祭】ワスカラン峰と山岳民族ケチュアの伝統舞踏

    2018.12.01
  2. ペルー・インカトレイル:2018年のトレッキング入山許可証

    2017.10.17
  3. 南米随一の山岳展望を望む:ペルー・ブランカ山群トレッキング

    2018.05.28
  4. 【ペルー・アマゾン】「デルフィン号」ネイチャー・クルーズの魅力

    2017.06.03
  5. アンデス高原の民族衣装:インカ直系の子孫、ケチュア族とアイマラ族

    2018.05.08
  6. 【ペルー】マチュピチュを歩く!「インカ・トレイル」

    2012.11.02
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP